スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなる聖地

1703301.jpg

 この間の日曜日のことなんだけど、新規で開館した「吉村昭記念文学館」へ行って来た。

 この施設は荒川区が建設した「ゆいの森あらかわ」という図書館などが一体化した建物の中にあり、日暮里出身の吉村さんの功績や作品の素晴らしさを広く知ってもらうために設置されたもの。最初、吉村さんの生前に話を持って行ったそうだが、「個人のために公的なお金を使ってほしくない」と固辞されたそう。しかし熱心な荒川区に対し、図書館や児童館などとの複合施設なら…ということで、開館が決まったという。こういうのはえてして美談としてこしらえられたりするけれど、絶対そんなことはなく吉村さんらしいエピソードだなぁと思った。

 文学館の入り口には、上の写真の通り吉村さんの著書の表紙がずらーっと並び、生い立ちに沿って貴重な資料を見たりすることができる(入場無料)。わしは何度か書いている通り吉村さんは高校生の頃「ポーツマスの旗」という小説を読んで以来、一番好きな作家ということもあって、2周ぐらいじーっくりと読み込んでしまったわ。

1703302.jpg

 文学館の目玉? の一つが、この「書斎復元コーナー」。ここだけは撮影OKなので、沢山の人が写真に収めていた。奥様である作家の津村節子さんの協力によりそっくりそのまま蔵書なども持って来ているとのことで、一体どんな本を読んでいたのだろうかと興味津々。ここもじーっくり見てしまった。

1703303.jpg

 書斎についてもこうして丁寧な説明があったり、他にも映像化された作品の上映会や出演番組の視聴コーナーなど盛り沢山。まさか、吉村さんのこんなディープなエリアができるとは。ファンとしては本当に嬉しい。図書館エリアには、吉村さんの作品が多分ほとんど全部揃ったコーナーもあるので、通って全集など改めて読破したいところ。

 あと、建物入り口付近にグッズ販売コーナーもあり、吉村さんの「ポストカードセット(300円)」と「ボールペン(200円)」があったので購入。今後は子供たちの課外学習などのコースにも予定されているそうなので、もっともっと若い世代にも吉村作品が読まれるといいなと思う。ちょっと場所的に不便(都電の荒川2丁目駅が一番近い)なのですが、皆さんもぜひ行ってみて下さい。
スポンサーサイト

さらば○○○と言おう

170321.jpg

◎CASE1:さらば【パンチ】と言おう

 思えば、2ヶ月ほどの短い付き合いでした。

 先週頭、いつも打っていたフルパンが全て撤去されました。もしかして、1台くらいは残るかな? とか、1パチに移動したりするかも…? などという甘くて淡い期待は見事に打ち砕かれ、完膚なきまでに「なかったこと」にされてしまっていました(ついでに書くと、おそ松も導入ナシだった)。

 ひどい、ひど過ぎるよ…! 店長に抗議すべきだろうか、などと一瞬思ったものの、まぁ稼動がほぼなし&わしが撤去数日前に8連チャンかましてしまったので(本当に、薄〜〜〜いところをよく引いたもんだ、ビックリした!)、赤字の台など置いておく理由がないのでしょう。…って、わしがダメ押しだったのかよ(おい!)!?

 と、気を取り直して、やっぱいきなりサヨナラのダメージは大きくて、他の店にも打ちに行きましたよ。でもねぇ…回らないんだわこれが。いくら好きでも20回いかない台なんか長く打てるワケもなく。

 この分ではもう今後出て来る甘いタイプのフルパンなど近所には入らないだろうね…。悲しいが、こうなったら大一には『ニュービッグ7』『マジック7』などのリメイクで巻き返してもらいたいものです!?

◎CASE2:さらば【MAC】と言おう

 わしは95年頃に初めてパソコンを買って以来、ほとんどMACしか使ったことがないの。

 ところが、ここ2〜3モデルのノートで呆れたことがあって。電源アダプター、コレがデザインばっかですぐにダメになってしまい、買い替え用のは1万円近くするのにビックリ。MACのストアで一応チェックしてみたら、レビュー欄には同じような目に遭った人達の苦情の書き込みがズラーーッと並んでいて、ああやっぱりコレってダメなんだと思って。

 そういった苦情の声はだいぶ前から届いているハズなのに、数年間はガン無視で同じ物を出し続けている、その放漫さに呆れているのです。しかも新しいノートには必要の無い小さな液晶のトラック? みたいのがくっついているため、消費電力がアホみたいに高いらしく、バッテリーが全然持たないとか。そんなもん買えないよ…。他にも、円盤形のディスクが使えるモデルが廃止されたり、ちょこちょこと改悪があるし。

 何というか、もう使い手のニーズとかからは完全に遥か遠くの理想郷(笑)みたいなところで説法をしている、そんな企業になってしまったのか…。遂に、わしのような人間までもMAC離れを覚悟せねばならない時が来たのか。

 というワケで、次のマシンはWinから選ぼうと思っているのです。全然分からないから不安だけど、考えたらスマホもiPhoneじゃなくてandroidで何のかんのやってるから、けっこう慣れれば大丈夫かもしれないしね。わし一人買わなくなっても屁でもないだろうが、アッポーには少しでも考え直すようになってほしい、マジで。

球春来たりなば

170316.jpg

 いや〜、盛り上がってますなぁWBC。てか、野球ってこんなにまだ人気あるじゃん! と再認識しちゃった。

 今後はアメリカの決勝トーナメントを応援する意味で、みんなも『餃子の王将3』を打つ時は超級モードのこの表示↑にしないとダメだぞ! ただし、一回当てないと選択できないのであしからず…(おい)。

 で、久しぶりに王将3の3000以外のやつ(王盛6000)を打ったんだが、43分の1で2倍ハマり喰らってマジ大変だった…。当ったから盛り返したけどさぁ、やっぱり3000ぐらいのやつが心臓にはやさしいね(笑)。

 ちなみにこの表示にすると、当った瞬間「カキン!」っていう音がするんだけど、どうやら木製バットをイメージしてるみたいで、うるさいホールだと全然その瞬間か聞こえなくて焦る。金属バットのカッキーーン! みたいな音にすればよかったのに…などと、改めて思ってしまったり。

 野球といえば、いよいよオープン戦真っ盛り。ヤクルトは山田&秋吉がWBCでいないから華やかさには欠けるけど、けっこういい感じみたい。今年も目一杯応援するにあたり、一つ目標を作ってみた。それは…「ヤクルトファンの友達(なるべく年の近い女性)を作ること」。実はわしの周囲はほとんどが横浜ファン(神奈川県民が多いから仕方ない…)なので、一緒に気兼ねなく目一杯応援できる仲間がほしいのですよ。

 しかし、どうやったら仲間を作れるのか…? 球場でキョロキョロしていると、けっこう一人で来てる女性って多いからそういう人に話しかけるか…? それともSNSみたいので仲間に加わったりするか…? 悩ましいところですが、それもまた野球の楽しみの一つってことで。さあ、今年もヤクルト応援するでーっ! 頑張れぇぇーーっ!

忘れないもの、変わるもの

1703121.jpg

 一日遅れてしまったけれど、昨日は東日本大震災からちょうど6年。

 都内では、上の写真のような広告が話題となっていて、これは銀座のSONYビルなんだけど、縦長の文字が書いてある中央部分にある赤い線。6年前に東北を襲った津波と同じ高さなんだそう。

 実際に近くに行くと、本当にビックリするほど高い。ぞっとするような思いで見てたら、他の人達もみんな同じように見上げたり写真を撮ったりしていた。

 こんな風に、何らかの形であの災害を忘れないようにする。すごく大事なことだと思った。年月が経ってしまうことは仕方ないけど、毎年ささやかな寄附をして、黙祷を捧げることはずっと続けていきたい。


1703122.jpg

 ちなみにこのSONYビルも、今月一杯で50年の歴史に幕を閉じてしまうという。中では「It's a Sony展」という来場者参加型のイベントをやっていて、老若男女が楽しめるようになっていた。

 他にも、テナントの書店では在庫? と思われるデザインに凝ったフリーペーパーを沢山置いていて、中には1万円ぐらいする貴重なものもあるけれど、無料で持って行っていいものも多数あり、つい紙袋いっぱいもらってしまった。

1703123.jpg

 SONYの歴代家電を模したストラップが当るガチャガチャコーナーも大人気で、挑戦してみたところ…古いポータブルテレビが当った! こういうの、20代前半くらいまで使ってた(笑)から、すごく懐かしい! 他にもSONYビル型やプレステ型のなども欲しかったが、1回500円だし「一人一回まで」との注意書きもあったので断念。

 銀座は松坂屋ももうないし、ここもあとわずかでSONY PARKというエリア(新ビルは5年後くらいに建つらしい)に姿を変える。こういう時、いつも諸行無常を感じてしまうけれど、変わるからこそいいことも沢山あるしね。とにかく、新しいエリアも楽しみにしていよう。

真夜中のトランジスタラジオ

 今から、40年ほど前の話です。

 何がきっかけだったのか記憶にないけれど、中学生の頃から深夜ラジオにハマっていった。中学は私立の女子校に進学し、それまで全く周囲にいなかった「洋楽好き」の友人が沢山出来た影響もあって、「全米TOP40」とかFENの番組とかを聴いたり、「オールナイトニッポン」などにも食指を伸ばしたり。

 当時は2段ベッドの上を使っていて、枕元に赤く小さなトランジスタラジオを忍ばせ、下で寝ている妹を起こさないよう小さな音でこっそりと深夜ラジオを聴くのが楽しみだった。

 その頃よく流れていた「我が良き友よ」っていう曲が割と気に入っていて、歌詞を聴きながら「学ランに下駄、手ぬぐいを腰からぶら下げている」という、当時としてもアナクロな人物は、一体どういう風体なのだろう…? そんなことを考えたりしているうちに、うっつらうっつら、眠りについてしまい。

 翌朝、乾電池が切れて何も聴こえなくなったラジオを見て、ガッカリそして悲しい気持になったものだった。当時は今みたいに100円で気軽に乾電池が買えるわけではないし高いし、落胆の度合いも大きかったのだ。しかし次の日には新しい電池に入替えて、またこっそりとラジオを寝床で聴きつつ「今日はスイッチを切ってから寝るぞ、寝るぞ」と誓うんだけど…。

 今日かまやつひろしの訃報を聞いて、そんな昔のことをふと思い出してしまったので、書いておいた次第。合掌。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。