スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下野(げや)の意味

0907126.jpg

 いや~、都議選も結果が出ていろんな言い訳だの動きだのが噴出して、引き続き面白いことに変わりはないんだけど、それに関してずーっと書こうと思って忘れてたことがあった。

 なんか最近、色々なブログとかネットを見てると「下野(げや)」のことを「野党になること」っていう意味で使ってる人がものすごく多くて、ビックリし通しで。確かに「野党」の「野」と同じ文字だから間違えやすいと思うけど、下野は「議員をやめて民間人になること」なんで、「自民は下野せよ」とかマジメに使ってるのを読むと、妙に気持ちが悪い。

 少し前、東が「自民党の総裁候補にしてくれ」と言って騒ぎになった時、誰だったか国会議員に「出直したまえ」みたいなことを言われて、お返しに「先生こそ、下野されたらどうですか」という感じで言い返していたことがあったじゃないですか。

 あれは「議員をおやめになったらどうですか」という、本来の意味で使っているので、東は好きじゃないけど「さすがに、知事だな」と思ったのを覚えてる。

 アタシがこの言葉を初めて知ったのは、確か高校生の頃日本史の教科書の現代史のところで「下野(議員をやめること)した」と、書いてあったのを読んだ時だったと思うけど、それ以来「野党になる」っていう意味で使ってるメディアは見たことがなかっただけに、この急激な大多数の間違えっぷりに、本当に驚くばかり。

 多分、だれか影響力のある人が間違えて、それが広まってるんだろうね。今は情報の伝達が早いから、広まるのも急激なのかもしれない。

 しかし、似た言葉なんかはけっこう時間が経つにつれて変わって行くことも多いのは確かで、例えば「白黒つける」「確信犯」なんかは、99%くらいの人は間違えてる気がする(アタシもあんまり言えないけど・笑)し、ひょっとして下野も、そのうち間違った方が一般的になるのかもしれない。

 まぁ、見てる限りはさすがに一般メディアで間違っているところはないようなので、まだ“気持ち悪さ”も本格的ではないのですが…(笑)。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。