スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CR渡り鳥ユリコ

ユリコから、目が離せない日々が続いている。

今日の会見も、聞けば聞くほど何が言いたいのかよく分からない、でも妙に歯切れのいい、まるでダイゴってヤツのじいちゃんみたいな“言語明瞭、意味不明”コメント満載で、ワクワクしていた。多分届け出順で座ってたんだろうけど、センターの位置を太郎に奪われて「ちっ」と思ってたに違いない。とか色々想像(ていうか邪推)しながら見ると、さらに楽しかった(笑)。

この人は、昔はただの「日和見オバチャン」としか思ってなかったけど、防衛大臣の時の首切り人事と、それに関してちょっと前に「女子の本懐」っていうギャグなのか本気なのか分からない本を出したのを知ってから、これは目が離せない…と思ったのだった。

興味深いのは、もし万が一本当に総裁になっちゃったらどうするんだろうかってこと。今までの渡り鳥っぷりが、最終局面である(一番注目されて目立つ)総理大臣になっちゃったら…「燃え尽き症候群」みたいにならないか、今から心配しちゃうよ。大きなお世話だけど。やっぱこう、ギラギラした感じで損得勘定してるような姿を見ていたいのです(おい)。

まぁ、まさかと思うが総選挙で負けて洋平のように総裁だけど総理じゃない、みたいになることも考えられるけど…。でも、現時点ではパフォーマンスぶりは自民の方がはるかに上手なので、ねじれたままとは思いますが。

ところで思い出したんだけど、最近平日はほぼ毎日BSでやってるアジア諸国のニュース紹介番組を見てて、そこでは韓国、中国中央、上海、香港、ベトナム、タイ…といった順でその日のニュース番組の抜粋を流している。で、韓国のニュースを見てて驚くのは、政府とかの会見に集まってる記者が、誰一人としてペンでメモを執ってないこと。何をしているかといえば、ほぼ全員がノートパソコンを広げてブラインドタッチでせわしなく入力しているの(そーいうのが前提になっているのか、記者席は必ずテーブル付きになってるみたいだ)。

それを見るにつけ、さすがIT先進国と言われるだけあるなぁ…なんていつも感心している(もしかして、記者じゃないかもしれないけど…例えばただ発言を入力するだけの人とか…そんなことはないか?)。今日の日本の会見は誰もそんなことやってなかったし、アタシのいつも経験している会見とかも同じく…。日本は英語もほとんど話せない人ばっかだし、なんか、もっと実務的なところを伸ばして行かないとヤバいんじゃないか、なんてことを考えさせられる。

そんな方向性で、教育の改革も考えてくれる人が総理になればいいなー、とも思うんだけどね(と、無理矢理話をつなげて終了)。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。