スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチの国からこんにちは!

0907141.jpg

 コ~ニャニャチワー、コ~ニャニャチワー! パチ~のぉ~国っからぁ~~っ!

 …あ、いや、失礼しました。13日はサミーの『CR昭和伝説 三波春夫』プレス発表会へ。三波春夫の曲を最初に聴いたのって、やっぱり70年の万博の時だったかな…。もちろん、「チャンチキおけさ」あたりは耳にしていたことはあっただろうけど、インパクトがあって覚えてるのは「世界の国からこんにちは」だね。小学生の頃は大ブームだったし。

 それから、大学の頃観た植木等の「日本一のホラ吹き男」で、冒頭等が「ハァァァ~~~、あの日ローマでぇぇーながめぇぇ~た、月がぁぁ~~」てな調子で「東京五輪音頭」を歌いながら出てくる場面が超気に入ってしまい、三波春夫のレコードを買おうか真剣に考えたこともあったっけ…。あの曲って、リズムがちょっと変わっててクセになっちゃう感じなんだよね(笑)。

 そして今も、毎年夏になると近所の盆踊り大会では必ずこの人の音頭が色々かかってて、ドップリ昭和なアタシにとっては、非常に身近な歌手そしてコンセプトの台というワケです。

0907142.jpg

 発表会には、今回サミーがタイアップした三波クリエイツの社長さんも出席されていて、三波春夫のお嬢さんということもあってか、人物や楽曲の紹介が非常に丁寧で大変興味深かった。

 特に印象に残ったのは、超有名なフレーズ「お客様は神様です」についての話で、三波春夫が自分の歌を神前に捧げるように、つまり聴いてくれるお客様を本当に大切な神様と思って考えた素晴らしい言葉なのに、最近はクレーマーみたいな人々が「客様は神様なんだから、どうにかしろ!」といった使い方をして、それがまかり通っているのが大変悲しい、とのこと。

 まぁ、常識で考えたら客側が「お客様は神様」なんてしゃあしゃあと言えるはずもないのだから、クレーマー連中が特別におかしいんだと思うけど、本来の意味や三波春夫の信条を大切に守っていきたい、という気持ちがすごく伝わって来るお話だった。

 この日は残念ながら実機の動いてるところは観られなかったんだけど、カタログには気になる昭和クイズとか面白そうな演出が沢山あるみたいなので、チェキしておきたいところです。

 あ、あと今日(14日)から8月4日まで「レコチョク うた」か「テイチクモバイル」で、三波春夫の歌5曲が無料ダウンロードできるそうなので、ぜひ。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。