スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕の道

 やまだぁぁぁ〜〜〜〜ッ、でかした! 史上初の一試合3打席3連続ホーォォームランッ! 神様、仏様、山田様ぁぁーーっ!

 いやぁ、興奮したよ〜。まさか3打席目までは…と油断してただけに。しかも畠山にももう一発、クリーンナップの雄平にもやっと初ヒットだからねぇ。

 それにしても、フジ3Kグループってもっと露骨にヤクルト贔屓してほしいもんだわ、日テレの読売ばりに。

1510271.jpg

 今朝めざましにつば九郎がゲスト出演してて、フジでの放送も宣伝するのかと思いきや…

1510272.jpg

 ちょっと、これって(笑)。アナウンサーとかみんな引きつって苦笑いしてたけど、肝心のヤクルトファンである私は結局CSのフジテレビONEで見てました。だって、絶好調親父とかの解説聞きたくないし、イマイチ燕贔屓じゃないんだもんね。

 CSの方ではガラスのエース(古いわね…)が「山田のために、今日は絶対勝たなきゃだめですよ!」とか、SBの五十嵐が4打席目の山田を抑えた直後「こういう時の投手は、案外その後ホッとして打たれるもんなんですよ」→畠山ホームランという、小気味いいトークを連発してくれたもんだから。

 いや〜〜、この分なら明日もいけますよーーっ! と、すっかりその気なんだけど(笑)。9回バーネットの球にバキバキとバットが折れてるの見て、勝ちリレーなら絶対大丈夫って確信したし。

 …それが真の燕の道、いざ、ゆけ、ツバ〜メよーッ♪(調子乗り過ぎ)
スポンサーサイト

思い過ごしもサブのうち

151026.jpg

 どうも〜〜こんばんは、マナカです!

 ぃぃよっしゃあぁぁぁーーーーっ!! 日本シリーズ2連勝ーッ!!

 …んっ? な、なぬぅ!? ヤクルトは2連敗だってぇぇーーーっ!? おいっ、勘違いして喜んじまったじゃねぇか! おっちょこちょいもいい加減にしろだと!? ぐぬぬ……。2連勝を、返して下さいッ(真顔で)!

 …と、マナカごっこ(何それ)はともかく、日本シリーズもいきなりこんな有様とはね…確かにSBは強いけどさぁ〜、ヤクルトのクリーンナップが打てなさ過ぎ。まさか、このまま…嫌な予感がする…。

 ところで勘違いといえば、この前サブちゃん打ったら一気に5000発近く出たので、さらに欲深くネバってたら…。急に鳴かない拾わない地獄に落ちてしまい、気付くと今まで見たことない「ライブモード」とかっていう演出に変化したのです。

 ぬっ? これは何か良さげな秘密が隠されているのでは…? と一瞬期待したんだけど、丸見えにしても例えば松に偏るとかそういうのは全くなくて、どうやらチャッカー開放が100回越えると突入するだけだったみたい…(多分)。

 ていうかコレ、恥ずかしいモードじゃないの! と思って、早く当てたいと焦るほど深みにハマり…。たっぷりサブちゃんが歌った後にやっと当たったのが梅…。と、そんな感じで全飲まれ。

 ポッキーーン。(心が折れる音)

 それ以来、サブはご無沙汰なのですが…そろそろキズも癒えて来たし(笑)、昨日ちょうどサブちゃんの馬もG1取ったからね、そろそろまたライブ観にいくか(それはダメ〜!)。

ようこそデロリアン

151021.jpg

 色々なメディアで騒いでいる通り、今日2015年10月21日は映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に“30年後の未来”として出て来た日、らしいです。

 お台場ではタイムマシンカー「デロリアン」がゴミで本当に走るイベントをやったらしいんだけど、私も12年ぐらい前デロリアンに遭遇したことがあって、それは…奥村の『CRバック・トゥー・ザ・フューチャー』発表会でした。上の写真は一緒にポラロイドで撮ってもらえるコーナーにて、ちょっと格好つけたポーズ(笑)。

 当時(2003年)奥村は洋画やアニメなどのタイアップを積極的にやってて、発表会もけっこう大掛かりなものを連発。この時もデロリアンだけじゃなくて特製ケーキとか、撮影小道具の展示など色々楽しめたのを覚えてます。ただ、いずれもそれらが大ヒットした記憶がないので…やはり…(以下略←おい)。

1510212.jpg

 さらに、お土産もすごくて大きな缶の中には「フォーチュンクッキー」が入ってたの。今じゃ、曲がヒットしたりしたから何のクッキーだか知ってる人も多いかもしれないけど、当時は何だかよく分からないまま割ってみたところ。

1510213.jpg

 こんな風に、ちゃんとパチンコに関連した占い(?)も入ってて、随分手が込んでるな〜と感激したものです。このクッキーも、相当色んなところでネタにさせてもらって、まだ使うかって感じなのですが(ドンマイ)。

 もちろん、当時はまさか将来奥村が存在しなくなるとも全く思っていないワケで、改めてジ〜ンと諸行無常が去来する、そんな未来の今日の一コマでした。あー、本物のデロリアンでタイムトラベルできたらな〜(笑)!

よっしゃあ燕唄

151017.jpg

 こんばんは、強い時だけヤクルトファンにカムバックする神保です(笑)。

 って固いこと言わずに(そんなことないのよ〜)、優勝&日本シリーズ進出決定おめでとうぅぅーーっ!! しかも読売に完勝というのも、小気味よかったわ〜! 

 でもさぁ、気付くとプロ野球ってクライマックスシリーズを両リーグで当り前のようにやってるんだけど、これって必要なんでしょうか…? 今まではどうでもよかったけど、いざヤクルトが絡んで来ると、なーんか優勝したのに日本シリーズ出られないかもしれないっていうのが、イマイチ納得できないような。

 まぁそれはいいとして、フジ系のCSでは試合と祝勝会を全部生中継してくれてて、その中で面白かったのが…

 ●試合中ヤクルトファンのレポーター? みたいに時々登場するアイドルみたいな人がいて、知らなかったので検索したら…読売の某選手の元カノだったらしい(笑)。どういうカラクリになってるんでしょうか?

 ●女性関係がどうのこうの…というつながりで、祝勝会の前に選手が入場した時上田選手が「知人男性」というたすきを掛けていて、実況アナウンサーがマジで困ってて声出して笑ってしまった。こういう自虐っぽいネタはいいね。

 ●同じく祝勝会で、ロマン投手が「スケベ代表」というたすきを掛けてたり、コーチになった高津が最初は落ち着いてたのに、途中からシャンプーのボトルを抱えて選手を泡まみれにして廻ってたのも笑った。一番落ち着きないじゃないの。

 と、思わずそんなクダラないチェックをして笑っていたんだが、日本シリーズも絶対頑張ってほしいです、マジ。

「でべそ問題」勃発か?

1510161.jpg

 昨日(15日)はDaiichiや三洋の発表会があってバタバタだったのですが、後者の会場にて、「クジラッキー」の着ぐるみがウロウロしているのを発見し、当然一緒に写真を撮ったりしていた私。

 …でも…。

 なんか、な〜〜んか、以前見かけた着ぐるみと違うんじゃない?

 そんな“違和感”を感じつつも取材を終えたものの…。

 たまらず、ごそごそと以前撮った写真を探してみました。

 そうしたら…!!

 今年4月「ニコニコ超会議」の三洋ブースで撮った写真にて、決定的な証拠を発見!

1510162.jpg

 「でべそ」がなぁぁ〜〜〜い(笑)!!!

 あと、体型も全体的にずんぐりむっくりしてた! やっぱり、全然違うじゃないの!

 まぁ、見るからにニコニコの方が動きにくそうだし顔の状態が分かりづらいかもしれない。新しい方は、口の位置が妙と言えば妙だけど、コンパクトでキャッチーになったといえるでしょう。

 しかし、こんなにすぐ変更されるというのもパチンコのキャラでは珍しいかも。というワケで、とりあえずはここで報告しておかねば、と思った次第です、はい。

プロ野球ソングは永遠に

151012.jpg

 70〜80年代の頃のプロ野球選手って、どうしてすぐ何かっつーとレコード出してたのだろう。

 最近CSで色んなテーマに分類した曲の特集をやってて、70〜80年代の野球選手の回もあったんだが、ほとんど「ムード歌謡(デュエット含む)」か「演歌」ばっかり。しかも、小林繁、中畑清、江本孟紀あたりは妙に上手いし。番組でなぜか出て来なかったけど、松岡弘も自分で作詞作曲した演歌のレコード出したりしてた。

 そんな中、当時の若手連中はわりと歌謡曲に近い曲を出してて、人気ナンバーワンだった高橋慶彦あたりは「君の声が聞こえる」「うわさのセクシークイーン」など何枚もリリースしてた記憶が。今聴くと、本当に「断る選択肢はなかったのかしら?」と思いたくなるような内容なんだけど(笑)、売れてたんだろうねえ。

 そういえば、私は女子時代は野球キチガイだったのですが、よくつるんでた友達に慶彦の熱狂ファンがいて、当時年末などによくやってた「プロ野球歌合戦」のような番組で「ブランデーグラス」を歌ったからという理由だけで、裕次郎のレコード買ってたのにビックリしたことがあったなぁ…。

 あ、でもこの番組でアニマル・レスリーのレコードも紹介してたんだが、何と「メタル風」だった! 誰が作ったとかギターソロは誰かとか知りたいんだけど、なかなか詳細が分からず残念…。一応、ギターソロの部分がカットされてるけど動画があったので、下に貼っておきます。これ、いいわ〜。

 それにしてもアニマル含め、香川伸行とか大沢親分、小林繁とか、この時代活躍してレコードも出してたのに亡くなってる人、けっこういるんだよね…。それも改めてショックだけど、ともあれプロ野球関連ソングはいつ聴いてもいいものです、ハイ。



「傾奇者っぽい人」の告白

151011.jpg

 いよいよ現行MAXタイプの大トリ、『黄金仮面ノ花』が火曜日くらいからドドーーッと入って来るワケですが。…あ、一応まだ『自動二輪仮面全開』もいるけど、台数的に黄金仮面が大トリってことで…(汗)。

 今年に入ってから、もううんざりするくらいMAXばっかが出て来た中、結局私が一番相性が良かったのが『真傾奇者』でした。意外にも。相性というのは勝率が高い&打ってて面白いってことで、勝ってももういいや…っていうのは(機種名は言わない・笑)除外。

 傾奇者は、初代はよく打ったけどそれ以降は全然勝てない&つまらないバージョンとかあったりして、ちょっと苦手な方だったものの、何だか知らないが真は今のとこ大きくハマることなくコンスタントに勝てているイメージ。シリーズ独特の奇妙な「サクサク感」とか「保留変化なしでもけっこう当たる」ところも、改めて合ってるな、と思う。

 ただ、結局は荒くれ者のMAXなので、最終目的は出玉だけ。何というかクイーン、パワフル、ナナシー、羽根モノといった勢力とは「愛情」の量が違うっていうか、傾奇者は欲望(連チャン)だけの関係って言ったらいいのか(笑)。男という生き物の、おとなしい彼女だけじゃなくて狂った女とも遊びたい気持ちって、こういうことかもしれない(何なんだその例えは)。

 多分、そろそろシメシメ度もキツくなって来ると思うんで、真傾奇者では写真の25連というのが最高記録になりそう…。逆に、ST入って即抜けも1回だけあったんだけど、その時画面の称号には

 「傾奇者っぽい人」

 とかって書いてあって、ちょっとだけ笑えて怒りがおさまったような。これって、ずっとそうだったっけ? あんまり見たことないから分からないけど、こういう称号とか考えるのって、大変なんだろうなぁ…とも思ったりして。

 ちなみに、これ打つ時は「音量はMAXから1つ下、光量は最小」にいつも設定してて、角田さんの曲は大きな音で楽しむようにしてますね。一時期は家にいても「空へ」を口ずさむような状態だったけど、最近はサスガに飽きて来た。あと「キセルの刻」は有無が設定できるみたいで突入しないホールもあるんだが…それは論外でしょう(笑)。

 そんな感じで、連休明け以降は黄金仮面ノ花との相性がどうなのか、適宜探って行きたいところですな。

“アレ”をやらない男たち

 さてさて、少し告知が遅くなってしまいましたが、ジェイビーのサイトで書いている記事に、新作がアップされました。

 今回は今年2月から就任された新社長のインタビューを行ってまして、かなり興味深いメッセージを色々伺うことができたので、ぜひ読んでみて下さい。社長は私より2歳上で、SANKYOの営業畑をずーーっと歩んで来られた方ゆえ、まず同世代としての業界話が面白かったですね。大体、色々な「いわく台」とか「事件」の共通認識は一緒なので(笑)、この時はけっこう時間がなくて駆け足になっちゃったんだけど、できたらもっと「今だから話せる話」なんかもお聞きしたいと思いました。

 あと、年だけでなく出身地も近所だったり、営業で色々修行をされた地域に私がよく行くホールが含まれていたのも、すごく親近感がありましたね。「賛成多数」という方法ではなく「面白いもの」を尊重するとか、そういう考え方もユニークで力強くも思えるし、パチンコの好みもやっぱり同世代だから、「オリジナル&アナログ系」寄りで意見が一致。

 しかも、そういう考えはシッカリとジェイビーの方針にも根付いていて…

 「うちは、アレは一切やりません!」

 という、力強い宣言まで飛び出したのには…正直、惚れ申したーーっ(違う機種ネタを使うなよ)! って感じでした(笑)。

 いや〜、やっぱり“アレ”はねぇ〜…もうそろそろいい加減にした方がいいとも思うし、アレ頼りという状況が色々な部分で業界のしわ寄せになってるのは間違いないと思うし…。私個人も、ついついアレじゃない機種の方に引かれてしまうんですよね、やっぱ。

 と、ヘンテコな隠語ばっかりになってますが、そういう問題点やポリシーなどについても、記事を読んで考えて頂けたら幸いです。いわゆる「ヒット機種」に対する考え方なども、一読に値する面白い意見として知ることができると思いますよ。

ノーベルでノーブル

151008.jpg

 ハルキスト(笑)。毎年、この時期になると思い出したようにあちこちで出て来る単語なんだけど。

 私的には村上春樹って有名な人気(流行)作家というイメージで、ノーベル賞という感じじゃないのですが…。果たしてこれだけ受賞逃すと、候補の俎上に上げられているかも怪しいような…。

 それよりも、ノーベル賞関連でぜひ読んだ方がいいのは、日本人第一号受賞者である湯川秀樹博士の本だと思いますね。今のところ、今年読んだエッセイで一番面白かったのが、この「科学を生きる」という本。

 湯川博士は物理学賞受賞者だから、難しい理論ばかり書いてるのじゃ…と思うかもしれないけど(私もそういう先入観がありました)、そんなことは全くなくて。子供の頃の話から科学者としての悩みや日本という国に対する様々な思いなどなど、時には「万葉集」「徒然草」といった古典なども引き合いに出しながら、本当に読みやすく面白い文章でまとめてあります。

 各エッセイには書いた年も添えてあるんだけど、昭和20〜30年代に書かれたとは絶対に思えないような新しさや瑞々しさもあり、その度に驚きながら読み進めていきました。何かはっきりした結論が出るかどうかも分からない物理学を研究し続けることと、自分は何者で何のために生きているか? という人生に対する問いを行うことの共通点について、一歩下がったような位置から書いているところにも、真摯な人柄を感じさせます。

 私自身も、ある程度長く生きて来て心がけているのは「先が見えない時こそ、その時々を一生懸命に生きよう」ってことですかね。これって役に立つの? とか、ただ好きでやってるだけ…と思っていることが、案外後になって自分のためになったりするもんです。その中でも、読書は特にマルチな効果があると思う。

 何というか、こういう本に出会えるたび、大げさだけど「生きててよかった」と思えるんですよね。人生、死ぬまで“自分の価値は何か”を探していくものだと思うから。

春のM(※下品注意)

 そういえば、少々前の話になるんですが。

 編集の女性と話をしてたら、彼女いわく「高尾のショールームでビックリした」みたいな話になって。

 聞いてみると、新機種が入ってたので試打してたらギミックが動いたはいいものの、一体何の形か分からなかったというのです。で、一緒にいた男性に聞いたら「これ、M字開脚になってるんだよ」とのこと。

 それで彼女は納得したらしいのですが、

 ちょっと待て。

 いくらなんでもそんなギミックはないでしょう?

 などというやり取りを思い出し、一応高尾に寄ってみたのです。もし本当ならとてもホールじゃ打てないから(笑)、体験しておかねばと思って。

 しばらく打っていると、ギミックが発動した…!

1510071.jpg

 なーんだ、違うじゃん。女性の足と見間違えたんじゃないの?

 などと思った次の瞬間。

1510072.jpg

 M字、してました。ひぇぇ、マジだった!

 しかもね、ボーゼンと打ち続けていたら、色んなキャラでM字パターンが用意されているみたいなんですが。さらに、写真撮ってないけど手前のボタンがモッコリとせり上がったりするのと相まって、ほとんど「春画」の世界ですよこれは(絶対狙ってるハズ)。

 さすが、高尾。最近オシャレめいた路線に行っちまったのかと危惧してたけど、やはり我々の高尾だった(笑)。

 ちなみにちょっとパチンコとして印象深かったところも書いておくと、右側にもうすっかり釘がなくなっててビックリ。

1510073.jpg

 これは右打ち中のところなんだけど、上からウネウネした通路を玉が落ちて行き、ほとんどこぼれ玉なしで消化が可能。中央の、ちょうど玉が通っている部分は某SANKYOのボコボコ(真花月とかのアタッカー付近にあるストッパー)そっくりの仕掛けになってて、玉のスピードを調節しています。ここは、けっこう見どころの仕掛けかも。

 最後にちょっと笑ってしまったのは、ショールームに真面目なコンセプト紹介も書いてあったところ。

1510074.jpg

●高尾の実績ー萌えジャンルにおいて最大限力を発揮しているメーカー。

 という自己紹介? もありました。何やらRTCもあって、7の日限定で何かあるとか。いや〜、しかしちょっとこれは…オバサンには恥ずかしくて打てないなぁ…。ああいうキャラのキンキンした独特の声も苦手だしねぇ。最近増えてる萌え系は…やっぱオジさんたちにお任せしますわ。

オラは死んじまってない

1510061.jpg

 先日の『トキオプレミアム』に続いて、話題の羽根モノといえば…以前盤面とか載せた西陣の『ヘブンブリッジ』なのですが。

 こちらももちろん打って来ました。何やら中は写真禁止でショールームの外観しか撮れなかったため(笑)、言葉でどこまで伝えられるかって感じなんだけど、どうも初代とはハラハラするポイントが違ってるような…。

 初代は「ブリッジ」という機種名通り、左右に揺れる橋を玉がぐらぐらしながら上手く天使の方に行ってキャッチすればOKだったけど、今回はその「ぐらぐら感」があまり堪能できないですね。なぜなら、天使の方のVゾーンが横回転する回転体になってて、その振り分けの方が見せ場になってるから。だから、V入賞までのスピード感がなくなってしまってるのがちょっと残念。

1510062.jpg

 ↑この、中央にある「ヘブンズクルーン」っていうのがそれで、3つの小さいくぼみどれかに入れば大当りなんだけど、けっこう辛いイメージ。それゆえか、通常時ブリッジの動きは天使の方に転がりやすくなってるかも。

 あと、以前盤面写真載せた時は天使と悪魔の中央の「V」っていうのがVゾーンかと思ってたら、ラウンド抽選用のアナログ表示でした。上の「ヘブンズゲート」っていうのがそれで、『ラッキートマト』みたいに3種類の表示が回転して回数を決めるようになっています。

 それと、けっこう前作で好きだった大当り中の「オラは死んじまっただ〜」の曲は…この時打った限りでは、全くナシって感じで、それも残念。もしかして隠しとかであるかもだけど…どうでしょうか。

 ちなみにエウレカの新作も同時展示してて、もちろん打ったんだけど、個人的にはそっちの方が面白かった。いわゆる「SUPER小当りRUSH」タイプの第一弾で、確かに大当り間をチョコチョコとアタッカーが開いてつなぐ…というのは目新しさもあるし、私は好きなタイプですね。贅沢いうと、小当りRUSH中の画面がニルヴァーシュ(←こういう名前がスラスラ出て来る自分が怖い・笑)が空を飛んでるワンパターンだけだったのが、ちょっとつまらなかったかな。その辺も選択とかできるのか、実際に設置されたらもうちょっと探ってみたいところですけど…。

昭和なひととき

151005.jpg

 今日、先日A-gonで撮ってもらった写真を送ってもらえたので、早速アップ。ウワサの手打ち機『CRA-gon昭和物語』、打ってみました。

 手打ち機って、私がパチンコ打ち始めた頃(85年ぐらい)はまだ店によっては端っことかに残ってた記憶があるけど、当時は羽根モノに夢中だったから興味がなくて、全然打たなかったなぁ。手打ち式の雀球とかアレンジボールはよく打ったけど、今思えばもったいないことしたわ…(パチンコ博物館の牧野館長によれば、手打ちは平成13〜14年ぐらいまでは営業用で残ってたらしい)。

 まぁでもこの仕事始めて取材関係で打ったりはしているので、そんなに何十年ぶりとかってワケじゃないんだけど、やっぱり狙い所がバラついたりして難しいですね。100発も打つと指が疲れて来るし。

 この台は、見ての通り枠はSANKYOから供給を受けているそうで、中央の役モノも昔平和の『ジャンボスライダー』などの平台で使われてた振り分けタイプ。下に2回開きのチューリップが3個あって、最高14連動させれば200発以上が獲得できます。…が、いざやってみると縦に並んでるから難しい! 左右なら強弱で狙えるけどね。

 予定台数は1000台らしいのですが、打ち出すたびにインベーダーみたいな音が選べたりしてかなり昭和テイストが楽しいので、できるだけ沢山のホールに入るといいなぁ。

頑張れニッポン

 こんばんは、リーチマイコーです。一体、リーチマイコーというのが全て名前なのかリーチが名前でマイコーが名字なのか、それならなぜ「・」がないのか?

 そんなことはいいのですが、いや〜、ラグビーWC、サモアに勝ちましたなぁ〜! 何やら、トライの数が少ないから決勝Rに進めないかもという声もあり、なかなか厳しいのですが…ともあれ、日本中がまさかラグビーに熱狂してるとは。それ自体が充分スゴ過ぎる。4年後は日本開催だから、シッカリとその橋渡しもしているでしょう。

 私も、実は日本は弱いっつー先入観もあってほとんど見てなかったんだけど、たまたま先日ここで書いた龍太郎君がイギリスで現地取材しているので、南アフリカ戦の時「TVに写ってるかな?」くらいのノリで見始めたら…すごくいい展開で夢中になってしまい、すっかり試合を見続けているのです。日本は随分強くなってたんだね〜!

 ラグビーって、実際に競技場で試合を見たのは大学時代なので、もう30年ぐらい前か…。しかし感想は「あまり面白くない…」でしたね。まぁ学生チームだからか、すぐにキックして外に出して…というパターンばっかりで、試合がしょっ中途切れるのがつまらないと感じたんだと思う。しかしさすがに全日本代表の試合になると、見どころが多くて面白い。

 まぁ、例えれば「錦織の活躍で急にテニスファンやテニス関連番組が増えた」みたく、ラグビーも急にユニフォームが売り切れたとかあちこちの番組で取り上げたりとか、自分含め「にわか」的に盛り上がってるけど、それが「本物」になるかもしれないのがまた面白い。いい選手がどんどん出て来て底上げになっていったりしたら最高でしょう。

 そんな感じで、私もにわか丸出しっぽくも(笑)応援は続けまっす! 頑張れニッポ〜〜ン!

トキオの“キモ”(大長編)

1510021.jpg

 キキキ、キタァァァァーー!!

 いや〜、今日はA-gon発表会の後で平和のショールームに寄ってみたら…『トキオプレミアム』が設置開始してました! うぉぉぉ! とばかり、かぶりつくように打って参りましたよ(笑)。

 すでにアムテックスのサイトなどで出ている通り、今作は…

1510022.jpg

 スペシャルルートその2に『ニューヨーカー』の女神さまと…

1510023.jpg

 直撃ルートのてっぺんに『ブンブン丸』も復活しております!! ちなみにブンブン丸は、Vゾーンのところにもいますのでお見逃しなく。

 で、何はともあれ「スペシャルルート(左)から16R獲得」の動画が撮れたので、そちらをご覧下さい。歌がジュリーじゃない、とかそういうクレームはなしで(笑)。



 ちょっと画像が荒いかな(汗)? 無料のやつを使ってるんで、見づらかったらご勘弁なのですが、とりあえず打ってみて今作で良くなってると思ったのは…

 ●スペシャルルート(左右とも)に通ってからタワーに向かう際、手前のむき出しになったスロープを通るので視覚的に分かりやすい。
 ●7または16Rの振り分けをする上部のスロープが大きくなって、ユラユラが十分堪能できるようになった。

 と、まず何よりこの2つですかね。次に、変えてほしかったが変わってないのは

 ●Vゾーン入賞の分かりづらさ

 でした。前作も全体が透明だから(上に上がっていくところへつながっているのを見せたかったのかもしれないが)、どうもV入ったのを音で判別することも多かったのですが…今回はさらにブンブン丸の振り子みたいのがあってVが小さめなイメージで、分かりづらいかな〜と思った(もしかして規制とかで玉の移動を見せないといけないのかな…?)。

 それから、ちょっとどうかなぁ〜? と思った部分は…

 ●手前にゴチャゴチャあり過ぎて液晶画面がほとんど見えない(笑)のですが、必要だったのでしょうか? 大当り中は、花火とかキラキラして背景としてはキレイだけど。
 ●ノーマルルートがすごくシビアになってしまった気が…。いや、試打ではノーマルでも当たったけどよっぽど鳴きや拾いが良くないと、前作より厳しそうな感じ。

 と、今日はまずそんな印象だったのですが、全体的にはもちろん「面白い!!」ので、多分あと3回くらいはショールーム行っちゃうかも…(汗)。まだ全然大当りの曲の種類とか聴けてないし。

 で、最後に「元祖トキオ女子(笑)」として、カタログで気になったところがあるのですが…

1510024.jpg

 この「トキオならではのゲーム性」ってところが、どうも違和感を感じるのです。トキオのキモって、ラウンド抽選のために玉が持ち上がっていくところじゃなくて大当りをゲットするために「タワーを玉が抜ける」っていう部分だと思うんですけど…。

 初代とか『ニュートキオ』『ニューヨーカー』などを打っている人ならお解りの通り、役モノでタワー(女神)を玉が抜けないと何も始まらないっていうのが、このシリーズの“キモ”のハズ。ラウンド抽選で上がっていく云々は『トキオデラックス』で追加された機能だから、もちろん見た目が楽しくて人気もあるけど、ミニタワー(女神)を抜けてSPに行くと大当りへの激アツポイントっていう、そこが今回も生きているのがトキオならでは、じゃないかと…。

 な〜んか、そんなところが引っかかりつつも…今回も、導入楽しみにしてます!

爆弾低気圧ガール

 …て〜きあつガ〜〜〜ル♪(たつろーばりの高音で)

 などと意味なく歌ってる場合じゃない、10月とともにやって来た爆弾低気圧とやら。何だかスゴい風と雨がまるで台風のよう。明日もこんな状態だったら嫌だな…。

 そんな中、パチ業界でも低気圧が荒れ狂っており…セガサミーのIRによればエレックの希望退職者を募っているそうで、長年お世話になった広報の方も辞めるとの連絡が…ううう、悲しい…。今後エレックは拠点を池袋に完全に移すみたいなんだが、もうエレックらしさというかある意味狂った台(ほめ言葉です)も出なくなっちゃうのかなぁ…。奇しくも、「サムライチャンプルー」とかの製作会社が破産というニュースも今日流れてたしね…。

 あと最近現行MAXタイプの撤去予定だとかメーカーの下取りだとか話題になってるけど、そういう細かい決定事項も明日業界団体から発表されるみたいで、それによってはさらに色んなところに特損とか発生するかもしれない。

 と、だんだん気分も低空飛行気味になってまいりましたが…本当、どうなることやら。最近のニュースでいい話って、マルホンの復活ぐらいですかね…? あ、あと羽根モノとか手打ち台がいくつか出るというニュースもあったか。これからもっと、そういう話題が少しずつでも増えていくといいのですが。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。