スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二インベーダー襲来?

1607222.jpg

 株をいじる人ならば、ここ10日間近くは関連ニュースや相場でもう嫌ってほど名前を刷り込まれたであろう「ポケモンGO」。ていうか、「他の銘柄の情報もっとやれよ!」と怒りを覚えるくらい、本当に株ニュースの中心はそればっかりだった。

 で、今日(昨日)日本でもDLが始まったというので午前11時くらいにGストアを覗いてみたら…その時の画面が上のやつなんだけど、開始1時間ほどで1000万ダウンロードの表示が…。私は結局DLしてないけど、確かに駅の周辺に警官が沢山いたり(多分歩き&自転車スマホなどを注意するため)、それらしきアクションをしている人もけっこう見かけたから、すごい勢いでみんながやっているのだろう。

 夕方とかの地上波ニュースももちろんこればっかりで、「歩きスマホはやめましょう」などと言いつつ画面を見ながら人ごみを堂々歩きスマホする迷惑キャスターに苦笑したり、「関連銘柄が上昇しました!」と、もうとっくに大相場は終わっている(と思われる)テンニンドーやマッコナルドの株価を紹介してるのに「ええ〜」って思ったり、プレーしなくても一日中何のかんので「ポケモンGO」デーって感じであった。

 だけど、これって流行れば流行るほどパチンコにとっては…ヤバいんじゃないだろうか? だって、屋内でこもって打つ遊びと、屋外で移動してハンティングするゲームってコンセプトが真逆だし、後者は普通に遊ぶだけなら課金も少ないらしいから、特に若い人がますますパチンコやらなくなっちゃうのでは…?

 ホールなんかがマッコみたく何かのスポットとしてタイアップするのも、若年層が来ちゃうから多分絶対無理だし(テンニンドー自体、ギャンブルはNGだと思う)、ハンティングに立ち寄ったとしても収益にはほぼ結びつかないだろうから、コバンザメ商法みたいのはできないと思うんだけど。もはや、70年代の「インベーダーゲーム」のようにパチンコの客がごっそり取られてしまうだけ、なんて恐れも充分あるんじゃないだろうか…?

 な〜んか、ゲームの勢いを見ているとそんなことばっかり考えてしまうのですが。杞憂ならいいんだけどね。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。