FEVER・パックマン・FEVER!

10100216.jpg

 で、「PAC-MAN展」の続きなんだけど、同じく今年30年を迎えたSANKYOの『フィーバー』シリーズでも、2001年にタイアップ機種『CRフィーバーパックワールド』が登場しています。

 ていうか、実は密かに「PAC-MAN展」でもこの機種の関連事項が展示されてるかと(実機とかあったら卒倒ものだし・笑)期待してたんだが…全くなかったわ。残念。

10100217.jpg

 もちろんパンフとか持ってるけど、すぐ見つからなかったのでとりあえず2001年当時の展示会写真をいくつか。

 この枠(竜巻枠だっけ?)、懐かしいわね~! 初代『しむけん』も、この枠で死ぬ程打った記憶が…。ゲーム性としては、割と普通というかそんなに変わってなかったような気がする。

 大当り中は外国でヒットした「パックマン・FEVER」が流れる…といった、気の利いた演出も一切なかったと思う。

10100218.jpg

 ところで、この機種名を聞いた時に、誰もが「なんで、フィーバーパックマンじゃないの?」と思うことでしょう。

 アタシももちろん気になってて、当時色々と聞いた話では…「当然『フィーバーパックマン』にする予定だったが、商標はナムコと違う会社が持っている為、できなかった」らしい。

 そういえば、SANKYO関係ではダイドーの『メイクエ』という機種名にも「本当は『迷宮』にする予定だったが、他が先に登録していた為、急遽メイクエに変更した」というエピソードを聞いたことがあって、そういうハプニングってあるんだな~と、驚いたのを思い出した。

 てな感じの、いわゆる“スレスレ話”に関してだけど、最後にやはりもう一つ紹介しておきたいのは、正式じゃない系「パックマンものパチンコ」ですね(笑)。

10100219.jpg

 えっと、こういう機種を作らせたら当時右に出るものがいなかった西陣から、89年頃に発売された『パッキークラブ』です。

 一見「あらっ、可愛いっ!」などと思いがちですが、この機種は「一発台」なのでギャンブル性はめちゃ高く、何度も痛い目にあったことがあって…。

 しかし、改めて見るとまさに「クリソツ」。アブナいけど、いい時代に生まれた機種でした。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク