日本の夏、アナーキーの夏

 予想外に色々やることがあったりするので、少しだけ。

 もう、日本の政局に怒ったりするのもバカバカしいほどのここ数日の展開なんだけど、今日は読売WEBトップの方にずーーーっと鳩兄のコメント「私なんだったんでしょう」の記事がさらされてて笑った。こないだ、10時間ぐらいアヤパン退社の記事があがってたのを見た時以来の可笑しさだった。

 きっと、ニュースペーパーとかいうお笑いが「美味しいなぁ」とばかり、嬉々としてネタにしそうな予感がする。たけしあたりには、こんなコントをやってほしい。

 一郎とおぼしき人物が、総理に立候補するにあたって記者の前で政策を語っている。

「え~、まずは日米同盟を強化し…」

 …ズルーーッッ! ボキッ!(立っている人がズッコケ、メモをとっている人の芯が折れる)

「金権政治を打破して参ります!」

  …ガッシャーーン! ドターーン!(ノートパソコンなどが落下し、座っている人がずり落ちる)

 ♪チャチャチャ、チャッチャカチャッチャ、チャチャチャチャチャチャチャー♪(舞台が回って、秀樹の歌が始まる←それはドリフだろ?)

 いや、最後は違うけど、これぐらいのブラックユーモアを効かせてくれないと。

 あと、一郎の会見とか見ると、やたらに美絵子とヤワラが映り込んでるのも気になった。多分、見栄えがいいのと知名度が高いところが映るよう、場所取りの指示があったんだろうね。自民党だったら進次郎&じゅん子ってところだろうか。

 小沢教団のレディース部隊だけあって、目を輝かせながら「小沢先生を支持します!」とか言ってたけど、どうせなら美絵子とヤワラには

「民意? アハハハ! よく分かんないです! お金と票をいっぱいくれるから、小沢先生最高です!」ぐらいの本音を満面の笑みで語ってほしい(笑)。

 しかし、1年前に「民意」で政権を取ったはずの集団が、それを丸無視の行動を推し進めるとは…もしかして、民主党って民主主義を指す意味ではなく「民(を籠絡してそいつらの)主(になる)党」だったのではないだろうか。

 もう本当、笑っちゃいますよね。円高株安もグングン進んでるし、政権公約とやらはそっちのけ。政府は選挙でそんなこと頭にないのだろうから、日本はいわゆる「無政府状態」と言ってもいいんじゃないだろうか。

 直人には、負け戦が決まったら最後の宝刀「解散総選挙」をかましてほしい。今の閣僚はほとんど冷や飯確定だし、選挙やれば多分どこも過半数取れないだろうからいくつかくっついた連立内閣で、底辺からやり直すしかない。どうせゴタゴタで党が分裂するなら、そっちの方が遥かにいいと思うんだけどねぇ。いや、どうなるか分からないけどさ。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク