スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニャ〜ゴヤ&岐阜レトロ紀行(2日目)

1705101.jpg

 ひいい、ちょいと間が空いてしまったんだけど4月中旬に行って来た名古屋&岐阜話の続きです。

 2日目はいよいよ「岐阜レトロミュージアム」へ。名古屋からJRで岐阜へ行き、岐阜バスの「椎倉(しぐら)」という停留所で下りて少し歩くと到着。自然いっぱいな感じの中に、見るからにレトロな普請と花輪が見えて来ると、心拍数がやおらに急上昇。

 入り口で入場料500円を払い、追加で滞在時間分(1時間500円)を帰る際に清算するシステム。

1705102.jpg

 …と、まずはいきなりパチンココーナーに飛びつかずに、レトロ自販機コーナーにて腹ごしらえ(笑)。というのも、あまり稼動してない「うどん自販機」がこの日は動いているとのことで、ぜひ体験してみたかったのです。

1705103.jpg

 美味しい天ぷらうどんに舌鼓を打ちつつ、栄華さんの自撮りテクでバッチリ記念撮影。栄華さんは既に何度も来ている“通”なので、「うどんだけではお腹が減ってしまう」とパンまで買って来てくれた! さすが!

1705104.jpg

 自販機コーナー近くにある、駄菓子&レトロゲームコーナー。そしてその隣には…

1705105.jpg

 遂に、行きたくてたまらなかったレトロパチンココーナーが!! この書体やネオンの輝きが、昭和なノスタルジーを感じさせてくれるわ。

1705106.jpg

 …おおおお、これよこの雰囲気よ! 内装は閉店したホールのものをそっくり再現しているそうで、設置台は館長さんの所蔵している4000台ほどのレトロパチンコの中から、数ヶ月単位で羽根モノメインで入替えをしているとのこと。

 設置機種にも気を配っていて、あまりにマニアックなものばかりだとミュージアムの役割としては不十分なので、『ビッグシューター』クラスのメジャーな台は必ず出すようにしているのだとか。

1705107.jpg

 傍らには、こんな玉貸し機や計数器も稼働中。懐かし過ぎる…!

1705108.jpg

 台はどれも釘がガバ開きで思う存分楽しめるようになっているから、とりあえず片っ端から打ちまくってしまう。多分30年以上ぶりぐらいに打った(遊び方半分忘れてた)『サンタナ』とか、タワー止めやり放題の『ザ・トキオ』、そしてリメイク版が早々に姿を消してしまった『フルーツパンチ』などなど…。どれも実際に玉が出て来るのまで再現してあるし、写真や動画も自由に撮れるのが素晴らしい。

 この後、館長さんに色々とお話をお聞きしたところ様々なメディアに紹介されるようになってから、週末には300〜500人ぐらい来ることがあるそうで、とにかくパチンコの補給作業が大変らしい。本当は独立島ではなく天井から磨いた玉を落とす管などを作れば楽なんだけど、そうするとレトロな雰囲気の再現ができなくなってしまうので、その辺りが葛藤なのだそう。まさにこだわりぬいて作った施設ならではのエピソードで、大変興味深いお話が沢山聞けたのも嬉しかった。

 館長さんはわしと同世代ということもあり、「ルーキーズ」で連載していた記事なども今もスクラップにしてとっておいて下さっているというのも、大変感謝です。できれば…いや、また絶対遊びに行きたい(どこでもドアみたいのがあればな〜笑)!

 そんな、大感動の一日はあっという間に終了。いよいよ明日は最終日。レトロな旅は続く。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。