スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ヘヴィメタル特集!

101027.jpg

 ヘイ、ユゥゥゥーーーッ!!

 今日発売のTV Bros買ったかぁぁ~~~~っ!?

 まさか、まさかのヘヴィメタル特集第二弾だぞぉぉーーっ!

 去年の表紙(ジューダス)なんぞ、メじゃないくらいのインパクト大の表紙にビビッてんじゃねぇぞ!

 ちくしょう、こんな続編があるんだったら、東京NEWSに務めてる友達に頼んで何か仕事もらいたかったなぁ~。

 って、オジーと関係ないけどな、とにかくまだの野郎は買えよなッ!

 じゃ、マジで忙しいからまたな(仕事しろよ…)!
スポンサーサイト

上海のカルフール

1010266.jpg

 ホテル近くにあった、「龍之夢ショッピングセンター(中山公園駅の真上)」地下に入っていた、フランスのスーパー「カルフール」。

 とにかく、デッカくて何でも揃ってる感じ。やはり興味深いのは食品コーナーで、重点的にチェキしてみた。

1010267.jpg

 入るといきなり、中国館を模した乳製品コーナーが。伊利とかいう大手メーカーの牛乳やヨーグルトが並んでいた。読めなかったけど、多分買うと何かキャンペーンに参加できたみたいだ。

1010268.jpg

 奥の方に進んでいくと、ディープな生肉&魚に混じって、干し肉などが大量に並ぶコーナーも。

1010269.jpg

 乾物は植物のも大量にあった。この、輪切りレモンの乾物は何に使うのかな? よく売れてて、ちょうど補充をしているところだった。

 近くにいると、ほんのり柑橘系の香りがして癒された…ような気がした。

10102610.jpg

 お菓子コーナーのポッキー。この、抹茶のパターンって日本になかったっけ? 買わなかったけど、食べてみたかったとちと後悔。

10102611.jpg

 次はインスタントラーメンコーナー。中国も、おトク用は5袋セットになってた。…あれっ? ケンドーさん?

10102612.jpg

 こっちには宮川ナントカっていう人がいますよ…?(おい)

 なんか、日本だと「偉そうに腕組みしたラーメン屋のオヤジやニーちゃん」がプリントされてたりするけど、こっちにはコメディアンとかタレントぽい人がよく出てるみたいだった。

 最後に、地図とか万博パンフがないかと思ってブックコーナーへ行ったら

10102613.jpg

 こっちも海宝たんだらけ。

 万博ガイドブックは、日本語バージョンがどうしても見つからなくて残念だった。尋ねた店員さんが、「こっちにあるよ」といった感じでつれてってくれるんだけど、その辺りには全く見当たらず…。

 何だかよく分からないけど、今思えば英語バージョンでも買えばよかったな。まぁとにかく、とてもジックリ見て回れないほどの巨大スーパーだった。またぜひ行きたい。

上海(万博)で買ったアレコレ

1010261.jpg

 さっき上海のニュースサイトを見たら、昨日書いた南京東路の上海万博グッズショップで全品5割引セールが始まったらしい…。あの布団セットは売れたのか気になるところです(笑)。

 で、上の写真はフランス館のお土産コーナーで買った、公式キャラ「レオン」のストラップ(右)と、イチゴを広げるとエコバッグ(フランスパビリオンのロゴ入り)に早変わりするミニきんちゃく。確かどっちも20元しなかったと思う。

1010262.jpg

 レオンは可愛いので、お土産を入れるこんなミニバッグも購入。

 フランス館の紹介でも書いたけど、本当は「パビリオン型香水」が一番の目当てだったものの…大人気で5月分が全部売り切れで買えなかったのが残念だった。

 パビリオンで買ったのは、ジュースやお菓子以外はこれだけだったかな。

 あと、上海の定番観光名所「豫園」では、怪しい海宝グッズを発見。

1010263.jpg

 最初、左端のカラフルな海宝キーホルダーを見て「へ~、ピンクや黄色の海宝たんもいるのかぁ~」などと思っていたら…。お店のオニーちゃんの「言い値」がどんどん安くなっていく。

 どうやら、値段が決まっていない…つまりパチものってことですね(笑)。確か最初3個で150元とか言って来たのを値切って、70元で購入。

 帰ってからよく見たけど、作りは全然ボロくない。むしろ、海宝たんのボディの塗料にラメが入ってて今風になっているのが気に入った。

1010264.jpg

 あとは、万博と関係ないけどスーパー「カルフール」で買ったお菓子など。見ての通り、ポッキー(というかトッポっぽいやつ)とソイジョイです。

 ポッキーは、外側にチョコがかかってるスタンダードなのももちろんあったけど、トッポタイプは多分日本で売ってないので購入。4.8元。

 ソイジョイは日本と多分全部同じ味だけど、値段は4.1元(約53円)と半分以下。いっぱい買っちゃいました。

1010265.jpg

 お茶類もたーくさんあった。本当はお茶市場とか行きたかったけど、今回はスーパーのでガマン。写真の、1回分が小分けになって30個入ってる鉄観音がお土産用にも重宝したし、けっこう手軽で美味しかった。確かランクにもよるけど、中くらいのが150元くらい。

 あと、他にもゴチャゴチャ細かいものを買ったけど、割愛。やっぱ、どの国に行ってもスーパーマーケットは楽しい。

上海万博で買ったバッジと切手

1010258.jpg

 上海万博で購入した、ピンバッジと切手類。こういうの、好きな人にはたまらないと思うので(アタシも他の人の見たいし)、とり急ぎアップしておきます。

 まずはピンバッジから。上のは、レインボーと海宝たん。25元。

1010259.jpg

 同じく、虹をあしらってるパターンで、上海の有名なタワーとかのシルエットも描いてあるもの。25元。

10102510.jpg

 ハート形が可愛いパターン。例のタワーを象ったシンボルも描いてあります。22元。ちょっと安い。

10102511.jpg

 メダル型のもの。模様や雰囲気が中国っぽい。25元。

10102512.jpg

 EXPOの文字と海宝たん。ポップで可愛らしい。25元。

10102513.jpg

 パビリオン型のものも沢山あったけど、中国館は大人気なので、見た限りこの時はコレしかなかった。28元。

10102514.jpg

 日本館も大人気で、このパターンしか残ってなかった。サイズが大きいからどうしようか迷ったけど、下におそらく「数量限定」みたいなことが書いてあったので、買ってしまった。28元。

 続いて切手は、北朝鮮館で買ったもの。

10102515.jpg

 切手は確かほとんどが記念の台紙付きだった。アタシはこの2種類を購入。

10102516.jpg

 青い台紙の方を広げると、海宝たんの切手シートがくっついている。あの北朝鮮がこんなパターンをわざわざ作るというのは、やっぱり中国開催だからなんだろうね。セットで20元。

10102517.jpg

 ちなみに切手を買うと、その場でこういう記念スタンプも押してくれる。アタシは「パスポート(パビリオンの記念スタンプが押せる、大人気お土産)」は買ってなかったけど、それに押すパターンのものかしら? どっちにしろ、いい記念にはなるけど。

10102518.jpg

 で、もう一つの方には、ジョンイルさん一家やら各国の首脳と写っている写真(小泉、プーチン、あと中国の要人沢山)をあしらった切手シートが、10枚も入ってて50元。

 写真は、そのうち小泉のパターン2枚。ちなみに、パビリオンのショップでは向こうからこの切手を指差して「買わないか?」みたいにアピールして来たので、日本人というのが速攻でバレてたんだなーと思う(笑)。

 しかし、中国やロシアの要人と並んでこういう切手が作られているってことは、小泉はそれなりの評価だったんだね~。と、ちょっと感心した。

上海万博のお土産屋さん

1010251.jpg

 5月に開幕したと思ったら、あと一週間で閉幕する上海万博。開幕時は「パクリ騒動」と「マナーの悪さ」ばっかりが報道され、閉幕の今は「中国のデモ」「レアアース問題」といった話題ばかり…。本当に、タイミングが悪いというか何というか…(苦笑)。あ、チリの「フェニックス」展示は少し取り上げられてたな…。

 まぁそんな浮かばれない上海万博でしたが、一応昨日目標だった入場者7000万人を突破したらしい(タダ券配りまくったとか、色々書かれているけどね)。

 で、ここでも結局ダラダラ関連記事を書いて来ましたが、残りの分もボチボチ仕上げていきたいと思います。…とはいえ、確か今日からもう事前に指定日チケットを買った人しか入れないはずなので、全然役に立たない情報なんだけど…(土下座)。

 万博会場のお土産コーナーは、よくTVで映る中央のゲート下部分(上の写真の、1階部分ね)に集中してて、アタシが行った5月上旬はかなりガラガラだった。

 一応、動画も撮ったので、まずはショップの前にいた海宝(ハイバオ)たんたち。一人、ピクリとも動かないようですが(笑)、た、多分疲れていたのでしょう。

[高画質で再生]

上海万博お土産店の海宝 [携帯ホームページ]

 お土産で目を引いたのは、

1010252.jpg

「モノポリー」の上海万博バージョン。「EXPOPLAY」って書いてあるけど…本物よね…?

1010253.jpg

 コレは、海宝たんの顔になってるベレー帽。かぶりたかったけど、子供用なので多分悲惨なことになると思い、やめておいた。

1010254.jpg

 お菓子類も沢山あって、色んな味のスナックに引かれ「BBQ味」と「イチゴ味」を購入してみたところ、BBQはそこそこ美味しかった一方イチゴ味は…やはり、スナックに甘い味は合わないと思った。

 で、お土産屋でウロウロしてたらどこかで聞いたことのあるBGMが流れ始めた。

 …あっ! こ、この曲は!! 開幕前に「パクリソング」として大きな話題を呼び、いつの間にかお蔵入りになっていたハズの例の曲では! 慌てて動画を撮りました。

[高画質で再生]

上海万博のお土産店内 [ホスティング]

 ナゼか分からないけど、思いっきりBGMになってて笑ってしまった。まぁ見ての通りガラガラだったので、誰も多分気にしてないと思うけど。

 あと、前にも書いたけどお土産ショップは街中にもあって、アタシが入ったのは南京東路にあった公式ショップ。

1010255.jpg

 そちらはこんな感じで、広いけど品数はイマイチな感じ。こちらで気になったグッズは…

1010257.jpg

 公式マグカップ、らしいんだけど…あまりに海宝たんの造形がひどくて笑った。こんな、小学生が作ったようなのが公式グッズで、いい値段で売られているとは…。

1010256.jpg

 あと、こちらは何と公式寝具セット! 布団や枕に上海万博の模様がプリントされています。「いい夢見ろよぉ~(柳沢慎吾風)!」って感じ(笑)?

 サイズから考えて、子供用とは思うけど…海宝たんの模様ならともかく、こんなのをほしがる子供がいるのでしょうか? 本当に「なんでもアリ」って感じで可笑しかった。

タツノリ、溜飲下げました!

1010221.jpg


 どうもーーっ、またまたタツノリですっ!

 まーだまだ、日本シリーズに向けて首の皮一枚で行きますよぉーっ!

 と、今にもそんなことを言い出しそうなタツノリフィギュアが、またまたドーム脇アディダスショップに出現していた!

 発見した時から、ビニールにくるまれたりナゾの存在であったタツノリフィギュア。

 でも、やっとそのナゾが解けました! ヒントは、足下に出現していた電光掲示板のような看板。

1010222.jpg

 そこには、

「原辰徳監督等身大グータッチフィギュア」の文字が。

 …グータッチ? と思ったら、タツノリの手の部分。

1010223.jpg

 な、なんか絆創膏みたいなモノがくっついている。

 そうか、多分このフィギュアの手のところにバンッてタッチすると、電光掲示板の数字が上がっていくんじゃないかしら。サスガにこの時は一人だったのでやらなかったけど…。

 丸一年ほど、追い続けて来たタツノリフィギュアのナゾ(うそつけ…)。やっとこうして解けて、まさに溜飲が下がったて感じ。

 ということで、クダラないレポートにお付き合い有り難うございました(笑)! みんなも、タツノリを叩きに…いや、タッチしに行きましょう!

スレスレ猪木ウォッチング

1010211.jpg

 クダラないんだけど、昨日行われた平和の『CRアントニオ猪木という名のパチンコ機 道』発表会で面白かったこと。

 途中で物まね芸人のアントキの猪木が乱入して、ひとしきり猪木の物まねをやってから本人とのトークに移った時。猪木が

お前がアントキの猪木なら、俺はイマドキの猪木だよ!」と言ったセリフが、妙にウケてしまった。

 それから…

1010212.jpg

 オープニングで「燃える闘魂」をBGMに、華々しく入場した猪木。

 その後、トークや闘魂注入そして例の「いち、にぃ、さん、ダァーーーッ!」を終えてから拍手に送られつつ、同じドアから帰って行ったんだけど…。

1010213.jpg

 辻よしなりが懸命に「猪木さん、有り難う!」などと声を掛けても1回も振り返ることもなく、そそくさと帰ってしまった場面。なんか、ビジネスライクというか急に素っ気なくて笑ってしまった。

 アタシも振り返って手を振ったりするだろうとカメラを構えてたものの、結局こんな写真になってしまいました(もちろん仕事ではボツ。ドンマイです)。

 そういえば猪木はパチ&スロの取材で何度もステージを見てるけど、昨日はいつもと違うノリというか、唐突にオヤジギャグをかまして辻さんが大慌てでフォローしたりしてた気がする。らしいといえば、そうなのかな?

 で、実機では画面の手前に猪木の横顔などの巨大シャッターみたいのが出現するのも見どころなんだが、その大きな横顔を見て思い出したことがあった。

 2006年12月、猪木が突如都内のホールに出現して自分のパチンコを打つ、というイベントがあって、ゲリラなので集まったプレスは1分間とか、それくらいしか写真を撮れなくて。

 アタシも人混みに混じって懸命にシャッターを切ったものの、結局3枚しか撮れなくてどうにも納得できず…。

 すると、試打を終えた猪木が、すぐ横を通ってエスカレーターで降りていくではないの。せめて、そういう姿でも写真に撮りたい…! 猪木さぁぁーーん、待ってぇぇーっ!

 そんな気持ちで慌ててシャッターを切ったんだけど…やはりちょっと遅かったみたいで

1010214.jpg

 ほとんど首から上だけ、みたいなとんでもない写真になってしまったのでした(笑)。もちろんボツ写真だけど、まさに今回の役物めいていたので紹介します(おい)。

 って、大きく脱線しちゃったので昨日の話に戻るけど、ステージ上に平和の関係者が一人も登場しなかったのも、気になると言えば気になった…。石橋社長は当然来るだろうと思ってただけに、どうしたのだろう? お元気なのだろうか? みたいな。

 個人的に、社長には以前のように(いや、それ以上に)ガンガン表に出て頂きたいと思っているので、また猪木と元気にツーショットを見せてほしいものです、はい。

ルーキーデジロイド事件

1010201.jpg


 今日も、ちょっとだけ。

 ていうか、姉さん! あの『花鳥風月』が大変なことになってるようです!

 今日、リメイク機『CR花鳥風月』のリリースが届いたんです。花鳥風月…といえば「西陣初の強烈連チャン機」とか「ダーバンのCM」とか、普通は思い出しますよね?

 えっ?ダーバンのCMは何だって? 92年当時「かっちりとダーバンのスーツを着込んだ紳士が、なぜかずーっと花鳥風月を打っている」不条理なコマーシャルがやってたじゃないですか? 忘れちゃったんですか?

 それはともかく、リリースを見てひっくり返りましたよ。

1010202.jpg

 まず、機種名のそばに「森羅万象を司る賢者達」っていうサブタイトルがついてますよ!?

 とりあえず、説明文を読んでみると…「~あの遺伝子を覚醒させ、蘇らせました」と、あります。あー、よかった。てことは、3回に1回は前の出目と同じで大当りにしちゃう保留玉ST機とか?

 と、思ったんですが…

「~右打ち16ラウンドで2000個overの出玉となっており、右打ち高確中は7セグ役物による抽選で疾走感溢れるSTタイプとなっております」

「大当り後は、歓喜の右打ちか、運命の左打ちか、2つのSTを搭載したゲーム性がもたらす高揚感と緊張感でプレイヤーのボルテージは最高潮に」


 いやあの、もしかして「7セグ」ってところだけが花鳥風月…? そんな疑惑が頭をよぎって来ました。

 さらに。

「今回はオリジナルストーリーを新たに取り入れました」

 …えっ?

「~森羅万象を司る『花鳥風月』になぞらえた4人の賢者達が封印を解かれた魔物を再び封印するために闘う内容となっており(後略)」

 …どうやらこれが、さっきのサブタイトルの意味するところのようですよ、姉さん…。

 色々と気になるところはあるものの、とにかく実機をこの目で確認しない限りは何ともいえません。姉さん、またその時には報告しますね。僕たちの『花鳥風月』がどういう変身を遂げているのか…(いい加減に仕事しろ)。

※『ルーキーデジロイド』は、『花鳥風月』の型式名です。って、懐かしいなオイ。

パチ&スロ早出し合戦

1010191.jpg

 …うわぁぁーーっ、仕事終わらねーーーっ!! もう、どうでもいいや(よくねーだろ)!

 と、現実逃避モードに突入中のアタシ、頭を切り替える為にちょっとだけ最近気になったことを更新。

 今日は午前中奥村の発表会の後、国際フォーラムで開催されたオジーのライブ…じゃなかった(おい)、パチンコ関連機器メーカーの合同展示会へ行って来た。

 もちろん島関係とか設備機器ばっかりだろうと思ってたら、オーイズミの端っこでホール関係者が『009-1』を打ってるのを発見。

 ビックリして聞くと、今日はどこにも予告なしのサプライズで出しているらしい。かな~り混んでたし急いでたので、この写真が精一杯だったけど、けっこう注目されてるみたいね。

 で、思い出したんだけど、13日の三洋発表会で、こっそりフライング展示されてた『CR伝説の凄腕』。

1010192.jpg

 詳細とかは正式発表されるのを待ちたいところなんだけど、アタシの目を釘付けにしたのはデジタル部分。

1010193.jpg

 ぽっかり浮かんだ空間に、7セグデジタル表示が浮かび上がり……こここ、これは!

『フィーバーピンボール』だ!!

1010194.jpg

 ピンボール、ってもジュリーじゃないよ(笑)。95年に出た機種で、この写真↑だと分かり辛いけど、スタートへ玉が入ると奥の方に透明な板が「ギュイーン」って出て来て、そこに7セグ表示が浮かび上がるという、ものすごく綺麗な台。

 手前にはちっちゃいピンボール台があって、ワープからの玉をフリッパーで弾いてスタートへ入りやすくしてくれるのも可愛かった。

 考えてみれば、今役物だのギミックだの言ってる「モノ」って、こういう面白さがあんまりなくなっちゃったよね。それっぽいのがあってもたいてい「出来レース」だし…。SANKYOも、こういうのもっと出してくれればいいのに、などと思ったり。

 とりあえずは、『伝説の凄腕』の表示もかなり綺麗だったので、ピンボール好きだった人はそっちもお楽しみに、って感じでしょうか。

 では、時間切れとなりやした。現実へ戻りますか…。

ついつい…

101018.jpg

 うわっ、勢いで買ってしまいました…(笑)。

 ちょうど出たばっかで面白そうだったんでね。AC/DCの本も夢中になって読んだし、これも…と思ってるんだが、時期的に仕事がいっぱい…。

 いつ読むのよ、オレ? 合間にちょこっと、っていうワケにいかんだろうし。タイトルがデカイから、電車の中とかで恥ずかしくて読めないだろうしなぁ~。

 しかも、400ページもあって文字がギッシリ。写真をチラ見しただけで多分メチャ面白そうなのは分かる。

 誘惑に負けず、仕事の後のお楽しみにしておかないと…! とりあえず、本棚の目立つところに飾っておくか。

Ozzy Osbourne日本公演!

1010151.jpg

 ヘイ、ユゥゥゥーーーーーーッ!!

 ハトやコウモリ食ってるか? バケツで水ぶっかけられてるか? 蛙飛びやってるかぁ~っ? 秘湯巡りは一人で行っちゃダメだぞ! 「ザックジャパン」つっても、ザック・ワイルドと間違えるなよ! 解体工事中の塀の横を通る時は気をつけろ!

 って、途中から意味不明の時事ネタになっちゃってるけど(おい)、13日は朝からフルスロットルっつーのかしら、朝イチで三洋の発表会、とんぼ返りで原稿書いて夕方から国際フォーラムでオジーのライブに参戦…。普段怠け者なので、これだけで疲労困憊だったよ…(情けない)。

1010152.jpg

 国際フォーラムでメタル系のライブっつーのも珍しい感じがするけど、けっこうジューダス・プリーストとかやってるんだよね。とはいえ会場入り口のところに小さめのチラシが何枚か貼ってある、地味な雰囲気。

1010153.jpg

 開場後は速攻でグッズ売り場へ。しかしものすごい長蛇の列で、30分くらい並んだ。お目当ては日本限定のTシャツだったんだけど、たどり着いた頃にはLサイズしかなくて、泣く泣く世界ツアーバージョンを買おうとしたら、おネェさんが「終わった後なら、Sサイズが入荷してるかもしれません」と教えてくれたので、そっちに賭けてみることに。

 その後、ロックバーのマスターと合流してセットリストの予習話などしながらソワソワ待つ。開演10分くらい前に席に着くと…ギャーーーッ! なんと、AC/DCがかかってるではないの! ちくしょう、もっと早めに入って聴けばよかった(笑)!

 で、そろそろ始まるかという時、まだ客席が暗くなってないのにいきなりオジーがマイクで何か叫んでビックリ! えっ? いやあの、ちょっと? 心の準備ができていないうちから、速攻で(多分開演時間になってないんじゃないかな・笑)ステージに登場して来た。早っ! あちこちで、慌てて席に着いている。

 そして「Let's go CRAZY!!」と、煽りまくるオジーとともに、もう弾けましたよ! ヘッドバンギングしまくりでフラフラ。前の席につかまることが出来たので、ちょうどよかったわ(笑)。

 驚いたのは、サスガにフォーラムではやらないだろうと思ってた「バケツの水掛け」を、最初からやりまくってたこと! 多分10杯以上はまき散らしてたね。途中、偉そうに仁王立ちしてるスーツ姿の会場スタッフに思いっきり背中からぶっかけてて、みんなゲラゲラ笑ってた。さすが、御大!

 さらに驚いたのは、機嫌が良かったのか分からないけどノリノリで、通常のセットリストをオーバーしてBlack Sabbathの曲を多めにやってくれたこと。最後の最後なんか、「Into the void」ですよ! こんなに長く演奏して大丈夫? と心配しつつも、嬉し過ぎて泣きそうになった。逆に、ニューアルバムからは1曲しかやらないという、セオリー無視ではありましたが(笑)。

 それにしても、やっぱり客席を乗せるのが上手い。「Show me your hand!」「I can't hear you!」と、何度も何度も叫んでて、そういえば去年LOUD PARKでDOKKENの時DON様が同じようなこと叫んでたのを思い出したけど…格が違ったね。つーか、DON様の方は哀れにしか思えなかった…。あ、あと60歳過ぎてもお尻丸出しをやってて、真っ白な臀部の神々しさに、思わず拝みたくなった(笑)。

 そんなこんなであっという間の2時間ちょっとが終了。軽く脳しんとう寸前になりながらも、考えた。少し待ってから、前方の席がどんな状態になってるか(バケツの水で悲惨な状態になってるはず)見たり写真撮ったりしようか、それともやはり速攻でグッズ売り場へ行ってTシャツをゲトするか…?

 一瞬迷ってから、やはりTシャツゲトの誘惑に勝てず外へ向かう。そしてヤキモキしながら並び、余裕で買うことができて一安心。最初に買えてたら席もチェキできたんだけどね、しょうがないか…。

1010154.jpg

 で、コレが日本限定Tシャツ(3500円)のフロント。オジーの持ってる旗が日の丸になってます(笑)。

 そして背中には…

1010155.jpg

 日本で行う公演の日程と場所だけが書いてある、というもの。う~む、AC/DCの時もそうだったけど、こういう日本限定バージョンに弱い…。

 あと、柄がいいのでスーツケースにでも貼ろうと思って、ステッカーシートも購入(1000円)。

1010156.jpg

 オジーがアイアンマンになって「I am iron man」って言ってるのが可愛い(笑)。同じ柄のTシャツもあったけど、サスガに恥ずかしいので買えなかった。

 その後はロックバーで打ち上げ…と行きたかったけど、サスガに死にそうなのでやめておいた。本当にすごくいいライブだったんでね、改めて、熱く語りまくりたい…!

かの国の“お宝”

1010111.jpg

 こんばんは、ジョンウンです。

 って、いきなり怒られそうだけど(汗)、何やらここ数日、海外メディアがこぞってかの国の65周年式典とやらを取材していて。

 アタシはマスゲームとか、サザエ一家みたいな「手を揃えてスタスタ行進する」奇妙な軍事パレードとかを見るのが好きなので、ついついニュースを何本か録画しておいたところ…。

 夕方のニュースで、こんなレポートを発見。何やらかの国の高級ホテルにカジノがあるらしい。へ~と思ってよく見ると…日本のパチスロとしか思えないスロットが4台並んでいるだけ。

1010112.jpg

 気になるのは、何の機種かということなんだけど…ちょっとこの筐体って実際打ったことないなぁ…?? タイヨーのに似てるけど、こんなにリールが飛び出てないし…。

1010113.jpg

 っつーか、思いっきりそのまま使ってるし(笑)。

 で、何とか下パネルが映った時機種名を確認すると…「エンパイヤ」と「フラッシュクイーン」と書いてあった。これは…サミー工業の0号機(パチスロとして保通協試験が義務づけられる前の、いわゆるオリンピアマシン)のようだ!

 うわ~、何と、かの国のホテルで貴重な0号機が稼働していたとは! すげぇぇーーーっ!! 録画しておいてよかった~。

1010114.jpg

 ちなみに、レポートした記者さんはもちろん詳しくないので「日本から持って来たらしいカジノマシン」としてしか紹介してなかったけど、見た感じ1000円で50枚くらいメダルが借りられ、換金はできないそう。

 景品コーナーには、見たところ消毒液とか充電器、なぜか日本の修正液なんかがいっぱいあった(笑)。ちょっとショボい。

 う~ん、以前ヤフーニュースか何かで、かの国ではパチンコも稼働してると伝えていたし…行ってみたい気もするけど、さすがに気が引ける…そんな感じであります。

 さてさて、世代交代は結構だけど、ジョンウンさんが多少は柔和路線になってくれるといいんですけどね…。何しろ、日本のパチスロ使ったりしてる割に、ミサイルは日本全土を射程圏内にしてるらしいから…。関係ないか(笑)。

華の啓二

101010.jpg

 ひぃーっ、本当に一週間があっという間で!

 この間、バカ政府だのノーベル平和賞騒動だの、色々と激高することばかりで書きたい事も溜まりまくってたのですが…あまりに頭の中に溜め込み過ぎて、プッチーン…! とどうでもよくなっちゃいました(苦笑)。

 しかし、何といってもショッキングだったのは…大沢親分の死だったな…。

 アタシは小学生~大学生ぐらいまで野球が大好きで(パチンコにハマるくらいまで)、高校生の頃はよく日ハムの練習とか見に行っててね。大沢さんは当時監督で、ダメ球団だった日ハムを日本一に導いて脚光を浴びていて。

 でも、ファンには普通の気配りオジサンって感じで、アタシを含め好きな人は沢山いたと思う。優勝後はサイン会もよく開いてて、大沢親分が登場したとき1回行ったことがあった。おそらく超多忙だったろうけど、ニコニコ気配りしてる姿が印象的だったな…。

 最近までは、T豚Sの日曜朝の番組で「喝!」とかやってるのをたまに見てたけど…ここのところ出てないと思ってたら…。しかし、最近の映像を改めて見ると、やっぱり激やせしてたんだね。

 なんか、自分が夢中になってた時代のヒーローの一人だけに、胸に来るものは沢山あるのですが…。ご冥福をお祈りします。

 ちなみに、駅の売店で何気に撮った上の写真。

 親分以外はどうでもいい見出しが並ぶ中、フジのところ。

 「島田陽子AVデビュー」

 …えええーーーっ!? 帰ってからZAKZAKを見てみると、何と57歳で、って…! うううむ、ある意味「ショッキングその2」といえる出来事だったかも(笑)。

ああメンドッチ…

1010031.jpg

 バタバタしてて、つい忘れてた…!

 まずい、もうすぐ締切じゃん! 皆さんは提出しましたか~?

 ちなみに、封筒とか説明書を見てたら、気になるキャラを発見。

1010032.jpg

 こんなキャラいたっけ? さすがに5年に1回しか意識することもないので、全然気づかなかった。

 てか、名前の「センサスくん」ってうのが気になって、ダメモトで検索してみたら…一発で出たのにも驚いた。

 それによれば、名前の由来は「国勢調査を表す人口センサスから来ています」という、面白くもヒネリもない(おい)ものでした。

 しかし、誕生したのは平成2年からだって…もう20年か~! 初めて知った(笑)。1個勉強になったな。多分1週間で忘れそうだけど…。

 とか、クダラないこと書いてないで準備しなければ~~。あー、メンドッチだなぁ…。

FEVER・パックマン・FEVER!

10100216.jpg

 で、「PAC-MAN展」の続きなんだけど、同じく今年30年を迎えたSANKYOの『フィーバー』シリーズでも、2001年にタイアップ機種『CRフィーバーパックワールド』が登場しています。

 ていうか、実は密かに「PAC-MAN展」でもこの機種の関連事項が展示されてるかと(実機とかあったら卒倒ものだし・笑)期待してたんだが…全くなかったわ。残念。

10100217.jpg

 もちろんパンフとか持ってるけど、すぐ見つからなかったのでとりあえず2001年当時の展示会写真をいくつか。

 この枠(竜巻枠だっけ?)、懐かしいわね~! 初代『しむけん』も、この枠で死ぬ程打った記憶が…。ゲーム性としては、割と普通というかそんなに変わってなかったような気がする。

 大当り中は外国でヒットした「パックマン・FEVER」が流れる…といった、気の利いた演出も一切なかったと思う。

10100218.jpg

 ところで、この機種名を聞いた時に、誰もが「なんで、フィーバーパックマンじゃないの?」と思うことでしょう。

 アタシももちろん気になってて、当時色々と聞いた話では…「当然『フィーバーパックマン』にする予定だったが、商標はナムコと違う会社が持っている為、できなかった」らしい。

 そういえば、SANKYO関係ではダイドーの『メイクエ』という機種名にも「本当は『迷宮』にする予定だったが、他が先に登録していた為、急遽メイクエに変更した」というエピソードを聞いたことがあって、そういうハプニングってあるんだな~と、驚いたのを思い出した。

 てな感じの、いわゆる“スレスレ話”に関してだけど、最後にやはりもう一つ紹介しておきたいのは、正式じゃない系「パックマンものパチンコ」ですね(笑)。

10100219.jpg

 えっと、こういう機種を作らせたら当時右に出るものがいなかった西陣から、89年頃に発売された『パッキークラブ』です。

 一見「あらっ、可愛いっ!」などと思いがちですが、この機種は「一発台」なのでギャンブル性はめちゃ高く、何度も痛い目にあったことがあって…。

 しかし、改めて見るとまさに「クリソツ」。アブナいけど、いい時代に生まれた機種でした。

PAC-MAN展へ行こう!

1010021.jpg


 今日は久々に山佐の新機種発表&ファンイベントの取材があり、秋葉原へ行ったついでに近くのイベントスペースで開催されていた、生誕30年記念「PAC-MAN展」をのぞいてきた。ていうか今日から開催なので、ちょうどよかったわ。

1010022.jpg

 中に入ると、こんな「パックマンの系譜」とか

1010023.jpg

 ちょっと怖くコラージュされた置物などがお出迎え。

1010024.jpg

 何やら、筐体も沢山あって、全部実際に遊ぶことができるみたい。

1010025.jpg

 壁沿いには、色んなパックマン関連のうんちくを集めた「パックマントリビアコーナー」が。

 「パックマンが食べているのは、ビスケットである。今年はじめには、中にビスケットクリームを入れた『パックまん』というまんじゅうが発売された」
 「フランスでは、パックマンを含む人気ゲームをモチーフにした、切手が発売されたことがある」

 などなど、写真や実物も飾ってあったりして、けっこう面白いうんちくが並んでいる。

1010026.jpg

 Tシャツギャラリー。会場内で、この中のと同じTシャツを着てウロウロしているオジサンが何人かいるのを発見。多分、初日だから関係者がいらしてたのかも。

 こうした展示物には、キッチュなモノも沢山発見。クダラない&長いので、続きは興味のある方だけドウゾ。

続きを読む

スリーディー夢空間

1010011.jpg

 書くのが遅くなっちゃったけどとうとう29日、ニンテンドウの「3DS」発売日や詳細などが正式発表になった。

 …が、年末商戦を当て込んでた期待度が年越しによって、一気にダウン。同時に業績見通し下方修正発表などで、アタシがいつもチェックしてる関連銘柄は昨日、上の通りになってしまい…。

 今日はユビ以外持ち直していたようだけど、どうなんだろう、売れるのかな? とりえず1回は遊んでみたいけど、昔あった3Dパチンコの画面みたいのだったら目が疲れそうだし…などと思ってて。だって無理矢理目に錯覚みたいのを起させるわけだから、特に子供がハマっちゃったら大変なんじゃないの? とも思ったりして。

 それで思い出したんだけど、3月くらいに3Dパチンコについていくつか書いた時、西陣の『CR浮世絵』グッズ(3Dマウスパッド)が見つからない~、見つけたらアップしますと告知してそれっきりになっていた件。

 誰も覚えていないでしょうが(笑)、先日見つけたのでタイムリーネタとして紹介しておきます。

1010012.jpg

 …ちゅうか見つからないワケだ、マウスパッドはカタログの間に貼付けてあったのでした。左のページ中央のがそれです。

 …う~ん、実物を直接見ると、ものすっごく浮き出て見えるんだが…

1010013.jpg

 写真だと、コレが限界。

 3D具合を紹介したかったのですが…残念…。

 ちなみに当時、裸眼で3Dを体験できる最新技術が新聞で紹介されてて、開発者にインタビューに行ったことがあった。その人は学者系というかパチ業界とは全く関係ないんだけど、それだけに

「そういえば、パチンコメーカーの●●と●●が3Dパチンコをやりたいからって、話を聞きに来ましたよ」てなことを、悪気の欠片もなく話してくれて(笑)。

 その二社は、結局まだ3Dパチンコを出していなくて、あ~、開発してたんだ~なんて期待していたんだけど、どうなったのだろうか。

 てなことを思い出し&気にしつつ…さてさて、3Dは本格的に普及したりブームになったりするのでしょうか…?

※株の値段などは、説明の為に掲載しているもので、売り煽りや買い煽りの意図はありません。投資はご自分の判断でお願い致します。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。