スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待ってよTOEIC

120129.jpg

 少し前に書いた通り、ヒソカにマイペースで英語の勉強を続けているアタシ。全然「ヒソカ」じゃないけど。

 のんびりお金をかけずに…っていうのが幸いしてか、かなり長続きしているのはいいんだけど、一体今の英語力(笑)ってのはどれぐらいよ?

 てことで、英検とか受けてみようかな~…などとうっすら思っていたところ、ちょうどTOEICというのがあるみたいなのを知って、今日受けて来ました…! なんかやっぱ、こういうのがないと漠然とし過ぎちゃうから、たまに受けてみようかな、ぐらいな感じで。

 もちろん、対策勉強など一切なし。でも一応WEBサイトでどんなことをやるのかぐらいはチェキしてみたところ、Q&Aでこんなやり取りを発見。

 Q「ヒアリングの英語は早過ぎると思いますが」
 A「速いスピードで聞けるかどうかも能力判定の参考になるので、これでいいのです」(※要旨です)


 って、そんなに早いのかしら…(汗)? とりあえずCNNを英語で毎日見るようにしてはいるけど、多分ちゃんと理解しないとダメってことよね…。

 などと、ややビビりながら、とにかく会場へ。けっこう、若い人から同じぐらいのオバ&オジまで沢山いて、机に座って筆記用具とか用意してたらなんか、こういうのって数十年ぶりぐらいだからワクワクしちゃった(笑)。TOEICの結果で昇進とかかかってる人なんかもいるだろうに、多分、会場で一番浮かれたヤツだっただろう(スミマセン)。

 で、始まる前にマークシートに名前とか書いたり塗りつぶしたりするんだけど、ああ…浮かれたバチが当ったのか、大失敗しちゃったよ…(泣)。パッと見、マークシートの真ん中辺りが空いているのでそこが回答欄だとばっかり思ってたの。

 で、いざ始まってよーく見たらその部分が変。回答番号も書いてないし。うわっ、どうなってるの!?

 で、まさか…? と慌てて裏返したら、そっちが回答欄だった(大汗)! ひーっ、もうどんどん英語の問題が読み上げられてるよーーっ! しかも、そっちにも名前と受験番号を書かないといけないのに、次から次へと問題が読まれてそんな余裕は一切なし。待って、待ってよぉーーーっっ!

 そんな大ボケのせいにしてはいけないけど…はぁ~っ、焦ってちゃんと聞き取れないところが多かった…。やっぱり英語が早くてついていけないところが何カ所もあったし。

 テストは、ヒアリングが45分でリーディングが75分、ぶっ通しで2時間かかるんだけど、リーディングも75分で100問解かないといけないから目まぐるしい。アタシは長文とかも一通り読んでから回答してたら、気づくと残り5分でまだ20問以上残ってる!

 と同時に、その辺で周りから「コリコリコリコリ…」って感じでマークシートを埋めまくる音がし始めて。そうか、とりあえず埋めておけば当るかもしれないしね。でも、なんかそれって自分の能力がちゃんと分からないのでは…と思い、埋め作戦はやらずにいた。

 あ~、最初は「半分くらい(450~500点)くらい取れれば御の字か」なんて思ってたけど、甘い! 多分良くて300~400点ってところかな~。得点が分かるのは1ヶ月くらい先なので、怖い…。なんか、気楽に受けた割にボケかましたり内容がダメダメで悔しい。くっそー、また絶対受けてやる!

 ちなみに、今日もメチャ寒くてマスクしてたりする人もチラホラいたんだけど、最初に試験官から「咳や鼻水が出る人いますか?」という問いかけがあって、何人かが手を挙げたら。「そういう方が集まって試験を受けられる部屋がありますので、よかったらそちらに案内します」って。

 なんか、その部屋ってゴホゴホ、ズルズルうるさい&ウィルスとかがうようよ飛び交ってそうで…すっごくカオスなイメージ。てか、そっちに行かないように絶対咳とかしないようにしなくちゃ、とか思ったり。まぁ、結果的にそんなこと考える間もなかったんだけど。最初に手を挙げた人たちも、誰も行かなかったしね。

 などと、どうしてもクダラないことばっかり考えてしまうアタシなんだけど(ドンマイです)、もうちょっとちゃんと勉強らしいことをした方がいいわね…と、思い直した今日でした。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。