スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルホン父さん

150313.jpg

 「マルホン工業が、名古屋地裁に民事再生法申請」

 …いやぁ、このニュースには本当に驚きました。思わずブログタイトルを誤変換させてみたものの、何のごまかしにもなってないですね、はい(おい…)。

 私は仕事ではもちろん、古いサイトやこのブログでもさんざんネタにさせてもらって来たので、とりあえず何回かに渡ってマルホンのことを色々書きたいと思ってるんだけど、まずはその懐かしエピソード的なモノをまとめてみました。思いつくままゆえ、後で追加したり訂正する可能性もありますので、またその際は告知します。

<マルホンについて(私が取材した記事やメモなどから)>
●社名の由来は…「何か縁起をかついだものらしいが、詳細は分からない」(1998年のマルホン特集取材で、幹部に質問した答え)
●リーチアクションの元祖は、マルホンの『スリープパート3(87年)』というデジパチ。これは有名。
●90年代にすでに開発部員に女性がいて、『ファンキードクター』『雀士ウーロン牌』などデザインを担当していた。
●マルホンは、一番早く工場の全オートメーション化を実現したメーカー。90年代には、他メーカー関係者がこぞって見学に来ていたらしい。
●「ドラム」表示のアイデアは、マルホンがルーツという説あり。
●マルホンの羽根モノ一号機は『マイジュークボックス』で、ラウンドごとにBGMが変化するのが当時としては凝っていた。
●マルホンといえば、オールドファンなら「一発台」というイメージ。『センターフェース』『プリズム』『ビッグポーター』などなど、80年代を中心に一発台市場? を席巻した。
●90年代の羽根モノには、パクリが多かった(笑)。『エンジェル(うちのポチ?)』『スーパーゴルフ(マジックカーペット?)』『ラッキーボーイ(魔界組?)』『アクロバット(ローリングマシン?)』などなど。今考えると、よく怒られずにずーっと出してたもんだと思う。
●人気羽根モノ『ファインプレー』には、実は役モノ構造が一緒の『タイムスリップ』というマイナーな前身機があった。
●90年代のマルホンのデジパチのリーチでは、いわゆる「キチガイ沙汰」の大騒ぎが印象的。音もそうだがキラキラ…いやギラギラと点滅したり表示自体が動いたり、当時としてはマジで「ウザ」かった。すみません。
●液晶画面の一号機は『キューティーガール』。しかし表示ではしばらくの間圧倒的にドットや7セグ系が多かった。
●時短中「残り何回転」という表示を初めて使ったのは、1995年『CRスパークシュート』。某スロメーカーが特許を持っていたため、当時限られたところしか使えなかった。らしい。

 とりあえず、こんなところでしょうか。追って写真とかもっと探して、また加筆したいと思ってます。

 それにしても、確かにホールがガラガラなのを見たりして「パチンコ市場の縮小」を感じることはあれど、サスガにメーカー(それも、中堅という位置づけ)が倒産するというのは、ショックがでかいですね。聞いたところでは社員全員解雇で、その人たちはコスモイーシーやマミヤオーピーといった会社がバックアップするとか。

 個人的には、どこかが救済の手を差し伸べて「マルホン」ブランドをなくさないでほしいと思うけど、負債額もけっこう大きいし今は買収よりも内部から新ブランドを作る方が簡単らしいので、それも難しいのでは、という声もあり…。う〜む…。どうなるのか、見守っていきたいところです。
スポンサーサイト

Pachinko Generation 25

1503051.jpg

 「あっ、くまだ!」「あっ、神保だ!」

 …などと、とりとめもオチもないことを考えては挫折しておりますが(見なかったことにして!)、とり急ぎお知らせがちょっとだけあります。

 まず、本日(5日)発売の「パチンコ必勝ガイド」にて、新連載が始まりました。タイトルは「PACHINKO GENERATION 25」といい、今年ライター生活25周年を迎えた私が、これまでを公的&私的に振り返るというもの。もちろん、その年のヒット機種をはじめとっておきの秘蔵写真やグッズなども掲載して、資料的な価値も高いものにしようと思っています。

 今回は、序章として私がパチンコと出会った85年から業界に入る直前の89年までを特集していますので、どうぞお見逃しなく! 誌面で書ききれなかったことや、クダラない裏話なども、ここで追々フォローしていきたいと思っています。

1503052.jpg

 もう一つは、これもちょうど5日に公開されたのですが、SANKYO公式サイトの「SANKYOヒストリー」にて、歴代機種の紹介文を書いています。初代フィーバーから最新機種まで、その流れをぜひお楽しみ下さい。なお、古いものの中で俗にいう「一●台」的なモノについては詳しいゲーム性に言及していませんが、細かい動作はみんなの心の中で生きているのです(おい)!

 ていうか、サイトを確認したら私の名前がクレジットされているのでややビックリなんだけど、いいのでしょうか(笑)。というワケで、ここでも軽く宣伝させてもらいました。

球界王の悲劇

1503031.jpg

 今日はまだ忙しいので、ちょっとだけ…!

 昨日、西陣の『CR甦りぱちんこ花満開』の発表会があって、この機種は一台で『CR花満開』『麻王』『花鳥風月』『CR球界王』の4機種が楽しめるというのがウリとのことなんだけど…。

 上の↑写真で表示されている『CR球界王』の読み方は、「きゅうかいおう」ではなく「きゅうかいキング」です!

 西陣の人もソフィア(製造会社)の人もゲストも、全員間違っててすっごくモヤモヤしていたので(笑)、とりあえず書いておきたい次第です。ていうか、元々93年に西陣が発表した時、わざわざ球界KINGっていうルビをふっていたんだけど…(笑)。

 みなさんもツイスターとか何とかいうやつで、拡散して下さい(おい)!

 ちなみに西陣のショールームに久々に行ったら、“新兵器”が置かれていたのにビックリ! 何やら、昔のデジパチとかの画面や部品がくっついているボックスで、リーチや大当りが見られるというもの。

1503032.jpg

 中でも、私の目を引いたのがコレ。おおー、新要件第一弾の『ルーキーデルタ』じゃないですか! 確か表示の丸い部分のサイドに磁石があって、玉がくっつくと中央ヘソ部分に落ちるのが可愛かった記憶が。

 この頃はスーパーリーチもまだないしヘソは7個戻しだし(確変もないことになってたし)、大当たりすれば2400個出たしね〜。まぁ、さっきの『甦り〜』も当時へのオマージュを込めて、リーチは最長で45秒くらいだったり2400個出るようにしてたり、けっこうゲーム性自体は近づけようとしているようなので、導入されたらぜひ打ちたいところですが…。

春の「いいね」を探そう!

 気付くと、もう3月。

 なんだか少しずつ暖かい日が増えて来たり、夕方の日脚も長くなってたり、そろそろ春のきざしが感じられるようになりました。

 春といえば、入学や就職など新しいスタートを迎える方もいるでしょう。

 もちろん、春に浮かれて始まる恋愛もあるでしょうし、とにかく何かが始まる予感や期待感でワクワクするような季節。

 そうだ、パチンコもこの機会に始めてみよう! …という人も、いるかもしれません。

 そこで。

 今回は、この春登場する新機種の中から、私が「いいね!」と思ったオススメ機種を紹介しましょう。

 うららかな春の日、心が弾むようなパチンコ新機種…

 それは…

 タイヨーエレックの『CR嘘喰い』です。

 早速、盤面写真を紹介します。チャンスの時に、両端からギミックが飛び出して来るのに注目です。そのギミックは…


1502281.jpg

 「生」と「死」

 …いや〜、ビックリしました。「死」って。これまでパチンコでは「黒を使わない」「マイナスイメージの言葉を使わない」など様々のタブーがあったものですが、ことごとく破られて来ており、遂に「DEATH」とかではなく直接的な「死」が使われるようになったとは!

 しかもこのギミック、近くでよく見てみると…

1502282.jpg

 お仏壇風。

 何やら、盤面に向かって手を合わせたくなるのを我慢しつつ、さらにチャンスの「ギミックが裏返ってスパークする」場面になると…

1502283.jpg

 死神出現。

 …ひぃぃぃーーっ!

 よく見ると、スタートチャッカーも

1502284.jpg

 ドクロづくし。

 あわわわわわ…(汗)。

 この機種を、心ときめく春にデビューさせるエレック…素晴らしいわ!

 ぜひぜひ、このギミックは実際に見てみて! マジでびっくりするから(笑)!

==========================

 1502285.jpg

 さて、「いいね」といえば、ちょっとだけパワフルのネタも。

 パワフルは、Vゾーンがある頃は大当り中V入賞すると夢夢ちゃんが「ラッキー!」って叫ぶのはおなじみですが、今のデジパチタイプにはVゾーンがない。

 今回のパワフルは、大当り中ラウンドによって「ラッキー!」と言ったり言わなかったりするんだけど、ランダムかしら? って感じでさほど気にしてなかったら…。

 ある時、1ラウンド中10個くらい拾ったら(※この機種は、1ラウンド7カウントでアタッカーが閉まる)、夢夢ちゃんが「いいね!」みたいなセリフを言ったのです。

 …あれ、何今の? と、それ以降カウントを気にかけていたら、どうやら
  ・7カウントきっちり→無言
  ・8〜9個拾う→「ラッキー!」
  ・10個(以上?)→「いいね!」
 と、叫ぶようになっているようだ。ていうか、結局10個拾ったのは偶然ブドウみたいのが一瞬出来てドバッと入ったからで、なっかなか8個以上は無理。なので、「いいね!」というのも1回聞けただけで確証はないのですが…。

 まぁ、勝負とは全然関係ないつまらないコトなのですが、多分オーバー入賞に関してはメーカーが公式に発表したりしないと思うので、マニアックなネタとして一応書いておきました。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。