スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田健三先生一周忌

110709.jpg

 ちょうど1年前の今日、午前9時45分頃だったらしい。

 大学時代の恩師である内田健三先生が亡くなって、もう一周忌とは…本当に信じられない。写真は2004年7月のものなので、大体7年前だが…アタシを含め教え子達を前に矍鑠(かくしゃく)としていて、まさか数年後に亡くなってしまうとは思いもしなかった。

 この1年で、日本は経済破綻や天災、政治不信(自民政権時代に輪をかけてひどい)などでさらにガタガタになってしまっていると思うんだけど、もし先生が生きていたらどう評論するだろうか? と、よく考える。

 先生が提唱していた政権交代(というか、競争原理の働く二大政党制が理想という感じだったが)が何とか実現したものの、この1年で本当にひどいことになってしまっている。目をかけていた直人や五月があのザマでは…怒り千万ではないだろうか、と勝手に推測してしまう。

 先生の死後、昔自分が撮ったゼミ会での先生の挨拶ビデオなどを見返していたんだけど、毎回必ずと言っていい程「私はもう年寄りだが、若い諸君が次の世代を引っ張って行ってほしい」と、アタシたちを激励してくれていた。政治も確かに、若い世代がどんどん中枢に来てはいるのに…さぞ、歯がゆい思いをされていることだろう。

 しかし、かくいうアタシ自身も、先生に激励されたようなことが何一つできていないのが…恥ずかしい限りなのだ…。時々「これでいいのか?」と自問自答することがあっても、いたずらに時間を浪費してしまう。アタシにできること、しなければならないことは何だろうか? いい年になっても、問答は続いている。

 これからも先生やその言葉を思い出しながら、苦しみながら、そして恥じながら、自分の役割を果たして行けたら…。一周忌を迎え、改めて心に誓ってみた。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。