「木田さん」のこと

1311041.jpg

 何やら、ゆうべは楽天が日本一になって大騒ぎだったようなんだけど。

 そういえば、野球つながりで最近読んで面白かった本。巨人とかにいた木田優夫さんの似顔絵&寸評などを集めた「木田優夫のプロ野球選手迷鑑」(新紀元社・税別1200円)という単行本で、さすが「木田画伯」とニックネームを持つ似顔絵だけじゃなく、かなりの主観で書かれた「解説」がめちゃ面白かった。

 まず、分類自体が「イケメン」とか「三枚目」みたいなのの他「怪獣」とか「それ、人間じゃないでしょ?」みたいな方々がいらしたり、勝手に星でつけてる「評価」もバラバラ。あと、プロ野球迷鑑というタイトルなのに、さんまや八木亜希子もいたりする、適当な感じもいい。まぁ、まじめくさった解説なら雑誌とかでいくらでも読めるからね、この人ならではの体験や交流に基づいた毒舌(とは思ってないようですが)みたいのも、独特で笑えます。

 アタシは最近はあんまり野球見ないから若い選手は詳しくないんだけど、載ってる連中では80〜90年代メインで活躍した元選手も多いので、情景や格好が浮かぶというのも楽しめるポイントかも。

 画伯は今「石川ミリオンスターズ」という独立リーグのチームで活動しているとのこと。それで思い出したんだけど、「木田姓」&「独立リーグ」つながりで、数年前まで長野の球団で監督をやっていた、元日ハム他の木田勇さんは、どうしておられるのだろうか?

1311042.jpg

 …ギャーッ、これはアタシが高校2年ぐらいの時に、多摩川で木田さんと一緒に撮ってもらった写真なんだけど(当時はソフトボールやってたんで、かなり色黒…汗)、この頃は野球少女でしょっ中プロ野球の試合や練習を見に行っていた。木田さんはこの年のリーグ戦で22勝挙げて新人王とか総なめにしてたにもかかわらず、サイン会とかで気さくに話をしてくれた面白いお兄さんという感じだった。

 日ハムが優勝したといっても、当時は「人気のセ、実力のパ」なんて言われてたとおり、練習場にも全然人がいなかったから、友達とよく行って勝手に話を聞いて学校新聞に記事を書いたりしてたなぁ。アタシは大学ぐらいまでは、本当に野球キチガイだったからね…。

 そうそう、大学時代夏休みに高校野球神奈川県予選のスコア付けのバイトをしてた時、帰りに関内駅で木田勇さんに偶然お会いしたことがあった。当時は横浜ベイスターズに在籍してて、声をかけるとすぐ思い出してくれただけでなく、一緒にいた遠藤&欠端投手に紹介してくれた(笑)。今考えると、意味不明かつすごいレベルの紹介だったけど、直接お会いしたのは多分それが最後だったな…。

 まぁでもきっと、どこかでまた野球関係で活動されているのでしょう。画伯も勇さんも、さらなるご活躍をお祈りします。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク