スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはいいことあるものね

1106221.jpg

 もう、前の日記から何回も何回も書いている通り、昔(中三くらいかな)ゴダイゴのファンクラブに入ってたことがあって。

 ファンクラブからは毎月会報が届くんだけど、ある時メンバーが直筆メッセージを載せているというので早速見てみたら…。

 みんな「新曲よろしく!」とか「応援有り難う」みたいなことを書いている中、タケ(タケカワさんのニックネーム)だけいきなり

 自宅には来ないで下さい!

 って殴り書きしてあって、「何だこれ?」と笑ってしまったことがあった。

 まぁつまり、当時は女の子たちが家に押しかけるくらい人気があったってことなんだけど、アタシも「西遊記(マチャアキのやつよ)」以来だいぶ熱を上げていて、ゴダイゴ関連のTV&ラジオ番組チェックや雑誌購入はもちろん、イベントやコンサートに行ったりしていた。

 その後、洋楽に傾倒したり野球にも夢中になってたりしてファンクラブから抜け、ゴダイゴ自体もいつの間にかスティーヴの交代そして活動休止、ミッキーの逮捕など存在感も薄れて行ってしまったものの、タケはソロでずーっとアルバム出したり活動を続けていて、TVやイベントなどで見ることもしばしばあった。

 で、アタシがこの業界に入った90年代はじめ、何とダイコク電機の社歌をタケが作曲したというニュースを知って、ビックリ! その頃はそういう取材に行くのは業界誌しかいなかったんだけど、ちょう~ど業界誌をやめた直後くらいで、取材に行けなかったのをひどく悔しがった記憶がある。

 それからまた少しして、平和の『CRドラゴンモンキー』という機種のテーマソングをタケ(と娘さんだったかな)が担当したことがあった。けど、その時もまだプレスリリースとか発表会とかあまりない時代で、台から流れる曲を一生懸命聴いていたっけ。あと、記憶の新しいところでは豊丸版999の発表会にも…(以下略)。

 などと、いわゆる「ニアミス(笑)」が続いて来た約20年間を経て…やっと今日『びっくりぱちんこ銀河鉄道999』発表会で、タケご本人を取材で拝見することが叶ったのです! いやー、本当、たまにはいいことあるもんだなぁーと思ったよ(前置きが長いわね・笑)。

 今日は人が多くてちゃんと聴けなかったんだけど、どうやら新しく録ったバージョンの「銀河鉄道999」も実機で使われてるそうなので、そっちもチェキしてみて下さい。

1106222.jpg

 ゴダイゴは、もちろん「ガンダーラ」「モンキーマジック」「銀河鉄道999」などヒットを飛ばした曲もいいんだけど、ファンになってから聴き出した「DEAD END」「新創世記」といったプログレっぽい匂いがムンムンする初期アルバムも、本当に素晴らしくて。あと、逆に後期の「MOR」とかも、好き放題やってる感じでけっこう良かったかな。

 当時も言われていた通り、メンバーそれぞれが本当にキャリアもあるエキスパートだから、一つ一つの楽器の音が安心して聴けるというか。そこにタケの作曲とミッキーの恐ろしいまでの編曲が混ざり合い…今考えると、唯一無二的な、奇跡のバンドだったのかも…なんて。

 アタシが個人的に大事にしてるのは、写真のタケのソロデビューアルバム「走り去るロマン(PASSING PICTURES)」。懐かしい半透明の中袋から、ちょっと出してみました(もちろん、ちゃんと今も聴けるよ)。これを手に入れた時には既にオリジナルは廃盤で、ゴダイゴ人気で再プレスされた第二弾ジャケットなんだけどね(その後、ハピネスを入れ替えたバージョンも出てる)。

 これに関連して、ちょっと欲しいなーと思っているのが、タケがデビューする前に作っていたデモテープとかの音源を集めたマニアックなCD。確か2年くらい前に発売されて、まだあるかしら…と、さっきHMVのサイトをチェキしてみたら…なな何と、第7弾まで出ていた!! ひぇーっ、どんだけ埋蔵曲があるのっ? いや、やっぱりこういう人は元々才能があったんだろうけど、そういう積み重ねでヒット曲を何曲も生み出してるんだなぁ~、と、改めて敬服しました。

 って、なんだかダラダラと書いてしまってるけど…本当に、ゴダイゴはすごいわ!
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。