スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんこの国の、ヒトだもの

1302171.jpg

 ある人のブログで知って、ずーーっと行きたかった和菓子バイキング。和菓子や日本茶が大好きなアタシ、やっと行って来ました。

 場所は中延(品川とかの近く)にある丸京庵という和菓子屋さんの喫茶コーナーで、HPには土日祝日13時〜16時開催って書いてあったんだけど、実際行ったら金曜もやってて時間が12時からになっていました。

1302172.jpg

 まずは第一弾。串団子やどら焼きの種類が多くて迷っちゃったんだけど、どら焼きはこの「いちごどら焼き」にして大正解! 生クリームと白あんをミックスさせたような、超〜おいしいあんの中に細かく切ったいちごがギッシリ。日持ちがするなら、お土産にも買いたかったくらい。

 …が、この一皿でけっこうお腹に溜まってしまい、この次はミニ道明寺とミニおしるこでヤバい状態に。で、でも、まだ食べなければ帰れない「目玉」があるのよっ…!

1302173.jpg

 それが、この「揚げどら焼き」。アタシは「イタリアン」というのを食べたんだけど、どら焼きの皮にミートソース&チーズをはさみ、衣を付けて揚げてあるというもの。正直、最初はピンと来なかったものの…揚げたてを一口かじったら…「おいしいーっ!」。

 やっぱり、目玉商品だけあって本当に美味しかった! 甘いあんこ系のやつも、今度絶対挑戦したいわ。

 和菓子バイキング、あまり他ではやってないし安いしマジでオススメです!
スポンサーサイト

ガンダム、いっきま…した!?

1302151.jpg

 昨日はSANKYOの『CRフィーバー機動戦士ガンダム』発表会があって、アタシも行って来ました。けっこう規模も大きくてあちこちでニュースになってたみたいなんだけど、中には「ガンダムのパチンコは初めて」って書いてるメディアもあったみたい。

 アタシはガンダムシリーズ詳しくないけど、サミーが99か2000年ぐらいに『CR SDガンダム』っていうパチンコ出してて、その「SD」っていうのは正式なガンダムじゃないの? それとも単に記事書いた人が知らないだけ?

 てな感じで気になったので、当時の懐かしグッズを引っ張りだしてみました。サミーのパチンコは、正直当時まだまだ発展途上の状況で(※サミー自体、パチンコに参入したのが1994年なので、かなり新参者扱いだった)、この機種の内覧会も大盛況とはいえず…。

 お土産は写真のマグカップだったんだけど、これも受付に積んであって「ご自由にどうぞ」って感じでヤル気ゼロ風。持って帰るための袋も用意されてなかったので、バッグに無理矢理押し込んだのを憶えてます(笑)。

1302152.jpg

 箱の裏側には、ナゼか機種紹介がプリントしてある。あ〜、当時はリーチ5〜6種類でも「多彩な演出」だったんだよねぇ。スペックも、318.5分の1で確変50%という、割とよくあった感じのタイプ。リミット解除したばっかだったから、その辺も強調して書いてあります。

 ちなみにこれ以来、パチスロでしかガンダムって出てないってことは、争奪戦がすごかったのだろうか? とはいえ、パチスロで出したのが絶対的にヒットしたワケでもないし…(ラスター系のやつは、ほとんど見なかった)。特にもう版権モノが成熟しきってる時代だから、どれだけ中身でもウケるかだよね。

 そうそう、SANKYOのガンダムは専用枠にもうガンプラみたいのがくっついてて、シリーズで出す気満々では…と思ってたら、やっぱり何シリーズか契約してるみたい。今回はMAXのSTだけだけどスペック違いもありそうだし、しばらくはガンダムに集中って感じなのかもね。久々に(失礼)注目度も高いし、どうなるか気になるところです。

四十八歳の抵抗

 大学生の頃、「風にそよぐ葦」を読んでからか、それとも「青春の蹉跌」という映画を見てからか、きっかけはよく憶えていないのだが、とにかく石川達三にハマってよく読んでいた時期があった。

 その中に「四十八歳の抵抗」という小説があって、確か定年間近(当時は55歳定年)に迫った48の管理職サラリーマンの男が、突然日常から脱線して若い女の子と熱海へ旅をする…みたいな内容だった。

 20歳そこそこの学生にとって48歳なんて遥か未来の話だし、第一ストーリーからして荒唐無稽。結末も冴えないもので、当時はほとんどピンと来る作品ではなかったんだけど、唯一主人公が「行方不明になる」ことを自ら進んでやっていたところだけが、妙に印象に残った。例えば女性との旅行もそうだしヌード撮影会に行ったり、普段自分が家族や公に見せる「顔」とは異なる行動をする時に「行方不明」と名付けていた、その表現が面白いなーと思ったのだ(多少内容の記憶違いがあったら失礼)。

 思えば昭和の頃は、40歳以上の人たちは本当に「大人」というイメージしかなかった。「サザエさん」のフネさんも確か40代中盤くらいの設定だし、菅井きんも40代で姑や寮母などを演じている。彼ら、つまり昭和の40代以上は行動が常に落ち着いていて仕事が終わると俳句や囲碁をたしなみ、カラオケでは演歌を歌う、そんなイメージ。

 ところが、かつて「48歳なんて…」と思っていた女子学生が、昨年2月その年になってしまった。この一年を振り返ると、23年間ほど関わって来た「パチンコ必勝ガイド」が初めて3ヶ月も休刊になったり、その絡みで末井さんなどずっとお世話になって来た方達が会社を辞めることになって、改めて自分とのつながりや感謝の気持ちを実感したり、「48」絡みの仕事でそれまで全く興味もなかったAKB48のパチンコを長期間打っていたり、DVDに出たり(基本的にTVとかの仕事はもうやらないので)、イラストをまた描き始めたり、何だか妙に「激しい」年だったように思う。何というか、ステレオタイプ的な「大人」とはかけ離れた生活というのか。

 あともうちょっとで、人生のうち一回きりの「48」が終わろうとしている。しかしやっぱり、どんなに年月が変わろうとも「自分は自分」なんだ。アタシなりの「行方不明」も楽しみつつ、もう少し年相応の見識なども広げられるよう、様々なことにチャレンジしていきたいと思う。

モーサテの見方

1302061.jpg

 株をチョコチョコいじったりすることもあり、早朝テレ東でやってる「モーニングサテライト」という1時間弱の経済ニュース番組を、時々見ているアタシ(録画のことが多いけど・笑)。

 その番組は、時間内で3パターンくらいにスポンサーが分かれてて、途中から某パチンコメーカーがいつも企業CMを流しているんだけど…。

 ここのところ、前半スポンサーの「日本文化センター」と一緒に、おそらくフリーで流す枠のCMで連日バンナムの携帯ゲームCM(上の写真)が流れてて、さらにそれと呼応するかのように、パチンコの方もCMが変化していた。

1302062.jpg

 調べたらメーカーサイトでも公開中のCMで、宇宙っぽいシチュエーションの中ロボットとたわむれる沢口靖子。そしてナレーションは、突然古谷徹が登場というあまりにも無理矢理感がただよう内容(笑)。

 確かに、まだ機種CMは自粛状態みたいですが…コレってどうなんだろうね? 少し前も、別メーカーがタイアップしたグループのCDか何かのCMを、パチンコに関連づけるかのように作ってたとか、話題になってたけど。

 今までの業界のパターンから予想すると、こんな感じでスレスレの企業CMを「うちも、うちも」とやり始め……全面禁止になるか、それともなし崩しに機種CMが復活するのか(こっちは可能性が低いかな)? 中途半端な状態は、あまり続かない気がしますが…。

 っていうか、このCMのことが気になっちゃって、ここ数日株どこじゃないよ(笑)! せっかく大相場になってるのにさぁ〜。

がれきに花を咲かせようプロジェクト

130203.jpg

 今日は、友人関係のイベント紹介なのですが…。

 今月5日〜10日、「銀座アートホール」にて東日本大震災復興関連イベント「がれきに花を咲かせようプロジェクト 銀座展」が開催されます。

 これは福島県内の高校の生徒さん達が、震災がれきに様々な花の絵を描いて復興への励み&世界中の支援者へのお礼の気持ちを現そうという主旨だそうで、花がれきの他に色々な活動の報告なども展示されるようです。

 まだまだ復興関連は問題が山積みですが、お時間あれば、ぜひこうした活動に触れてみてはいかがでしょうか。詳細は、下のリンクをクリックしてご覧下さい。

 「がれきに花を咲かせようプロジェクト 銀座展
  〜福島県立保原高等学校美術部の取り組み〜
  2013年2月5(火)〜10日(日) 銀座アートホール
  11:00〜18:30(最終日は16:00まで)
  ※展示されている「花がれき」は、線量を測定し安全を確認済みです。

一日韓流オバちゃんがゆく

1302021.jpg

 アニョハセヨ〜! って、もう3日前の話なんだけど。

 先月30日、冬ソナFinalの発表会に行ったら、3人ぐらいから「韓国ドラマとか好きなんですか?」って聞かれました。やっぱり、オバちゃんだと韓流好きって思われやすいのでしょうか(笑)。

 アタシは韓流ドラマには全く詳しくないし興味もないんだけど、K-POPなら韓国語で歌ってる曲でいいヤツがたまにあるかな、って感じかな(日本語版のは無理矢理感があるからイマイチ)。音楽はジャンル問わず聴く方なので…。

 で、この日は歌手のゲストも2人来て、おなじみの曲やらアニメ版の主題歌やらを歌っていて。

1302022.jpg

 この写真は、2人のうちアニメ主題歌を歌ってたシン・ミンチョルという人で、左はプレス発表会、右はその後開催された展示会でのステージ。

 写真だと違いが分かりづらいけどジャケットが違うだけでなく、ナゼか髪の毛の分け目も左右全く逆になってたの! 韓国の人ってこういうチェンジは当り前なのかな? とりあえず、ネタになると思って写真だけはシッカリ撮っておきました(笑)。

 あと、ネタといえば面白かったのが、ハングル語がけっこう聞き取れる知り合いに聞いた話。ステージでゲスト達3人がトークを行った時、うち2人は通訳を通して話してたんだけど、2人とも機種について

『京楽Final』をよろしくお願いします」

 って言ってたらしい(笑)。通訳は気を利かせて

「『ぱちんこ冬のソナタFinal』をよろしくお願いします」

 って訳してたけど、プレス発表会でも展示会でも『京楽Final』って言ってたそうな(笑)。「おい、端折り過ぎじゃないの!?」みたいに、実はけっこう適当だったので笑ってしまいました。いやはや。

 てな感じで、一日韓流オバちゃんのパトロール報告でした(何だそれは)。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。