パチンコパビリオンの夢

 …うぬぬぬーーーっ! うぉぉーーーっ! やめてやめて、うわぁぁぁーー!

 と、昨日からの株式相場を見てて悶絶したのは、アタシだけではないハズ。

 恐るべき垂直フォーリング。これって、底あるのかな…なんか、スペインとかもヤバそうだし。ピッグス様、もう勘弁して。って、超借金国の人間が言ってみる(ドクロ)。

 ところで、最近上海万博がプチブームのアタシ。昨日も編集女子とご飯を食べながらパビリオンの話とかしてたんだけど、2005年の愛知万博でパチンコパビリオンがあったということを知らなかったようなので、もしかしてもう抹殺された歴史なのかしら? と思い、例によって当時の写真をゴソゴソ探してみたので少しだけ。

1005071.jpg

 愛知万博のパチンコパビリオンは「P-FOREST」と名付けられ、期間限定(6月23日~7月10日)で公開されていた。

 中に入ると、まず正村ゲージあたりからパチンコの歴史をたどるコーナーがあり、「玉」にこだわった遊びが体験できるコーナーやら、写真のような特製の変わり種パチンコ(フィットネスパチンコ、骨伝導パチンコなど)体験、リサイクルなどエコ活動紹介コーナーなどなど、けっこう盛りだくさん。

1005072.jpg

 これは出展されてた中のほんの一部ですが、左が高尾が作った万博バージョン(画面では、アニメが流れているだけ。もちろん展示のみ)、左がエレックが展示したリサイクル部品の紹介台(シンデレラボーイが使われてた)。

 確か、万博会場の手すりとか椅子とかは、全部パチンコの廃棄台をリサイクルして作ってあったはず。

1005073.jpg

 一番大きなゾーンには、大木を模した実機体験コーナーがあり、10社前後の台が打てたと思う。ていうか、ホールに設置されてる台なのに、子供も打っていいのかしら…と思った記憶があるンだけど(ドンマイ)。

1005074.jpg

 アタシが一番楽しみ&良かったのは、廃棄台の部品で作った楽器を使ったコンサート。笛、太鼓、マラカスみたいなのなど、全部盤面や風車などの部品で作ってあるの。

 見た目はちょっとアレなんだけど、プロのミュージシャンが演奏していることもあって、ちゃんとした演奏になってるんだよね。驚いたし、本当に行ってよかったな~と思った。

 あと、担当の方がすごく親切で熱心に説明して下さったし、特製ピンバッジももらえて大喜びだったのも、嬉しい思い出。このブログサービスを使う前、本館では当時のことをタップリ書いたので、覚えている方もいるかも、ですが。

 パチンコ関係って、どうしても悪いことばっか大きく報道されたりするけど、こういう文化的な出来事も色々あるんでね、また紹介して行きます。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク