スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンチDEクィーン

170131.jpg

 前回の更新から少しして、風邪でダウン。先週はほとんど使い物にならずに寝て過ごし、溜め込んだ仕事をヒイコラ消化してたら…もう1月も終わり!

 そんなワケなので、ずーっとパチンコも打てず手の震えが止まらない状態なんだけど(←おい危ないって)、書きたかったネタをまとめてアップしておかねばと思った次第。

 まずフルパン。すでに3回ぐらい打ってるんだが初打ちの時、なぜかすっかり先入観から「オリジナルモードとバラエティモードは、BGMが違う」って思い込んでて、あの「♪トテチテトテトテ、トテチトトテトテ、トテチトトテトテ、トゥルル、トゥルル、トゥルル、トゥルル♪」っていうメロディーが鳴ってたからオリジナルと信じ込んで打っていたら…。最初の3音ぐらいが妙に響いたと思ったらその後リーチになったり、先読みっぽい響きが入ったりして、「なーんだ、けっこう予告入れてるんだ…」と、勝手にガッカリしていやがったわし。

 でも、でも、な〜んか予告が多すぎない? と恐る恐るボタンを押すと、お兄さんの声で「オリジナルモード!」って…! ひぇ〜、事前に動画も見ないでいたから、すっかりジャックのように曲が違うと思い込んでたわ…。で、改めてオリジナルで勝負再開。…うむ、まっったく予告なしで合格ッ(偉そう)!

 ただ、ちと思ったことを書くと…。
 ●よく回る台が多い上に、ワープとかもないのでヘソに入るかどうか一瞬で決まってしまうからメモリーの時間短縮は3個目、いや2個目からでも付けた方がよかった。4個目しか効かないのはかなりツラいですね。
 ●90年代くらいまでのパチンコは、ひたすら不親切だった。狙う場所だのパンクだの、全然書いてなかったし誰も教えてくれないし、雑誌がない頃はマジで困る場面が多かった。この機種はかなり復刻度が高いけど、不親切な昔のノリまで真似してしまってるような気がする。せめて盤面にちょこっと矢印で狙う順番を入れておくとか、声で何度かナビするとか(※これは、わしがまだ調べてないから間違いだったら訂正します)、もっともっとユーザーフレンドリーじゃないと特に女性は打たないと思う。時短中は特に、何が起こってるのか分からない人が多いのではないだろうか…?
 ●大当りで右打ち中、おまけチャッカーみたいなところに入ると下の3桁7セグが回って揃ったら時短突入…なんだけど、どうやらあらかじめ決まってるみたいで(そりゃそうか…)、そこもよく作ってあるとは思うけど…右下のVゾーンの動き(どうしてベロ型にしなかったのだろう…?)といい、なんかデキレ感が「う〜〜ん」という感じ。

 と、文句ばっかり書いてしまいましたが、これも気に入ってるからこそ、であります。ぶっ込み狙ってスコーンと天に入るとちゃんと払い出しがあるし、そこに書いてある「IDOL」の懐かしさよ。涙チョチョギレですよまったく。そして無愛想なリーチから一転、唐突に揃った時の「フワ〜ン」と赤く光る感じ。「あー、これこれ!」と、じんわり楽しくなって来る。

 もう、こうなったら『ニュービッグセブン』あたりも復刻して、リーチなし! ってのもやってほしい。個人的にはマイナーだったけど『マジック7』っていうのが復刻したら、号泣しながら打ちますが(笑)。まぁとにかく、フルパンは回りが絶望的になるまでまだまだ打ちますね。

====================================

 と、ここまではフルパンのことで、ここからはどうしても書きたかった『F.クイーンDX』のその後のネタ。

 今月半ばぐらいに、ニュースで「森のくまさんの歌詞について、揉めている」っていうのを偶然見かけたわし。何やら、今流行ってるバージョンについて、元々の歌詞を考えた人が発売中止などを求めているという。新しいのは全然知らなかったので、へ〜ぐらいで聞き流す寸前…!

 「うわぁ、そ、そうだった!(ガタッ←椅子から立ち上がる音)」

 慌てて閃光のように“あること”を思い出し、脱兎のごとくパチンコ屋へ向かうや否や、『F.クィーンDX』を打ち始めたのであった。…そう、このクイーンはジェイビーなのよ、ジェイビー。てことは、もしかして、いや絶対「森のくまさん」が隠されてるはずなのに、なんで気がつかなかったんだぁぁーー、バカバカ!

 果たして、大当りを引いて最後のファンファーレっていうか余韻を残すメロディーの時に、ボタンを4回押してみた! ジェイビーなら、これで確変中森のくまさんが流れるハズでは…!? ドキドキしながらその「瞬間」を、スマホの録画スタンバイしながら待っていると…!

 はい、全然変わりませんでした。いくつかタイミングとかパターン変えてみたけど、今のところはダメ。やっぱ、クィーンに森くまは合わないか…(笑)? つーかST8(あるいはサポ40、長くて100)で入れる方がおかしいか…。と、自分のアホさに呆れつつ…とりあえずは真相がはっきりするまではチョコチョコといじってみようと思ってます。クィーンモードで確認してないし(往生際が悪い)。
スポンサーサイト

思わぬ伏兵?

170118.jpg

 いや〜、ビックリした! 前回「ニューギンレジェンドの新作出して!」とか書いた次の日、レジェンド第2弾のニュースが入って来た(笑)! しかも…全く予想していなかった3回権利の『カーニバル』リメイクの『CRAわくわくカーニバル』ってやつだったとは!

 一応、レジェンドのラインナップ予想としては
 『エキサイト麻雀』
 『エキサイトキング』
 『エキサイトカムカム』
 『スターマイン』(蛍光管はもう難しいかな?)
 『ミルキーバー』または『キューティーバニー』
 『さめざんす』『ポップアート』『Vツイン2』
 とか、この辺がアリかもな〜なんて思ってたけど、地味なところに来ましたね(笑)。いや、確かに相当設置されてたし、わしもよく打ったけど。

 でも、さすがに3回セットは今難しいのか、説明見るとナナシーみたいな一般電役タイプみたい。って、全然違うじゃん…。まぁ、これも打ってみないと分からないけど、個人的にはジャックやエキサイト麻雀よりはテンション低めであります…。事前にショールームで打っちゃうかも…(おい)。

 あ、でもこの路線はもちろんどんどん続けていってほしいし、ある程度成功して他のメーカーももっとリメイクに力を入れてくれると有り難いですね、マジで。

またまた来るぅ〜&来い!

1701141.jpg

 いや〜、女王様の熱狂も冷めやらぬうち、またまた週明けにやって来ますよ、今度は『CRフルーツパンチ』が!

 はぁ〜〜、この盤面デザイン。「なんで下にもデカい7セグがあるんだ?」とか細かいことは置いといて、とりあえずはこちらも事前になるべく情報を仕入れないようにして、一礼して打ちたいリメイクであります。

 演出には「オリジナルモード」と「バラエティモード」があるんだけど、もちろんオリジナル一択でありましょう(毅然と)。ちなみに元祖のフルパンがヒットしてた90年代当時は、ギャンブル性の高さからどっちかというと西日本の方で設置が多かったものの、都内でもやっぱりそれなりに打つことができた。

 そしてわしが忘れられないエピソード(昔、ガイドのコラムでも書いたんだけど)もあって、業界誌記者時代フルパン以前の展示会に行ったら、集まった業界誌記者(※当時は一般紙や攻略誌が取材することはほとんどなかった)に対して、大一の方が「うちなんかにこんなに沢山取材に来て下さって、本当に有り難うございます…」みたいに大変恐縮しておられる様子。同社は87年に『ニュービッグ7』が大ヒットしたものの、それ以降はなかなかヒットが続かない状況だっただけに、自信をなくしていたのかもしれない。

 ところが、フルパンが一世風靡した後同じように業界誌の取材で行ったら「今、ホールはみーんなうちの台で稼いでますからねぇ! わーはっは!」って感じで超自信満々になってたのに驚いたことがあったのです。やっぱり、メーカーはヒット機種を出してナンボなんだなぁ…と、感心したというワケ。

 まぁ、フルパンというとそのことが頭に浮かんでしまうけれど、とにもかくにもオリジナルっぽいリメイクで打てるのが嬉しい限り。

 で、リメイクで他にも気になることがあるのを思い出した。

1701142.jpg

 ニューギンの『CRエキサイトジャック』パンフに書いてある

 「ニューギンレジェンドシリーズ第一弾」

 の、文字。第一弾…つまり続きもあるということで、そりゃあもうぜーーったい『エキサイト麻雀』も来るに違いなく(※EX麻雀、などとこじゃれた英字表記ではない頃のやつね、もちろん)、一体いつ頃になるのか? ってことなのよ。

 もちろんドット表示でクラシックモードもあって、止まるときは「タン、タン、タン!」、リーチは「ピコピコピコピコ…」そして当ったら「オマ タセ シマ シタ 大役満」が表示されて…もう、想像しただけで打ちたくてたまらん! 頼む、頼みます! 早くあのレジェンドも出してくれぇぇぇーーーー!

 あ〜、もうついついアツく語ってしまいますが、当面は女王とフルパンメインで楽しみつつ待っておりますです、はい。

女王謁見日記

170110.jpg

 今日は原稿とかA-gonの試打会(Twitterの方に詳しく書いています。@cheki_guide)などがあって、女王様にお会い出来たのは夕方近くだったのですが、ひぃぃ、わしが到着した時にはたまたま谷間だったみたいで誰も打ってない…。

 速攻で30回当ってる台に座って一礼(心の中で、ね)。よぉぉ〜〜〜し、打ったるでぇぇーー! と、張り切ったはいいものの、よく行ってるこの店は昨秋店長が替わってから、渋くなってしまったのですよ…。前のクィーンの時は25〜30回る台がゴロゴロしてたのに、20回がいいところ。

 1万円使ったところでWリーチで当り。上の写真のやつがそうなんだけど、キレイな目で嬉しい。そこから11回当って3300発ぐらいまで行ったものの、隣に座ったじぃちゃんがもんのすごいチェーンスモーカーで、けむくてけむくて退散。本当に早くホールが全面禁煙になってほしい!

 で、2時間程度ですが打って気がついたこと。

 ●クラシックしか打ってないけど、フォーチュン枠がめちゃ音質良すぎるのかバスっていうのかしら、低音がすごい。隣もクラシックだとボン、ボボンという音がすんごく響く! 90年代とはやっぱ違うね(笑)。
 ●保留が少ないと、間持たせやらモードの時間合わせやら? で回転時間が増えるから、ちょっと昔のクィーンのリズムが間延びしててずっこけがち(ドンマイです)。前のも確かそうだったかな、でも予告音とかで印象が薄れてたかも。
 ●1回16Rを引いた時、前のやつは「5R終了後キュイーン! と鳴ってからジャズアレンジのBGMと共に継続」だったのが、今回は「5Rの途中にキュインと告知して、スーッとジャズアレンジになっていく」ように変わっていた(クイーンモードは未調査)。
 ●ミニアタッカーの左右に細長いプラスチックの板みたいな部品が! 最初は違和感があったんだけど、いったん板に乗っかった玉が複数個まとめてススーッとアタッカーに入ることがけっこうあって、実はすんごくいい仕事してる!?

 と、こんな感じでしょうか。まぁまだこれからジックリ打ち倒していくけど、願わくばもうちょっと回してほしいなぁ…。他の店もチェックしておきますかね…。

女王降臨前夜祭!

1701081.jpg

 いや〜、とうとう導入日がやって来ましたな〜〜! 昨年11月くらいに色々情報が出て来ていた『CRフィーバークィーンⅡ』なんだけど、何といってもわしの目を釘付けにしたのが…

 「予告演出一切無し!」

 コレですよ、コレ。クラシック一択でしょう。そして現物をタップリ楽しむため、これまで画像やスペック、ミニパンフデータ以外は極力事前情報を入れずに(動画も我慢!)、初日を迎えるって塩梅でぃ(江戸っ子)!

 で、気になるのが今回ジェイビーが出すためか絵札柄がちょっと変わっているみたいなので、新旧姫…じゃなかった、女王比べをやってみることにしました。

1701082.jpg

 まずはキング。剣や顔周囲以外は全部変わっているみたい。……ふ〜〜む、相変わらずいい仕事してます。

1701083.jpg

 続いてクィーンは、顔以外持ってる花も全部違ってた! 新しい方の胸元の模様がすばらしいですね(笑)。

1701084.jpg

 最後にジャック。こちらはキングと同じ変化パターンね。でもふと思ったのですが、ジャックの髪の毛の巻いてある向きなんだけど小文字の「jb」って見えなくもない(笑)? 考え過ぎでしょうか。

 と、ついついマニアックに観察してしまいましたが、実際に打つ時はこんな部分も気にしてみると、絶対楽しいハズ! あ〜、マジでお弁当持って行こうっと(笑)。

新春「どこかで見たぞ」特集

 パチンコでは、むか〜しからちょいパクというかオマージュというか、既視感を感じる部品や絵柄、画像などが沢山出て来ておりますが…。

 昨年以来、マニア的な既視感を感じたネタがいくつか出て来たので、せっかくなので集めてみました。初級〜上級まで、いくつ分かるかなぁ〜(笑)?

【初級】

 来週ぐらいから導入される『CR春夏秋冬HIGHビスカス』の電サポ中演出より。文字の部分が…!



 …と、コレはもう説明不要でしょう。ホールでぜひ見て「クスッ」としてみて下さい。

【中級】

 稼動中の『CR ANOTHER牙狼 炎の刻印』で、横顔が飛び出す例のギミックなのですが…。下の動画の左側の人の台を見ながら、フト思い出したものといえば…?



 この動画!



 これは、わしがけっこう好きでよく見てたチェコの芸術家ヤン・シュヴァンクマイエルの作品「永遠の対話」なんだけど、な〜んか、この最初の方に出て来る人物(?)たちの横顔を思い出してしまったのです。どことなく、動き方というか雰囲気が似てるような気が…って、普通知らないよね(汗&笑)。

【上級】

 と、こんなノリのまま上級です。下の写真は『CRAトキオプレミアム』の、TOKIOモード選択中に16Rを引いた時のモノなのですが、後方の液晶表示に注目! このツブツブ表示…どこかで…どこかで見たぞーーっ!!

1701071.jpg

 答えは…これ!

1701072.jpg

 「西陣の紙袋(※一つ前のバージョン)」です! この、表面を覆うツブツブが、画面に出て来るのとソックリなの!

 って、コレはもう上級というか業界関係者(しかも、マニアックに色々チェックする人・笑)しか分からねーだろ、っていうネタですが(ドンマイです)。

 あぁ今年もきっと、こういうクダラないことばっかり考えながらパチンコを打つのでしょう(確信)。

明けた、目覚めた2017

 2017年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 司会から進行から演出から何もかもが史上最低クラスと言われる(笑)紅白をチラチラ見つつ、家族ですき焼き囲んでシメうどんを食べてグダグダとしているうちに年が変わって…。でも、とにもかくにも大過なく新たな年を迎えることができて何よりでした。

 まぁ例年通り年始の目標みたいなものは特に決めなくてもいいかな〜? とは思っているものの、ちょっといつもと違うのは…昨年遂に「カジノ法案」が国会で可決され、何やら「パチンコはもう終わりだ」とか「パチンコ依存症をまず何とかしろ」みたいな火の粉が、我らが遊技業界にバンバン飛んで来てしまっている、というところ。

 個人的にはカジノが解禁されるということで、日本独自のパチンコというものの特殊性や面白さが注目されたらいいなと思っていたのですが、やぶ蛇的にダークな部分ばかりがクローズアップされることになってしまい…。どうやら、世間の風当たりは思った以上に大きかったということでしょうか。

 昨年末には業界団体で「遊技機の多様性のさらなる推進と、出玉規制」といったことが話し合われたと報じられており、それって昔の種別が復活するような感覚で期待してもいいのかしらん? とか、羽根モノタイプも存続できる期待が高まるってことよね(※メーカー関係者によれば、羽根は下アタッカータイプなら当面大丈夫とのこと)? など、むしろ「遊び」の部分で期待できるのではと考えているので、あとはそういう流れをいかに業界内外にアピールしていけるかが、悪いイメージ払拭のカギになるんじゃないかと思います。

 そんな状況下ですので、今年は特にメディアの端くれにいる自分の役割として、微力(陳腐)ながらより一層「パチンコのイメージ向上」に尽力することが大事なのかなーとは考えていますね。

 自分に何ができるのか? 何をしなくちゃいけないのか? 考えながら、形にしながら進んでいく…そんな2017年にしていきたいですね。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。