スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんの、思い出?

150930.jpg

 何やら、世間は福山雅治の結婚がどうだとかやかましいのですが。

 どうも「世の女性たちはみんな嘆き悲しんでいる(いやいや、全く興味ないから)」とか「このせいで所属事務所の株価が急落(いやいや昨日は全体的に暴落したし、個別でもそれまで上がってた反動が大きかっただけだから)」などと、いかにも影響が大きかったかのように騒いでいるのに苦笑せざるを得ないのだけど、パチンコマニア的には福山雅治ってちょっと引っかかる人物ではあるのです。

 というのも、1988年に公開されたパチンコがテーマの映画「ほんの5g」に、この人がけっこう重要な役割で出てたからで、後で知ったんだけど俳優デビュー作だったとか。確か富田靖子の彼氏の役で、パチンコ店のボンボン役のフッ君と靖子を取り合う…みたいな流れだったと思う(ちなみに尾美としのりも、ちょい役だけど出てました・笑)。

 私ももちろん観に行ったし、同時上映がこれまた私が好きなクレイジーキャッツの「会社物語」という作品だったから、余計印象に残ってるんだよね。その時にもらったチラシも、写真のように1枚が半分に分かれてて2作同時にプリントされてるような体裁でした。

 ほんの5gには武蔵小山の「26号線」というホールと西陣が協力してて、作品中にも西陣の台しか出て来ません。中でも圧巻(というより何だこれは! って感じ)だったのは、『スーパールーキー713』っていうデジパチを靖子が打ってて、当たったけど玉が無くなってしまいパンクさせてしまった。それを知ったフッ君が、靖子のために同機種全台を無理矢理大当たりさせ、玉をめちゃくちゃに溢れさせて2人がパチンコ玉に埋もれてしまう、みたいな場面。…相当なもんでしたよ、これは(今思えば、大当りをホールがコントロールできるってことにもなっちゃうからねぇ・笑)。

 今、深夜にCSとかでやってるパチンコ・パチスロもののVシネマなんかは、ほとんどがエロいシーンが出て来たりしてすっかり「別物」だけど、こういうパチンコをテーマにした普通の映画って、思えばもうないよね…。そういう意味でも貴重な作品の一つかも。

 と、そんなことを結婚の話題から思い出していたのでした。ちなみにお相手の女優もよく知らなかったけど「元近鉄の吹石の娘さん」という部分で「ええーっ、そうなんだ!」と反応したり。現役選手の頃よく見てたからね。まぁ、そんなもんですよ。
スポンサーサイト

元祖ツバメ女子(笑)

1509291.jpg

 私ヤクルトファン、なんですよ。一生懸命だったのは20代ぐらいまでだったけど、今でもセでは一番応援してるし、今日も仕事しながらCSで試合見ちゃったし(優勝はおあずけだったけど)。

 今でも持ってるのが、上の初優勝(1978年)とV2(1992年)の時のスポーツ新聞。今日、何やらツバメ女子みたいな人が14年間待ってました! みたいなこと言ってたけど、この当時の狂喜に比べたらまだまだって感じでしょう。

 V1の後は確か万年最下位的なブラック時代が訪れ、阪神の初優勝の時なんか神宮で屈辱を味わったりもしたし…。選手は池山とかルックスのいい若手が揃って来て、昔のおっさんばっか(八重樫、安田、松岡あたり・笑)とはだんだん時代も変わっていったんだけどね。

1509293.jpg

 あと、こういう応援グッズももちろんまだ捨てずに持ってますね。当時(30年近く前?)は500円ぐらいのメガホンとか応援バットに、別売りの番号シールを貼付けてオリジナルの応援グッズを作るのが流行っててね。栗山好きだったから、46のシールばっかりだけど(笑)。あと、法政の先輩で取材したことある秦さん(26番)とか。他に、小旗もまだあるけど傘はないなー(笑)。

 今応援席見ると、こういうの持ってる人ってやっぱりもういないね(笑)。また神宮行きたいなーとか思うけど、さすがにこれ振ってたら恥ずかしいか…。

 ところで、最初の写真のスポーツ紙で78年のやつをそーっと(ボロボロだから)見てたら…

1509292.jpg

 すでにエロコーナーみたいのがありました(笑)。ていうか、記事自体は「ダサい男は卒業しようぜ!」みたく、ファッションなどについて書かれているんだけど、写真がナゼか外人のトップレスになっており、キャプションにこんな言葉が…

 「私にはどんな衣装がピッタリか、誰か教えてくれない?」

 …何なの、この無理矢理感。まるで「これはエロ記事じゃない!」と、突き通しているかのような。

 当時は満員電車に乗りながら、オジさんがこういうコーナーをこっそり見ていたのでしょう。そんなことを思うとなんか、牧歌的でいいですよね(笑)。

 って、なんでこんな話になってるのかよく分からないけど、とにかくヤクルト久々の優勝に向かって、頑張れー!

楕円銀河の夜

150918.jpg

 初めて紹介します、私のボディガードです。

 …ってもう何回目よ? と呆れてしまったらかたじけない、このたび「パチンコ必勝ガイド」編集部員の龍太郎君が退社&独立することになり、先日行われた送別会で撮った写真です。

 龍太郎君とは、彼が入社した2000年ぐらいからよく一緒に仕事することが多く、現在も「PACHINKO GENERATION25」っていうページを担当してもらっています。これからもフリー編集者として引き続き担当を続けてもらえることになったので、まぁそんなにお別れって感じでもないんだけど、一区切りということで。

 今後は会社の社長としてもラグビーなどの書籍関連中心で仕事をしていきたいとのことですんで、もしここを見ている方で何かありましたら、声を掛けてあげて下さい!

 それから、私は大体ソロで仕事をすることが多い(※自前の資料や人脈などでほとんどできるから・笑)ので、他のライターさんとかほとんど交流がないんだけど、この日は久しぶりにおマニアな妹分? の栄華さんとお会いできて、ディープな話(例えば、特殊な電飾のホール情報や、キッチュなパチンコ雑貨など)で盛り上がったのも楽しかったです。彼女とは、機会があれば何かドロッドロのディープなお仕事でも一緒にできたらいいね、という話もしていたので、キッカイな企画のお知らせができるかも…? しれません。

 というワケで、今後も「パチンコ必勝ガイド」そして龍太郎社長をよろしくお願いします。

天国と地獄と羽根モノと

1509171.jpg

 結局、昨日書いた件はまだたれ込みメールとか来ないので、どうなったの分からないんだけど、それより私的に興味深いリリースが来ました…!

 西陣のウワサの『CRAヘブンブリッジ』! なんか、盤面を見ると上の方に並んだアルファベットの書体とか雰囲気が『ビッグシューター』っぽくてやや違和感を感じるけど(笑)、役モノもVゾーンの位置が中央? になってたりして、どういう動きになってるのか気になります。

 ちなみに初代が出た頃は、羽根のところに「地獄」っていうマイナスイメージの言葉をくっつけることについて、相当抵抗があったらしい。昔のパチンコには意外に「タブー」が多くて、他にも「黒を多用しない」「死などマイナスイメージの言葉を使わない」などあったものの、いつの間にか黒い枠とか「死」って書いてあるギミックとか(笑)、平気で使うようになってるのも、時代の流れ(意識の変化?)を感じます。

 盤面写真は残念ながらこれが現時点でせいいっぱいのサイズだから、まぁ追々情報が出て来るのを待ちたいところ。あと、スペックは…

1509172.jpg

 賞球以外はほとんど似てる…? ちょっと前作の細かい数字がすぐ出て来ないけど、ぱっと見シーソーの橋みたいのもなさげ? なので、貯留機能っていうのがどんなのか気になります。

 それにしても、西陣は一時期「羽根モノの西陣」などと呼ばれてたくらい“お宝級”の台がまだまだ沢山あるはずなんだが…。羽根モノ自体、リメイクは相当久しぶりだよね? これから嫌でも遊べる台のニーズも高まることだし、中途半端なデジパチ類のリメイクはそこそこにしておいて、どんどん羽根モノを出すべきだと思う。

 オーソドックスなヤツだと『マッハシュート』『レッドライオン』、磁石もOKになってるから『スーパーブラザース』『火の玉ボーイ』あたりも出せるし、変り種だと『スケボーキッズ』『ドッカン島』なんかも、今でも十分ウケるでしょう。

 西陣復活の道は、羽根モノ復活にしかない! と、思うのであります、マジ。

神様とバイオレンス

 今日(16日)は自分にとって神様のような方と対面することができた、素晴らしい日だった。話せば話すほど、自分の熱い思いが相手に伝わるのが分かって来て、本当に嬉しかった。引き合わせてくれた方にも、心から感謝しております。詳しいことはまだ書けないんだけど、そのタイミングが来たらここでも興味深い話を色々紹介しますので…。

 さて、今夜は日本の国会が大荒れで、TVではバイオレンスの渦が巻き起こっている様子などを延々と映している。国民の一人としては、もちろんその行方も気になるところだけど、実はパチンコ業界でも今「山場」ぽい状態に突入している。

 ていうか、もういろーーんな人がいろーーんなこと言うから、よく分からなくなってるけど(ありがち・笑)、ウワサの流れを追うと…

 当初、MAXタイプは11月から2年ぐらい設置させてくれ〜という陳情があって、そんな流れになりそうだった?

 ところが、2機種ほど一日に10万、15万発出ちゃった台があって、お上が激おこ&2社呼び出してお叱り?

 激おこ状態のお上は「何が2年だふざけんな、11月いっぱいで全部外せ!」と号令?

 慌てたメーカー組合が上申書みたいのをまとめて、ホール組合に提示? 撤去の際補償を付けるとか?

 明日(17日)にその回答が出て、お上に答えを聞く??←今ここ??

 と、そんな感じで全てにクエスチョンマークが付いてて申し訳ないのですが(間違ってたらすみません)、ホールはこれから発売するMAXを入れるか困ってると聞くし、雑誌もそういう売れ筋の本を出せなくなるか危惧してるし、11月末とか年内撤去となれば、ものすごいしわ寄せが来るかも(ブルブル)。

 とにかく、明日がパチ業界にとってもバイオレンスな日になりませぬように…。

見え過ぎちゃって藤商事

150912.jpg

 昨日は藤の319タイプ(現行MAX規制後も使えるタイプ)第一弾『CR RAVEこの世界こそが真実だ』発表&試打会があったので、ちょっくら行って来たのですが。

 ショールームで1台だけ空いてるのを見つけて座った私は、「あれっ?」と違和感のようなものを感じた。これって…そういえば、前回ここに来て打った時も感じたことがある、と気付く。何というか、座った台にガラスがはめ込んでない…すなわち「演出を見せるための台」に、間違って座ってしまったのではないかと焦った…みたいな感じと言ったらいいでしょうかね。

 でも、よーーく見るとわずかに光が反射してるので、とにかく打ち出してみる。…ああ、やっぱりガラス入ってた。

 と、他社のショールームでは体験したことがないような不思議な感じが気になって仕方ないので、打った後で知っている方に恐る恐る聞いてみたのです。このガラスって、何か通常と違いますよね? って。

 そうしたら、すごく嬉しそうに「分かって頂けましたか!」と来た。ああ、やっぱり。お話によれば、反射率が非常に低い特殊なガラスを使っているそうで、

 「少しでも弊社の台を奇麗に見たり写真撮って頂いたりしたいので、このガラスに替えました」

 …ちょっと、聞いた? 何という自社機愛。

 このガラスのスゴさは特に、上に貼った写真の「画面が暗転した状態」でよく分かると思うのですが、ほっとんど映り込んでないでしょう? これはいいわ〜〜! ぜひホールでも使ってほしい! と思ったんだけど、残念ながらコストがすごくかかるそうで、ショールームのみの使用となっているそう。むぅ、残念。

 まぁだけど、このガラスは他社のショールームでも是非是非使ってほしいですね。今まで何回も、自分とかが映り込んじゃって写真が使えなかったことがあるし…。通常時の見栄えも全然違うしね。今後このガラスが流行ることを期待してます!

“変態”と“禅”の間(はざま)には…

 昨日、遂に発表された『CR餃子の王将3』。もちろん発表会に行って来たのですが。

 前作に引き続いて「飛び込み役モノの振り分けでスタートに入ればデジタルが回り、揃ったら大当りで右打ち→電チューが連動」という流れは同じなんだけど、飛び込み付近がデジパチのヘソ風、役モノが羽根モノ風になってるのが特徴かな。

 で、ドット部分は今回も3つの演出から選べて、初級の次に上級、そしてその上に「超級」っていうのが新設され…

1509101.jpg

 なにやら説明ボードや資料によると「パチンコマニアな方へ」などと銘打っているではないの! でも、ただの一発告知なんでしょ? どういうこと? と、ちょっとモヤモヤしながら実機の試打へ。

 他のメディア関係者が「初級」や「上級」を選ぶ中、私は速攻でボタンを押して「超級」にしようとすると、他の時は「しょきゅうも〜ど!」とか「じょうきゅーも〜ど」とか女の子の声で紹介するのに、「超級」の時だけ

「がぉぉ〜〜〜!」

 みたいな、変な鳴き声が。…これは…豊丸だし…何か…何かあるに違いない…。という予感がビビーンと来て、とにかく打ち始めたの。

1509102.jpg

 超級モードでは、ドットにこういうハイビスカスまたはパトランプが表示されてて、スタートに入るとデジタルが回転…回転……あれっ?

 …し〜〜ん…

 そうです、予告やリーチどころかデジタルの回転すらもカットされ、本当に当たった時だけ告知するという究極の表示になってたの! だから、ほぼ静寂の中で打ち続けるということを続けねばならず、今のうるさい台に慣れた人にとってはある意味「苦行」であるかもしれない。そう、もはやこれは…

 “変態”を通り越して“禅”。

 とはいえ、オジさんのあなたはこう言うかもしれない。

 「昔の一発台や電役なんか、ほとんど音なんかしなかったぞ(笑)」って。

 それは分かってます、私も同年代だから(笑)。でも、でもね…。確かに、その当時を再現しようとか、どこのメーカーも思いつくとしても。

 現代のパチンコでそれを実際やっちゃうのは豊丸しかない。

 ってことを、忘れてはならない(おい)。まぁ可能性があるとすればJBあたりもやりそうだけど(笑)、さらにこの「超級」では、一回当たった後にはもう一つ変な表示が出て来るなど奥も深そう…。もちろん、ホール入ったら「超級」以外では打ちません!

 というワケで、偶然超級で当たった時動画撮ってたので、最後にちょっとだけ。密かに7セグが揃っていたようだ。急だったから、慌ててカメラを上げてたりする臨場感に溢れた映像となっております(笑)。マニアの人は、導入お楽しみに。

書きたい、書けない?

  今必勝ガイドで約25年間の業界動向や自分の仕事などを振り返る企画をやっているので、古い雑誌や原稿を読み返したりすることが多いのですが。ふと、以前仕事していたいくつかの雑誌が今どうなっているのか検索したら、ほとんどが休刊になってて驚いた。

 そういえば少し前、昔の人気番組「電波少年」再放送の録画を見ていたら、1993年4月の放送分で番組から誕生した「電波子」っていう女の子と松村が、色々な出版社を廻ってグラビア採用を売り込むというコーナーがあった。そうしたら、雑誌編集部の映像とともにその表紙や発行部数が出ていて、とりあえずメモったのはこんな具合。

「週刊文春 85万部」「CREA 27万部」「テレビライフ 31万6000部」「Momoco 25万部」「BOMB! 30万部」「月刊明星 80万部」「Duet 25万部」「週刊東洋経済 6万5000部」「あんぷろあ 10万部」「戦車マガジン 4万5000部」「月刊ボディビルディング 2万部」「さぶ 3万部」「マガジン・ウォー 20万部」「おちゃっぴー 20万部」

 このうち、ざっと検索して今ない雑誌(会社も)が半分弱で、続いててもおそらく発行部数がここから増えているものは皆無と思われ…(ちなみにガイドも、この当時は多分月に80万部以上は出ていた記憶があるけど…)。

 何だかここ10年ほど記号のように「出版衰退、出版衰退」っていう言葉を見たり聞いたりするけれど、中でも雑誌は確かに急激に落ち込んでいると思う。電車の中で雑誌読んでる人、いないもの。新幹線とかなら、オジさんがたまに週刊誌読んだりしてるけど…。

 と、こんな「今さら」な話題を取り上げるのは、私のような「文を書きたい」人間はこれから商業誌でなかなか書けなくなっていくのかなーってことを改めて思ったからで、まぁとにかく自分が出来そうなことをもっと推し進めていくこと、しばらくはそういう前向きな姿勢でやってかないといけないなと思う。

 あとは能力を潰そうとするんじゃなくて、認めたり生かしてくれようとする人とのご縁を大切にしなければね。仕事って、人との巡り合わせも本当に大切。いやけっこう、それがスタンスとかをほぼ決めていくといってもいいかも。

コンニチハ、佐●研●郎です

150902.jpg

 忙しくて書くのが一日遅くなっちゃったけど、昨日(9月1日)という日は何だったのでしょう。

 朝起きたら前夜寝落ちしたけどまぁ勝ってるわよね、とか思ってた錦織選手は全米OPテニス一回戦で負けてるし、昼間は日経平均株価が700円以上もドカーン! と落ちてるし、夕方には↑しばらくお騒がせだった東京五輪エンブレムが使用中止決定、とな。

 思えば昨日は「防災の日」だったにもかかわらず、ほとんどの人がそういうニュースばっかり気を取られてしまっていたのじゃないかしら。たまたまとはいえ心配な状況だから、少しズラしてでも防災に関する番組とかもっとやった方がいいんじゃ? とか思ったり。

 そんな優等生発言はともかく、今回のエンブレム騒動でなぜか思い出してしまったのが、自分の浪人時代のことでした。予備校の人気講師の中には授業が始まる前に必ず机に置いてある生徒からの手紙を朗読する人が何人かいて、当時からクダラないことで目立ちたくてしょーがないティーンだった私ももちろん、しょっ中クダラない手紙を書いては机に置いておいたの。

 手紙のパターンは大体決まっていて、
「コンニチハ、●●●●です」と、その時話題になっている人物になりきってクダラないことを書くワケです。まず最初の挨拶部分で大きな笑いが取れるかどうか。そこが一番の勝負のポイントだったの。

 で、今回思ったのは今そういうのやってたら、確実に何人もが「コンニチハ、佐●研●郎です」という出だしで笑いを競っていただろうなぁ、っていうこと。ま、今当時の私に何か言えるとしたら「そんなことやってねーで勉強しろ!」だろうけど(笑)、ああいう感性というかノリは今の仕事に役に立ってるなぁとも思うんで、結果オーライだったか。そういうことにしておきましょう。

 しっかしさぁ、大丈夫なのかね…東京オリンピック…。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。