スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカオ初上陸…1日目

0805161.jpg

とにかく、ずーーっと香港かマカオかニューヨークへ旅行に行きたくて。

しかし、仕事のタイミングなどでなかなかまとまった日程を組むことができず、今回やっと初めてマカオへ行くことができた。マカオを選んだのは、最近カジノホテルがバンバン建ってると聞いて実際に見たかったのと、ホテル代などが香港やNYに比べて安かったこと。色々調べて、5泊6日で8万8000円の格安ツアーを発見。まぁ燃油サーチャージで結局10万越えてるんだけど、それでも他に比べれば安い。

マカオへは成田から香港へ飛行機で行き、そこから高速フェリーで約1時間。事前情報によると全面積は品川区より小さいらしく、フト「5泊もするのは長いかしら…?」と心配になったものの、結局カジノ巡りや香港に行ったりしてたら全然足らなかった。

上の写真は、成田にあったエアバスA380(世界最大の旅客機。すんげー乗りたい!)の模型と、機内食(キノコハンバーグセット。珍しく美味しかった)。あと、モニターサービスで1980年代のPVが見られる特別バージョンの「BEST HIT USA」がやってたのでその画面(いちいち写真撮るな)。飛行時間の4時間はあっちゅう間だった。

0805162.jpg

香港に着いたら、ションワンから高速フェリーでマカオへ(※空港からも直接フェリーで行けるんだけど、今回ツアーだったから)。ちなみに香港もマカオも中国に返還されて特別行政区になってはいるものの、移動する際はいちいちイミグレーションが必要なのが面倒くさかった。入国カード書いたり、パスポート見せたり…。

しかし、フェリーに乗ってうとうとしていた中、いきなりぬぅーって感じで金ぴかホテル「サンズ」が見えて来た時には、ドッキーン! と、一気に目が覚めた。…おおーっ、これが本物か! なんちゅう下品さ! あぁ~とうとうマカオに来たんだなぁ!! と、ヘンな実感がこみ上げて来たりして(笑)。
0805163.jpg

今回泊まったのは、フェリー乗り場近くのゴールデンドラゴンというホテル。旧館と新館に分かれていて、宿泊するのは旧の方だった。これまで、カジノホテルはラスベガスにしか行ったことないんだけど、エレベーターはカジノも客室も一緒だし、ガードマンみたいな人もあんまりいないし、ちょっと女性客には怖いかも。部屋自体は(昼間はまずいないんだが)まぁまぁよかったけど。

おまけに「夜総会」っていうのかしら、キャバレーとかストリップ? なんかでも有名なホテルらしく、新館はソッチ方面でにぎわっているようだった。一応ポスターの写真を撮っておいたので、興味のある方はどうぞ(笑)。事前に調べたらら4つ星ホテルだったんだが…マカオではこういうノリが普通みたいだった(まぁ、ラスベガスも目立たないだけでコールガールとかけっこういるんだろうけどね)。

何やかやでホテルに着いたのは夕方6時近く。しかも、雨が降り始めて来て部屋で一段落してから外出しようとしたら、土砂降りになってやがった(泣)! 朝4時起きだったし疲れてるので、この日は結局ホテル内の日本料理屋で親子丼(写真左下)を食べてみたら…けっこう美味しかった。量がめちゃ多くて残したけど。

で、とりあえずホテル内のカジノを様子見するか…と行ってみたら、まず入り口で荷物を開けて検査&金属探知機を通らねばならないという、厳重体制。…これってつまり、危ない金属類を持って来る人がいるってことよね…(汗)? ヒヤヒヤしながらもクリアして入ってみると…ラスベガスのカジノを想像していたアタシは、そこで初めてとんでもない世界を目にしたのだった。

お客もディーラーも、ほとんどが大陸系の方々。それはまぁある意味当り前なんだけど、男の客はみんな汚いTシャツとか短パンあるいは怖い感じのスーツ、女性客の場合は「どこで売ってるの?」みたいなスパンコールとかの付いた派手な原色の服を着込んでタバコをすぱすぱ吸ってる、化粧の濃いオバチャンばっかり。で、狭い会場内にはバカラしかほとんどないし各テーブルで中国語の怒号がすごいの! 本当に、しばしボーゼンとしてしまった。こ、これがマカオのカジノなのか…!!

結局この日は精神的にも肉体的にも疲れがドドーーッと襲って来て、カジノもやらず10時くらいには部屋で寝る支度してた(早っ!)。TVを見ながらうとうとしていると、どこからか小さく太鼓のような音も聞こえて来た。TVを消して何だろうと思って耳を澄ませていると…

トン、トコトン、トントントン、トントントントントントントトトトトトトトトトトト、ハオッ、ハォーッ、オ、オ、オ、オ、オ、ハオ、ハオーーッ!!
(青文字は男の声、赤文字は女の声。すっげぇデカい声)

…シ~~ン…

これって、太鼓じゃない。

ていうかもう、まさにみんなやりたい放題の欲望の街。カンベンして下さい。さらに一気に脱力したアタシは、まどろみながら「もしかして、エラいところに来ちゃったか? どうしよう…」などと、初日にして不安いっぱいになってしまったのだった。(つづく)
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。