スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分はスリーマイル

 大震災から、ちょうど一週間。どうやら、連休が始まる明日は無計画停電がないらしい。よかった。

 が、こうして我々が節電に協力している中、残念なウワサ話を耳に挟んだ。前回、都内でホール組合が午後6時までの営業などに決めている…と書いたんだけど、既に取り決めを無視しているところがあるとか。

 罰則とかないから、いくら組合が注意してもダメ…らしい。で、一部がそうやってると、ちゃんと守ってる店が不公平だしバカバカしくなって来るもので、結局もう取り決めは無きに等しいようなものになりつつあるそうな…。

 あ~あ、結局、この業界ってそうなんだよね。一国一城、それもお金にすごく左右される主たちの集まりだから、足並みが揃うワケでもなくやったもん勝ちっていうか。全部本当なら、情けなさ過ぎるね。自分で確認したら、その店はもう絶対行きたくない。

 それで思い出したのが、業界誌記者の頃(20年くらい前)地方のホールで取材をしてた時のこと。

 そこはけっこう大きなホールだったんだけど、ナゼか店内に壁があって通り抜けが出来なくて、実質2つの店舗になっていた。不思議だったので理由を尋ねると、そのエリアでは組合が「1店舗の設置は300台まで」みたいな感じで自主規制を設けているそうで、それに合わせて600台を2店舗に分けているという。

 そういうカラクリを聞いて感心していたのもつかの間、エリアの中で新たに営業を始めたチェーン店が、取り決めを全く無視した大型店をどんどん建てて問題になっている…みたいな話も聞いた。

 件のチェーンは、他のエリアでも全く取り決めを守らないことで有名らしく、でも資本主義だし「商売は自由だから」みたいな言い分で、もちろん罰則もないから責められもせず、結局取り決めの方があやふやになっていく…という流れになってしまうことが多かったらしい。

 他にも、デジパチ初期にギャンブル性が問題になった時、ホール組合が「デジパチの設置は全台数の30%まで」っていう自主規制を設けたことがあったんだけど、結局CRが出る少し前くらいから無視するホールが出て来て、なし崩しで消えてしまったしね。

 自分が見聞きしただけでも「みんなで足並みを揃えて、イメージアップや業界の存続に尽力しよう」という流れがある一方、必ず「商売は自由だから揃える必要はない」という考えもあって、まぁつまりは拝金主義でまとまりが全くない業界ってことなんだけど(苦笑)、今回の節電の場合、ちょっと違うじゃない?

 組合の中でゴタゴタやっているのはともかく、国中が危機的な状況の中で一部が暴走してたら「パチンコ屋は節電してない」って、絶対全てが悪く思われてしまう恐れがある。地震の前から、もうずーっとホールは業績が全体的に落ち込んでるのは分かるけど、他の業種だってみんな苦しい中営業短縮とかやってるのだし、目先の利益にこだわってる場合じゃないって、気づいてほしいと思う。…無理かなぁ(苦笑)。

 パチンコの歴史を色々調べたりしてると、本当に今業界があるのは「取り決めを守って存続を優先させた」先人たちがいたからなのは、間違いなんだけどねぇ…。

 ちなみにアタシは、もうずーーーっっとこういうことをあちこちで書いています(苦笑)。懲りない業界ですね。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。