スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断の3文字

 いや〜、おとといの15日はSANKYOの『CRフィーバーマクロスフロンティア2』発表会に行って来たのですが…。何やら、今回はメディアの他に「ライター・ブロガー」枠っていうのを設けて、沢山の人に情報を共有・拡散してもらおう、みたいな方針にしたらしく、ナゼか私も「ブロガー」的な立場でご招待して頂いたという…(笑)。

 まぁ、必勝ガイドのブログの方で写真タップリの報告をしているので(多分もうアップされてるハズ)、時系列で行われた内容についてはそっちを見て頂くとして、ここでは今回私がビックリしたことなどを書いておきたいと思います。

 今年に入ってから、11月以降の規制のあおりで続々と駆け込み的に9割ぐらいMAXタイプばーっかりが発表されており、私も何度も「MAX地獄何とかしてくれー!」みたいなことを書いたりして来たのですが、もっと“激おこ”状態だったのが……SANKYOだったの!

1506171.jpg

 発表会冒頭、まるでサスペンス映画の盛り上がりに流れるような緊迫したBGMとともに、↑スクリーンにはこんな感じで次々とMAXタイプ偏重や設置過多が業界の危機を招く、みたいな文字が叩き付けるように映し出されて。

 楽しいハズの発表会のしょっぱなから、あまりにも鬼気迫ったすごい迫力なのにビビりつつ、もしかしたら、SANKYO社内では…

 「部長、MAXタイプなんですけど…」
 「…おい、お前今なんつった?」
 「…えっ? あ、いや、あの、MAXタイプ…」
 「馬鹿野郎!! MAXタイプなんか存在しねぇんだよ! パチンコって言ったらライトミドルだろ? あ?」
 「そ、そうでした、すみません!」

 みたいな感じで、「MAX」という3文字すら封印されているのでは…? などという妄想がついつい頭を駆け巡り、ニヤニヤしてしまった(嘘ですよ!)。

1506173.jpg

 もちろん、現状としてMAX市場といえばすでにルパンとかこれから牙狼とかものすごい強敵がいるし、子会社のJBなんかもMAXタイプ発売してるし、わざわざそこに割り込んでいくほど無謀な選択をしない、という意味ではすごく賢明だと思う。

 上の写真のように本当に今MAX(特に4円)って、ファンは討ち死にしに行くようなもんだから(苦笑)、大手がライトミドル出してくれて強力プロモーション仕掛けたりするのは大歓迎。そして…

1506172.jpg

 こんな“宣言”まで飛び出した!

 そういえば、某メーカーも以前「遊パチタイプしか作りません!」と宣言して、少ししたらMAX出してずっこけたことがあったような記憶があるけど、こういう方針、羽根モノとかライトタイプを含め忘れないでほしいですね(もちろん、企業だからギリギリ利益取る方に転換するのは仕方ないとしても…)。

1506175.jpg

 さて、前置きが異常に長くなったけど、メインはもちろんコレです(笑)。すでにあちこちに出てる通り、199分の1の一種二種混合タイプ。軽く試打した感じでは、玉の動きとかハルヒっぽいですかね〜。通常時2R出玉あり当りの時に発生する4回転の「Vチャレンジ」と、大当り中に最大出玉を目指す「フロンティアVコンボ」、そして連チャンモード中最後の「泣きの1回」っていうのが、各場面での見どころのようです。

1506176.jpg

 そういえばあと、SANKYOおなじみ? となりつつある親切設計もちゃんとあって、リーチが進んでいる間に「ここで何かあるかもよ!」っていうのを記したゲージが表示できるのもよかった。演出が異常に長い昨今、いつどこ見てりゃいいか分からないからね〜(本当は根本的に短くしてほしいんだけど…)。

 で、発表会は実はまだまだ続いて、何と約4時間半という長丁場だったのです。まだ全然書き足りないんで、後半戦? についてはまた次回。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。