それが、僕の…

151130.jpg

 …あっ、どうもお久しぶりです、一般入賞口(いっぱんにゅう・しょうこう)と申します。

 えっ? もぅ〜嫌だなぁ、右下にいるじゃないですか。そりゃあね、この写真だと風車の方にピントが合っちゃってるし普段僕のことなんか誰も気にしてないでしょ、友達と来たら
「賞口ー、賞口ー、賞口、賞口、賞口ー♪」とかって、変なメロディー付けてからかう始末ですからね。あれ、何の曲だったんでしょうか?

 まぁともかくそんな風にずーっと日陰者の僕だったけど、ここ一ヶ月ぐらいの間に随分注目度が高まったみたいなんですよ。何しろ、お偉いさんとか何とかいう人たちが、僕にもっと玉を入れるようにしろって! 入らない台は撤去しろって!

 一瞬、夢かと思いました。まぁ、何やら明日ぐらいにそのリストが組合から出るとか何とかいう話も、またしても流動的な感じですし、年内に業界がまとまるのかすらも危ぶまれてるっていう見方が大勢で…。

 いや、とにかく僕や仲間たちは逃げも隠れもしません。今日も明日も、ずーーっと玉が入ってくれるのを待ってます。それが、僕の…僕が生まれて来た目的なのだから。

サッチョウ戦争継続中?

 打ちたいな 回る台より 当たる台

 ご無沙汰しています、ボーダー越えの台を打っても打っても当たらず負け続け、ヘコみっぱなしのウタマルです(誰だよ)。

 つい先日は、週末になって風邪が悪化して久々の発表会とか同窓会に行けなかったりして、ピンポイントでもヤバい状態だったりするのですが(もう体調は良くなりました、ご迷惑おかけした方すみません)。

 さてそんな中、前回書いたパチンコの大量撤去云々の件は、あれから私の狭い交友関係(笑)を駆使して事情通やらメーカー関係やらに聞いてみたものの、例えば対象機種のヘソ以外の払い出しベースを「3」以下にするのか「7」以下にするのかとか、日工組(メーカー組合)の引き取り金額をいくらにするのかそういうレベルの話もまとまってないとか、人によっても情報がまちまちの状態が続いていました。

 が、どうやら今日(17日)に日工組のリストや基準などが決まったようで、明日には全日遊連(ホール組合)で確認や話し合いが行われる? とか何とか。しかし規模の大きな利害関係が絡んでるから、一筋縄ではいかないのでは? という見方もあり…。

 まぁ、そんな感じで要はまだ公に発表出来る状態じゃないってことのようです。

 しかるに、そんなペースだとまたお上の方の怒りを買ってしまうのではないかという心配もあり…。ただでさえ半年くらい「釘を何とかしろよ」という猶予をもらっていただけに、ゴタゴタが長引くほど締め付けが厳しくなってしまう恐れもある、まさに「サッチョウ戦争」継続中の状態といえます。

 さてさてどうなるのか、会見とかそのうちあればまた行って取材したいところですが、何にせよダークで終末感漂う状況が続いているのは間違いないようですね…。

●玉ギューッ!?

1511071.jpg

 あ〜あ…。

 ここ数日、都内の換金率が等価禁止になった話とか書いていたら…もっととんでもない状況になっていた! 上の写真は1996年に「パチンコバッシング」なんかが起こって慌てて業界団体が「2001年会」という組織を作り、「社会的不適合機の撤去」とか子供を駐車場などに放置しないよう見回ったりする「イエローキャンペーン」を始めます、みたいな発表を行っているところなのですが、この当時を彷彿させるような大型撤去がすぐさま起こりそうな事態となっているようです。

 業界誌の友達に聞いたところだと、今年6月からやたらに釘調整の問題(試験に通った時と営業時の形状が違っていることとか)が上の方から指摘されて来たものの、一向に改善されないことに業を煮やし、近々発表されるリストに沿ってすぐさま回収や撤去が始まりそうとのこと。

 パチンコの場合、ホール営業は釘調整で出玉率をコントロールして行うのが当り前だから、それを使ってこれまで「オマケチャッカー」とか「一発台」など、いわば“職人技”とも思える調整がファンを魅了して来た経緯があります。上手い営業マンだと、オマケ調整で100個単位でホールが要求する個数を出し入れすることができたとか。そしてそういうのを見破る、まぁ今では死語っぽくなりつつあるパチプロとかがいたりして、漫画のネタにもよく使われていました。

 でも、正確にはそういう調整は試験で合格した時と異なっているから「違法」であり、1990年以降の極端な釘曲げ禁止で姿を消したのですが。すると、今度は大当たり自体の連チャンが派手になっていって、94年の「ダービー事件(これも確か、極端な釘曲げっていうのが建前だったはず)」や「連チャン機自粛」、96年の「不適合機撤去」「CR機5連チャンリミット」など規制が続いていったんですよね。

 で、いったん99年にCRリミット解除で盛り返したと思ったら、04年に種別が撤廃され、CR機の下限確率500分の1とかになって…この辺から継続率80%みたいな、それまであまり見たことない数字も出て来るようになって。まぁそこから下限確率が400、320と規制が進んだり細かい出玉規制もあったものの…エンドユーザーとの関係全ての根底にある「釘調整」に関してだけは、なんとなく「キッチリ決められない鬼門」的な存在であり続けて来ました。

 それが、今回は試験を受けた際サイド入賞口などに入るゲージだったのが、ホールではほとんどヘソ以外入らないように調整されているとか、そういう部分のやり過ごしができない状況に来てしまったようで、週明け? くらいに撤去リストが発表されるとか?

 ていうか、そういう条件に相当するっていったら…ほぼ全部よね…(汗)? そんなこと、できるのかいな? しかも、その後に導入される台は釘調整が一切できないってことでしょう? そんなの可能なの?

 って考えて、思い出したのが…

1511072.jpg

 パチコン。

 これは、今年のユニバカーニバルで飾られていた懐かしの『GIGA』なんだけど、この台は91年の大阪パチンコ博で初披露された「釘調整不要、大当り設定6段階あり」っていうのがウリのマシン。90年の「釘曲げ禁止」から発想された機種だったのですが、釘調整不要でどうやって出玉率などをコントロールするのかというと…

1511073.jpg

 1分間に6回転(だったかな?)しない場合、電チューが開放して玉を拾うことで回転数を補正してくれるようになっていました。ヘソ部分には命釘がなく、本当に回るのかいな? などと思った記憶がありますが、けっこう多くのホールに導入されてましたね(ただ、電チュー開放狙いの攻略法ですぐ消えてしまったけど…)。

 これから、釘調整禁止となったらこういうシステムの台しかないのかな? でも特許とかどうなるんだろう? それか、最近あんまり噂を聞かなくなっちゃった「エコパチ(封入式)」では、釘が全然ない盤面が開発中になってるという話もあり…ただこの業界は、本当に色んな人が色んなこと言うからね(笑)、ちょっとどうなるのかは不明…。

 いずれにしろ、お上が「本気」なら今後大きく変わっていくのは明らか。でも、大打撃だった96年の時は、その後連チャン性で持ち直してたり何らかの希望的観測は持てたものの…今回に限っては…な〜んにも見えて来ない…。来年も連チャン65%規制とか控えてるし、もうこうなったら手打ちで電動役モノのみ、にしましょうか(笑)? あ、それも釘いじらないとダメだからアウトか。

 まさに業界の●玉握られている状態、どうなるのか? 週明けに死刑宣告が来るのか? 気になりますが、もはや則天去私で待つしかないでしょう…。

「超」なアイツがやって来た

151103.jpg

 バット貸せ〜王将すりぃぃ〜〜〜!

 じゃなかった、

 かっ飛ばせ〜王将すりぃぃ〜〜〜!

 …そう、都内にも続々王将3が入り始めたので、毎朝全台を「超級モード」にして回り…などということはしてないけど(当り前)、とりあえず私の台は超級でし〜〜ん…とした状態でいそしんでおるのですが。

 何だろう、やっぱショールームではなく営業釘で打つと、まずヘソに連続で入ることがあまりない。王将2ではよくあった覚えがあるけど、これはやっぱゲージが変わったせいか役モノの右になかなか行きませんね。

 もちろんその代わり左行って包丁に当たらなかった玉も直でスタート入ることがあったりして、期待感はいつも持てるんだけど。

 でも…たまたまなんだろうが…深い…。確率の3倍、4倍回ってやっと当たっても「おかわり」なしで、また2倍3倍回し…みたいな感じで、2000のやつで結局28000円負けてしまった(うわ〜ん)。

 それにしても都内の交換率変更なんだけど、釘…な〜〜んも変わってない気がする(笑)。いつの頃からか私たちは「新台は出してくれる」とか「交換率が低いとよく回してくれる」みたいな、性善説チックな期待感が身に付いてしまっていたけど、近年裏切られっぱなしではないですか。そしてまたしても…。なのかなぁ(哀)?

 これから年末にかけて、お客が離れないといいけど…。

「健全化」前夜?

151101.jpg

 はいっ、どーも!

 …って、あれから日本シリーズでヤクルトが悲惨だったから更新しなかったワケではなく(そこまでイッちゃってない・笑)、単に月末でバタバタしていたのですが。

 まぁヤクルトも4タテじゃなかっただけよかったっすよ…(笑)。しかも唯一の勝利が新記録誕生だったし、蓮の花のように一度だけ美しい花を咲かせたんだよ(慶次の例えはやめましょう)。

 ところで今日(1日)は都内で等価交換最後の日ということで、ちょっくら様子を見てみたのですが、大体店内に地味な貼り紙がしてあったりするだけのところが多かったですね。中には

 「営業コンセプトを変更します」

 なんて大げさに書いてるところもあったけど、まぁ「ものは言い様」ってやつでしょうか。

 それにしても、よく分からないのが「より一層の健全化を目指し」みたいな統一文句。それって、昔みたいに等価じゃない=玉を出してくれるってことでしょうね!? どうも、最近のボッタクリホールの増加っぷりから半信半疑なんだが…。

 とりあえず、明日からもチョコチョコとチェックしないとね。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク