スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖いよね

 ここ一ヶ月ぐらいでバタバタとオウム逃走犯が逮捕されて、メディアもあちこちでエラい騒ぎだったんだけど。

 とにかく、これで全員が捕まったということで「今後死刑囚の執行はどうなるか」とか「オウムとその事件に関する総括」みたいなことも色々と議論されている中、アタシが気になったのはTVがどう報道するかというところ。

 特にTBSがどういうスタンスで報じるかと思って、何本か報道関連番組を録画しておいて少しずつ見てみたところ…。見た限り見事に「坂本弁護士一家殺人事件」をスルーしていたので、改めて驚いた。正確に言えば、朝の番組でもんたが「私たちも、色々と…反省しなくちゃいけないよね…」と、すんごく歯切れ悪くボソッと言ってたり(ズバッと言ってよ!)、ニュースのコメントをしていた江川紹子さんや紀藤弁護士が「坂本弁護士一家殺害事件が…」という言葉を発していたのは聞いたけど、一連の流れを紹介したりするコーナーで取り上げられてはいなかった。あの事件はオウムが暴走して行ったきっかけだし、マスコミの大きな責任(あと、松本サリン事件で河野さんを犯人扱いして追いつめたりとか)が最も問われた事件だったじゃない?

 たまたま昨年末から捕まった3人が、坂本弁護士事件に直接関わってなかったからそれでも格好がついてるけど、もし関わっていたらどうやって報じたんだろう? あるいは筑紫哲也が生きていたら、どうコメントしただろう。などと、余計なことまで考えてしまう。

 もし今当時と同じようなことが起こったら、コンプライアンスとかうるさいからスポンサーが一斉に撤退して、停波する可能性もあるかもしれないが、当時TVは巨大メディアで力も大きかったから免れられたんだろう。今も、TVはそれなりに影響力はあるのかもしれないが、それゆえに重要であるにもかかわらず都合の悪いことは報じない…というのはどうなのだろうか。

 例えば大手芸能事務所の都合の悪い事件を報じないとか、そういうレベルじゃないよね、オウムの場合は。なんか、まぁTBSだけじゃないけどどうも一連の事件に関しては「全てオウムが悪いんです!」ということに強引に(いや、もちろん事件起したのが悪いんだけど)帰結させて、あとは知らんふりっていう、マスコミの一番怖いところが如実に出てるような気がする。

 そして、さっき書いたような今後がどうだとか「高学歴に若者がなぜ入信するか」みたいな問題が、さも唯一重要であるかのようにすり替えられて行くのも、ものすごく気持ち悪い。なんか、こう最近の一連の報道には、もやもやが隠しきれないんだよね。

 多分同じようなことを考えている人って多いと思うけど、まぁやっぱ、結論としてはTVなんか見てもしょうがない、ってことなんでしょうかね(笑)。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。