昭和な恵比寿ナイト

1005291.jpg

 大学時代のゼミの後輩が、来月から某国の日本大使館に赴任することになり、有志で壮行会を開いた。

 一次会は恵比寿ガーデンプレイス上階にある、シャレた居酒屋だったんだけど、二次会はちょっと変わった場所に行くという。テケテケとついていくと…「えびす駄菓子バー」?

 見るからにレトロな入り口を入ると、そこは昭和の世界。駄菓子がたくさん置いてあって、飲み物の他に500円で食べ放題になるって!

1005292.jpg

 棚には、ヨーグルトの小さいのやサクランボ餅、イカやらアンズやら、懐かしいものが沢山あって、思わず感嘆の声を挙げてしまう。

 アタシはパイナップルジュースを頼み、とりあえず小さなカゴ一杯にお菓子を選んでみた。

1005293.jpg

 こんな感じ。

 まぁやっぱ、他にも沢山メニューがあって(あげぱん、コロッケなど素朴系昭和メニューも多い)そっちも頼んだり、お酒チームはガンガン飲んでいたので、最終的には一人2500円くらいになっちゃったんだけどね、

 でも、次から次へとお客さんがやって来て(土曜だからか、学生さん風が圧倒的に多い)、かなり繁盛してるみたい。実際、色々楽しめたし、また行きたいと思った。

 ちなみに主賓の後輩は、今後大使館に勤務しながらODA(途上国なので)の用途についての調査や、日本への報告などをメインに行うらしい。大変そうだけど、体に気をつけて頑張ってね!

GOOD 尾籠S

 ※今日の日記は、パチンコについて書いているのですが、できれば食事中などに見ない方がいいかと思います。

 上海万博の記事は、テンションをやたらに上げて一気に書き上げないと写真の羅列(しかも動画アップとかもメンドい)になってしまうので、いったんお休み中です。

 週末に、また一気に更新する予定なのですが。

 それはともかく今日、仕事で記事を書いていて、とんでもないものを見つけてしまいました。

1005271.jpg

 よだれ予告。

 あえてどこのメーカーかは書きませんが、西陣はちょっと、ネーミングを一考した方がいいのではないか…と思うことがあります。

 って、思いっきり名前書いてるやん(おい)。

 確かにまぁ、よだれ垂らしてますけど…。

 で、とんでもないネーミングで思い出すのは、以前本館の日記で紹介した、やはり西陣の不朽の超豪速球…

1005272.jpg

 うんこチャンスであります。

 いわゆる「うんこ図柄」は98年に奥村から登場していたのですが、それは加トちゃんになくてはならないものであり…って、何力説してるのか。

 いやはや、うんこチャンスから早5年。ついつい油断してました。

 しかし一方、こうしたネーミングが絶滅してしまうと、アタシの存在意義もなくなってしまう…という、痛し痒しな部分もあります(どういう存在だ?)。

 ゆえに、これくらいのペースの「飛び道具(よだれやうんこが飛んで来たら…ちょっと、いやかなり嫌だけど)」で、サプライズを与えて頂きたい…とも、思っている次第です。

 結局、どっちやねん。

ナゼ、ナゼ、あんたは…

 いつの間にかすっかりワイドショーの寵児になってしまった玉置コージ。

 海老蔵、純一と続いて来た「女に関する私生活をベラベラ喋ってしまう」というパターンに、さらにヘンテコな衣装やら奇行やらが加わるなど、美味し過ぎるキャラにレポーターが蟻のように群がっている…という図式であります。

 もちろん、アタシも典子との空港での一件を見て大笑いしたクチなのですが、

 どうして典子は、あのバンダナめいたストールの巻き方を直してあげないのだろう?

 とか、

 なぜあんなに堂々とマスコミに「S●Xしてる」みたいなことを言われて怒らないんだろう?

 など、不思議なことは沢山あったものの、それより何よりハッと気づいたのは…

 本当に変だったのは、真理子ではなくコージであった!

 という、恐ろしい事実だったのです。

 昔の気まぐれ日記を読んでた人なら覚えてるかもですが、アタシは一時期安全地帯にハマってしまい、毎日狂ったようにCDを聴きまくっていたんだけれど…。

 こんな色キチオヤジの声に感動したり、聞き惚れてたりしてたんかいっ!!

 と、自分自身に今更ながら腹が立って来る有様。いやまぁサスガにルックスにハマってたわけではないものの、何とも情けないような…(笑)。

リーチ一発ツモ!?

1005251.jpg

 正直なところ、玉蹴り大会とか全く興味がなくて(ルールもよく知らないし)。

 世間で盛り上がれば盛り上がるほど、反比例して冷めてゆく心を隠しきれないのですが、昨日からマクドナルドで始まったグラスキャンペーンには、思わず心引かれてしまったアタシ。

 ハンバーガーとかは、値段もカロリーもけっこう高いしなるべく月2回以上行かないようにしているのですが、濃いブルーのグラスがすごく欲しくなってしまったのデス。

 説明を読むとグラスは全部で6種類あり、昨日から6月上旬までは濃いブルーを含む3種類がランダムで配布されるとのこと。

 てことは、3分の1か…。こういうの、たいがいダメなんだよね(笑)。

 そう思いつつ、近所の店でLセットを買ってみたところ…ややっ! なんと一発ツモで濃いブルーのグラスをもらうことができたの! ああ~、珍しくツイてたわ~!

 グラスにはコーラのロゴと大会のロゴ、そして…

1005252.jpg

 ひっくり返した底の部分に、何気にマクドナルドのロゴが入っています。

 なんか、すぐ割れそうな気もするけど(汗)、気をつけながら今年の夏に使いまくりたいと思います。

 あ、ちなみに玉蹴り大会関連ではもう一つ、KYの店に行ったらグッズコーナーがあってピンバッジも売っていたので、そっちも買った。

1005253.jpg

 奇妙な男の子のキャラのものと、国旗に「いらっしゃいませ」と書いてある意味不明のパターンのやつ。どっちも650円。キャラは、よく見るとけっこう可愛い。

 多分大会そのものは1試合どころか1分間も見ないと思うけど、アタシのような者によっても、運営はちょびっと支えられているのです(適当なこと書かない)。

パビリオン紹介「イタリア館」

1005241.jpg

「10点満点の個人的な評価」(※5月10日現在の情報です)
●ガラガラ度…3
●キッチュ度…6
●オモシロ度…5
●見どころ…フェラガモの靴製作実演
●オススメ度…5

 イギリス館を出た頃には、あたりも薄暗くなって来て疲れもそろそろヤバくなり…。でも、中国館の予約までは時間があるので、もう1カ所だけ見ようということになった。

 そこで、イタリア館かドイツ館か迷ったんだが、結局比較的列の短かかったイタリア館に決定。でも個人的には失敗だったかな、と思う。いや、ドイツ館行ってないから分からないけどさ。

1005242.jpg

 30分ほど並んで入ると、まず歴史的な建造物を模したエリアになる。

1005243.jpg

 こんな感じでパルテノン神殿などの模型がいくつかあったり、イタリアを紹介するビデオなどが流れてて。

 少し進むと、デザインの国らしく、様々な奇をてらったデザイン作品が現れる。

1005244.jpg

 カラフルな車や、空中に吊るされた色とりどりの椅子。

1005245.jpg

 壁に据え付けられたコンサート会場。他にも、無数のオシャレなデザインの服なども飾ってあったりした。

 そうしたエリアを抜けると、ガラス張りの部屋の中で、熟練工がフェラガモの靴を作っている。

1005246.jpg

 と思ったら、タイミングが悪く休憩中みたいでブラブラ歩き回ってた(笑)。記憶によれば、確か入館何十万人目とかに靴がプレゼントされるハズ。

1005247.jpg

 フランス館のヴィトンばりにフェラガモの展示エリアがあって、よくTVで紹介されてた巨大なハイヒールもあった(たけしが『和田アキ子の靴です』と言ってた・笑)。

 こんな感じで、デザインとかブランドが好きな人にとっては非常に面白いかもしれない。でも逆に言えば表面的なインパクトばっかで、薄っぺらいイメージもした。

1005248.jpg

 そうそうお土産コーナーもあって、大部分が万博と無関係な「デザイン重視の雑貨」ばかりだったんだが(しかもけっこう高い)、パビリオンを模したこんなお菓子の缶を発見。

 一瞬、心引かれたものの持ってみるとけっこうデカくて重い。一体、何が入ってるんだろう? と思ってたら、見本が飾ってあった。

1005249.jpg

 なにやら、味が想像できそうな、マズそうな飴がごろごろはいってるだけ。これで…168元(=約2300円)! 缶の二次利用ができるとしても…う~ん、買うのやめました。

 あ、最後にこのパビリオンでは制服がプラダのデザインだそうで、友達に見せようと思って近くにいたコンパニオン(着ているのは中国の女性)に、ゼスチャーで「写真撮っていいですか?」と尋ねてみたら…。

 眉間にしわを寄せて「ああっ!?」みたいなそっけない声を出された挙げ句、思いっきり「ダメダメ! シッシッ」みたいな反応をくらってしまった! …な、なんでそんな…。まぁ多分、毎日何十人とか何百人とかに写真撮らせてって言われてるんだろうけどさ…。けっこう、悲しい反応でしたね。

 日本だったら相手の気を悪くしまいと、笑顔で「ごめんなさい」とか言うところだと思うけど…やはり、国が違うと感覚も違うのだろうか? てことで、その辺も併せて個人的な印象はイマイチでした。

パビリオン紹介「イギリス館」

1005239.jpg

「10点満点の個人的な評価」(※5月10日現在の情報です)
●ガラガラ度…3
●キッチュ度…8
●オモシロ度…4
●見どころ…外観そのもの
●オススメ度…5

 TVでもさんざん紹介されていた、奇妙な外観のイギリス館へ。上の写真で遠くに見える、もわ~んとした形のがそれです。

 ここもけっこう並んでたけど、話に聞いてたほど(確か3時間待ちとか)ではなかったので入ってみることに。30分くらいで入れた。

10052310.jpg

 苔みたいので出来たイギリスの地図が飾ってある通路を通って、トゲトゲの中へ入ります。

10052311.jpg

 中はこんな感じ。外からファイバーを通った光が、内部を照らしている。

 ファイバーの先には…

10052312.jpg

 何千種類だっけ、色んな植物の種子が埋め込まれている。これも、何回もTVで紹介してた。まぁ実際に見ると確かにすごいけど。

10052313.jpg

 その後、再び外へ出てこんなキノコやらヘンテコな花などが飾ってある通路を通ると…

10052314.jpg

 中庭? みたいな広い空間へ出るので、みんな寝転んだりして休んでいる。しかし、ヘンテコな光景だよね。万博って、こういう非日常的なところも面白い。

 しばらく休んでいると、人だかりが出来ていたので近づくと…

10052315.jpg

 何だっけ? 見たことあるようなないような…

 特に、子供が大喜びで集まっている。もちろん、写真もみんな撮りまくり。

 そうしたら…

10052316.jpg

 おもむろに、写真を撮っていたハゲ頭のおじいさんに、彼らの頭をスリスリこすりつけはじめたの! ワハハハ! 申し訳ないが、アタシもみんなもゲラゲラ笑っていた。

 と、こんな異空間を体験したい人にはオススメですが、何もないといえばないので時間がない時無理矢理並んでまで見るべきものかは…微妙、かな。

パビリオン紹介「フランス館」

1005231.jpg

「10点満点の個人的な評価」(※5月10日現在の情報です)
●ガラガラ度…2
●キッチュ度…1
●オモシロ度…8
●見どころ…国宝級の絵画や彫刻、お土産コーナー
●オススメ度…9

 超寂れたDゾーンから、フェリーでヨーロッパ諸国のパビリオンが並ぶCゾーンへ移ると…ややっ、比べ物にならないくらい人が多い!

 とりあえず、色々見たかったフランス館へ行くと、大体40分待ちくらいとのことなので並ぶことにした。

1005232.jpg

 けっこう並んで入ると、まず広いグリーン&噴水の広場みたいなところへ。ちょっぴり癒される空間だ。

1005233.jpg

 屋内へ入ると、フランスの文化やアートの紹介、そしてこんなロボットがいたりするので、思い思いに好きなところを見て回る。

 しばらく進むと、話題の「国宝級絵画&彫刻展示ゾーン」へ。

1005234.jpg

 いや~、こんなところで素晴らしい作品を見られるのはいいけど、みんなバシバシとフラッシュたいて写真撮ってる…い、いいのかしら? 日本の感覚だとちょっと微妙だけど…

1005235.jpg

 などと思いつつも、何枚か撮りました。これはセザンヌ。

1005236.jpg

 こっちはマネ。他にもゴッホやミレーなど教科書なんかにも載ってる人ばかり。

 そしてさらに進むと、ルイ・ヴィトンのコーナーへ。摩訶不思議なモノグラムの世界が印象的だったので、動画でドウゾ。

[高画質で再生]

フランス館のルイ・ヴィトンコーナー [ネットショップ開業]

 アタシは全然こういう高級ブランドとか興味ないけど、展示としてはキレイだし印象的でよかった。

 そしてさらに、女子の心を鷲掴みにするコーナーが!

1005237.jpg

 本物の花をたーーーくさん使った、巨大なフラワーアレンジメントのゾーン。勝手な印象だけど、やっぱフランスっぽいわーなんて思ったりして(笑)。単純ですね。

1005238.jpg

 そしてオススメなのがお土産コーナー! ここはパビリオンと入り口が別なので、直接入ることもできます。開幕前から話題になっていた「フランス館の形をした特製香水」が、2500円くらいで売ってるらしいので、女の子のお土産にもぜひ買おうと思っていたのですが…。

 探してもないので英語の通じる店員さんに聞くと…

「ごめんなさい、今月分は売り切れで来月にならないと入荷しないの」

 …えええーーーっ!! 「really!? next month!?」と、一応英語で叫んでしまったよ(笑)。いやはや、何なのこの人気ぶり!? 誰かこれから行く人、買って来て下さい(泣)!

 仕方ないので、フランス館のキャラクター「レオン」(上の写真。これ、わざわざ作ったのかしら?)グッズを見てみる。でも、こっちもけっこう可愛いし人気があるみたい。タグとかにちゃんと上海万博記念みたいな文字も入ってるし、要チェックです。

 てことで、楽しめるポイントも多いしけっこうオススメのパビリオンでした。

誰か止めて…

100520.jpg

 やばい、来月イギリスで行われる「DOWNLOAD FESTIVAL」で「DIO STAGE」が出来るらしい。何だろう、トリビュートステージなのか、ゴージャスなメンバーが揃うのか?

 同じフェスではAC/DCの「BACK IIN BLACK」再現ステージもあるしなぁ…。

 何気に見たら、その日に限ってロンドン直行便に空席があるんだよねぇ…。

 チケットもまだ売ってるみたいだし、今ポンドもユーロもめちゃくちゃ安いじゃん!?

 っておい、何もかも有利な方向で「行け! 行くっきゃない!」と言っているようじゃないですか(笑)。

 イギリスなら何とかカタコト英語で通じるだろうしねぇ…。でも、ダメだ。仕事はどうするの? 第一そんな金どこにある? 借金してでも行けってか?

 あ~~、日本なら死んでも行くんだけどなぁぁーーーっ! 誰か、とりあえず止めてっ(笑)!

パビリオン紹介「中国鉄道館」

1005187.jpg

「10点満点の個人的な評価」(※5月10日現在の情報です)
●ガラガラ度…100(おい)
●キッチュ度…6
●オモシロ度…9
●見どころ…中国新幹線、入り口の変な表示器、お土産コーナー
●オススメ度…10(※鉄限定)

 パッと見、開いてないと思った。それくらい、誰もいない。でも、よ~く見るとエスカレーターが動いてて、たまに誰かが入って行く。

 勇気を出して(笑)近づくと…

1005188.jpg

 中国新幹線が飾ってあって、誰かが中に入って行く! もちろんアタシも中に入ろうとしたら…入り口の偉そうな係員に思いっきり止められた! えっ? なんで? 言葉が全く通じないので断念したけど、予約制なのか? 入っていったのはお偉いさんなのか? 入る前から印象が悪い。日本の国鉄といい、偉そうで嫌なイメージだ(しーっ)。

 しかし、パビリオン内へ入るといきなりキッチュで面白い仕掛けがあって、とたんに和む。何でしょうか、コレ? とりあえず動画でドウゾ。

[高画質で再生]

中国鉄道館入り口部分 [アクセスカウンター]

 こんな感じで、アナログなのかデジタルなのか、ひたすら中国語や英語のメッセージや模様などを何種類も表示している。横には新幹線の巨大映像が、ずーっと流れている。

 エントランス広場には、中国の鉄道の歴史や色々な列車の映像、多分各地の駅の映像などが流れていて、好きな人にはたまらないと思う(笑)。

 そして、さらに奥まったところに通路があって、足下が線路になっているのも面白かったので、こちらも動画を撮りました。

[高画質で再生]

中国鉄道館の内部 [ホスティング]

 通路を抜けると色々な駅の模型や列車の運転席の展示、映像などが沢山展示してある。

1005189.jpg

 リング状の画面では、時々新幹線が走ったりして、子供が喜びそう。チラッと写ってますが、コンパニオンさんの衣装もカッコ良かった。

10051810.jpg

 新幹線とかの運転席を再現したコーナー。残念ながら、ロープが張ってあるので座ったりできません。

10051811.jpg

 で、下に降りるとバカ広いスペースがあって、機関車の大きな模型展示、その横には列車の座席を模した休憩所があり、窓型液晶ではちゃんと景色が流れているので、列車に乗っているような感じで休める。

 違う場所には子供が遊ぶコーナーや売店もあって、お土産が妙に充実しているが、誰も見ていない。

10051812.jpg

 お土産の一部。鉄道館の形の箱に、新幹線型の万年筆が収納されている。えーっと、5800元だからぁ…って、ちょっと、約7万8300円かよ! 銀かなにかで出来てるのかしら?

10051813.jpg

 模型のお土産もたーくさんあった。でもこういうのもやっぱ、1000元以上はするので、けっこう高い。

 安いものだと中国新幹線型ボールペン(10元)とか、ロゴマーク入りキャップ(58元)あたりがあったけど、買うの忘れてしまった…(アホ)。

 てな感じで、鉄系の人やお子さんなら間違いなく楽しめるでしょう。しかし、平日(月曜日)の午前中とはいえ、こんなに人気なくて大丈夫なのだろうか…? と、心配してしまった。

パビリオン紹介「震旦(オーロラ)館」

1005181.jpg

「10点満点の個人的な評価」(※5月10日現在の情報です)
●ガラガラ度…10
●キッチュ度…3
●オモシロ度…9
●見どころ…北京五輪のメダル、3Dの宝物
●オススメ度…9

 見るからにガラガラで、入っていいのかも躊躇するパビリオン。大体「震旦」って何だ? オーロラって、あの空に出現するオーロラ? などと、入る前は不思議いっぱいだったんだけど。

 どうやら震旦(オーロラ)社の企業パビリオンだったみたいで、「玉」つまりメノウとか石の加工をメインに行っているようだ。それで外に大きな石の装飾があったのか!

1005182.jpg

 …あ~、ガラガラなので、こういう通路も気持ちがいい。中に入ると、企業紹介のようなビデオ上映があったり、

1005183.jpg

 高価な石を触れるようなゾーンとか…

1005184.jpg

 昔はこういう手作業で石を加工していた、みたいな展示などがあって。

 ここくらいまで、正直全く面白みも感じず「フーン」としか思わなかったんだけど…!

 次のゾーンで一変。摩訶不思議な宝物達の3D映像に見入ってしまう。てことで、動画でドウゾ。

[高画質で再生]

オーロラ館の3D表示 [拍手]

 いや~、規模は小さいとはいえ3D映像がズラッと並んでいると、見応えがあって面白かった。

 さらに、アタシの目を釘付けにしたゾーンがあって! それは、北京オリンピックのメダル展示コーナー!

1005185.jpg

 そういえば、北京オリンピックのメダルには高価な石が埋め込まれていたけど、それって、この企業が手がけたんだ~!

 そんなことが分かるにつれ、入ってよかったと実感。アタシ的に…ですが、かなりの穴場パビリオンでした。

1005186.jpg

 だめ押しで、最後にはこんなキッチュなロボたち(マスコットの旦宝くんというらしい)がいて、中国語でペラペラ何か喋っていて可愛い。誰も見てなかったけど。

 てことで、マニアックな角度からかなりオススメです、はい。

別れのメロイックサイン

100517.jpg

 …うそ…でしょう? DIO様が亡くなったなんて!!??

 初期の胃がんだって聞いてたんだけど…? ちょくちょく見てた公式サイトには、けっこう経過が良さそうな写真や報告も出てたのに…実際はそんなに悪かったのか?

 もう、本当に大ショック。あの歌声が二度と聴けないなんて…。

1005171.jpg

 まだ67歳だって…!

 歌が単に上手いってだけじゃなくて、抑揚や表現にドラマ性があるんだよね。「HOLY DIVER」とか聴いてるとゾクゾクして来るし。ライブだとさらに迫力が増すっていうのもすごい。

 しかし、メタル系にはいつ死んでもおかしくないような人がゴロゴロいるってのに…やっぱ、真面目なのが却っていけないのだろうか? などと、色々考えちゃうよ。

 そう考えると、DIO様が中心になったプロジェクト「HEAR'N AID」の「STARS」も、今となっては本当に貴重になってしまった。追悼の意味も込めて、ぜひブルーレイで出してほしい!

 なんか、まだ全然信じられないけど…とにもかくにも、素晴らしい歌を有り難うございました! ご冥福をお祈りします…。

パビリオン紹介「上海企業総合館」

10051622.jpg

「10点満点の個人的な評価」(※5月10日現在の情報です)
●ガラガラ度…8
●キッチュ度…1
●オモシロ度…2
●見どころ…360度シアター、自動調理ロボ
●オススメ度…2

 万博に行く前、、どこかのサイトで「5メートルのハイバオロボットがいる」との情報をゲト。待ち時間も10分程度なので入ってみた。

 建物の周囲には光ファイバーが張り巡らされ、どうやら音に反応するらしい。待っている間にはこんな風景が…(動画です。音が出ます)

[高画質で再生]

上海企業総合館の入り口 [専用サーバー]

 何となく子供だましっぽい予感がしつつも、エスカレーターで上がって中に入る。

10051623.jpg

 またしても光ファイバー! 手をかざしたりすると色が変わるけど「それが何か?」的な雰囲気もする。

10051624.jpg

 奥の部屋に進むと、でこぼこした色々な壁面にめまぐるしく中国の映像が流されている。交差点だのお店だの…意味がよく分からない。

10051625.jpg

 中程くらいにはエレベーターがあって、時々開くと中にも映像が流れていたり。っていうか、ハイバオたんロボは?

10051626.jpg

 いい加減飽きて来ると、扉が開いて360度シアターへ通される。お爺さんと孫娘? の会話と上海の企業の進化みたいな映像が流されるんだけど、説明は全部中国語。英語の字幕も出るけど、すぐに消えてしまうので、よっぽどネイティブな英語がすらすら読める外国人以外は、かなりツラい。

 シアターが終わると屋上へ通され、色々な企業の機械が展示されている。

10051627.jpg

 人だかりが多かったのは「自動調理ロボ」のコーナー。

10051628.jpg

 ロボが作った料理のセットが売っている。50元。誰も買ってなかった。

 そして、物販コーナーがあって終わり。いやあの、ハイバオロボは…?

パビリオン紹介「宇宙の家館」

10051613.jpg

「10点満点の個人的な評価」(※5月10日現在の情報です)
●ガラガラ度…4
●キッチュ度…3
●オモシロ度…5
●見どころ…3Dアニメシアター
●オススメ度…4

 朝イチの時点で40分待ちだったので、案外穴場的に面白いのかもと思って、入館。ウェイティングゾーンの、キッチュな巨大太陽系風装飾もいい感じ。

10051614.jpg

 待っている間、金色の筒の中をみんな覗くので、何があるのかと思ったら…

10051615.jpg

 えっと、小学生の頃絵本で読んだような「未来都市」? みたいなのが描いてあった。こんな感じで、宇宙ステーションとか月面の街とか予想図があったよね~。

10051616.jpg

 入るとまず、メガネが配られて3Dアニメが上映される。何かの動物の親子が主役で、子供が間違えて宇宙船に乗って旅立ってしまい、ドタバタを繰り広げる…といった内容。

 若干セリフはあるけど(もちろん中国語)、分からなくても大丈夫だし飛び出し具合も迫力があり面白かった。

10051617.jpg

 その後は展示コーナーへ移動。無理矢理感のある宇宙イメージの展示物が色々あって…

10051618.jpg

 こんな感じで顔写真を撮り…

10051619.jpg

 画面の中で宇宙飛行士になって記念写真が撮れる、みたいなゾーンが一番人気があった。

10051620.jpg

 しかし、全体的にはこんなチープな未来都市模型などが並べてあるだけで、あまり面白みはない気がした。

10051621.jpg

 出口近くには、昭和な感じの広告もありました(笑)。あと、売店には3D映画のキャラのぬいぐるみなど、子供が喜びそうなものがけっこうあった。

上海万博へ突撃その2(食事、トイレ、移動手段)

1005161.jpg

 あれま、万博もいきなり昨日(15日)入場者が33万人オーバーって、急激に増えたわね! こうなると、とりあえず空いてる時に行っておいてよかった…と思うのが人情ってもんですが。

 で、昨日の続きです。

 食べ物について、手軽なのはやはりフードコート。こんな感じで日本食コーナーもあるし…

1005162.jpg

 よく分からないけど洋風コーナーにはチョコレートファウンテンもあります。って、誰がやるんだこんなの!?

1005163.jpg

 で、ついつい写真の魔力に負けて牛丼セットを頼んでしまったり(ドクロ)。牛丼、わかめスープ、サラダ、鳥の唐揚げ、コーラがついて50元(=約675円)。けっこう高い方だと思う。

 牛丼はマズくはないけどスーパーつゆだくで、食べ辛いったらなかった。わかめスープは…味がしなかった。

10051612.jpg

 他にも、前日豫園で行った「南翔饅頭店」を見つけ、念願の小龍包を頼んだものの…豫園では16個12元だったのに、万博店では8個30元!! あまりにもすごい格差にビックリ。まぁ、美味しかったけど。

1005164.jpg

 会場には高めのレストラン以外にも、道ばたでこんな感じでパンも売っている。10元前後なので若い人たちが買ってかじっている姿が目についた。

 ぶっちゃけ、時間もお金もったいないし、こんなのでいいいんだけどね。あと、水分補給はジュースとかミネラルウォーターをオススメします。

1005165.jpg


 こういう水飲み場も沢山あるんだけど、よく見るとけっこう中国の皆さんは口をベッタリくっつけて飲んでいるので…何というか、気分的にオススメできないというか…。

 ちなみにドリンク類は3~4元くらいで、意外に高くないので何回か購入した。緑茶も買ったけど、砂糖が入ってるので要注意!

 で、食といったら対にあるのは…排泄つまりトイレであります。

 はじめ、入り口付近でこんなトイレを見つけてぶっ飛んだ。

1005166.jpg

 えっ? 男女一緒!? しかもなんか、下に車輪がついてるんですけど。

 いくら何でも、これは嫌だなぁ~! なんかさ、ドッキリ用の仕掛けトイレみたいじゃない(笑)? でも、見てると女性も平気で利用してる…!

 そうしたら、それはかなり緊急用というか例外で、たいていはこんな感じ↓でちゃんと男女別のトイレになっている。あ~、よかった。

1005167.jpg

 と、安心したのもつかの間。

 女子トイレの場合だけど、向こうではフォーク型に列にならんで利用する、という習慣がないようです。確か20年ぐらい前まで日本もそうだったけど、とにかく早い者勝ちで扉の前に陣取って利用する、というのが当り前。

 だから、日本の感覚で入り口に並んでると怒鳴りつけられながら割り込まれ、空いた扉をつかむようにキープされてしまうのだ…! そんな感じなので、図々しくいかないと一生入れません。おもらししたくなかったら、空きそうなドアの前に陣取りましょう。

 あと、混んでるトイレの緊迫感と怒鳴り合いはものすごいので、冷静になって他のトイレを探しましょう。けっこうあちこちにあるし、近くにあるのにガラガラなんてこともしょっ中だった。いやはや、カルチャーショックだったよ…。

 あ、あと参考までにトイレはこんな感じでした。紙は、行った限りは全部備え付けてありました。

1005168.jpg

 これは和式。上の方にあるつまみみたいのを押すと流れます。

1005169.jpg

 こっちは洋式。水を流すレバーとかなくて、済ませてからドアを開けると自動で流れるようになってるので慌てないように(笑)。

 そして! 大事な注意点は! 紙は流さずに、置いてあるゴミ箱に入れましょう! 日本で慣れてるからつい紙を中に捨てちゃうんだけど、中国は(マカオもそうだった)下水設備が弱いので、紙を流すとすぐに詰まってしまうのだそうです。

 だから、どのトイレに入っても必ず横に大きなゴミ箱が置いてあるとのことです。ナルホド。

 最後に、会場内の移動方法なんだけど。とにかくメチャクチャ広いしA、B、CエリアとD、Eエリアは川で分断されているので、無料バスとかフェリー、あるいは地下鉄を使わないと死んでしまう。

10051610.jpg

 これは、会場内をぐるぐる回っている電気バス。黄色い屋根のところに停留所があり、停車すると上部からスルスルとバーが伸びて充電を行うようになっている。写真は充電中のところ。

 でも、環境配慮型ってのはいいんだけど、すごく静かだから道路を渡る時に気をつけないと危ないの。中国(上海?)は車優先なので、人が渡っててもかまわず突っ込んで来るし(汗)。

 道路には、見た限り信号もなかったし(あっても多分意味ないけど・笑)、メチャクチャな感じがした。

10051611.jpg

 それから、1回だけ利用したフェリーも無料。これは、デッキもあってかなり気持ちいい。もちろん、自分の場所とかをしっかりキープしないとどんどん割り込まれますが(笑)。

 てな感じで、書きたいことは他にも山のようにあるけど、とりあえずまだまだ続きます。

上海万博へ突撃その1(2010/5/10)

1005151.jpg

 上海3日目にしてやっとお天気も回復したので、いよいよ万博へ突入! しかし、会場には大きなゲートが8個もあるし広いので、どこから入るかが非常に重要であります。

 中国館に近い6番ゲートが一番混むという情報なので、日本産業館に近くてちょっと外れたところにある1番ゲートから入ることに。

1005152.jpg

 1番ゲートへは、地下鉄4号線「魯班路(ルーバンルー)」駅から歩いて行く。駅もすっかり万博バージョンになっている。

1005153.jpg

 さすがに、超デカく矢印が書いてあるので、アホでも迷わない…ハズ。

1005154.jpg

 外に出ると、こんな凝った植え込みまであって、来場者の目を楽しませてくれます。

1005155.jpg

 あと、キオスクみたいなところでは「週刊万博」という日本語(あと中国語と英語バージョンがある)の週刊誌が6元(=約81円)で売ってるので、興味のある人はドウゾ。アタシはもちろん買いました。

1005156.jpg

 駅からゲートまでは、多分歩いて10分くらいかな。けっこう遠い…。

1005157.jpg

 やっと、1番ゲート到着! …っていうか、開場の9時なのに全然誰もいないんですけど…(汗)。

 しかも、ショッキングなことに昨日あれだけ苦労して、他人に迷惑をかけてまで買った入場券だったのに、当日券売り場もガラガラだよ…チクショウ…(涙)!

1005158.jpg

 入り口は多人数を想定した作りになっているので、長ーい通路を蛇行させられたり、すごく無駄な感じ。入り口では荷物とボディーチェックがあるけど、係員はすっごく(無駄に)威張ってる。こっちは海外から観光に来てるんだし普通に言えば解るよ! と言ってやりたいが、中国語が話せないので睨みつけておいた(おい)。

1005159.jpg

 と、入場するやいなや、押し付けるように係員が「中国館」の入場予約券を渡して来た! なんと、9時過ぎでももらえるとは、ラッキー!

 やっぱり寂れたゲートから入ったのがよかったのかしら(笑)?

 ちなみに、一番上の写真と比べてもらうと一目瞭然ですが、入場券は機械に通すと左右に「EXPO 2010」みたいな文字が打ち込まれて、使用済みか分かるようになっています。

10051510.jpg

 あと、場内には何気にフリーペーパーみたいのもあって、その日とかその週のイベントが載っているようなので、もしあったらもらいましょう。ただ、全部中国語だけどね(ドンマイ)。

 ゲートを抜けて、左方向にしばらく歩くと…おおっ、TVでよく映してた、あいつらがいた!

10051511.jpg

 日本産業館の壁をよじ登る、サラリーマンをイメージしたというロボットです(笑)。確か20分で上り下りをこなすらしく、人気スポットになってる…と聞いてたんだが、誰も見てないよ…。

 さすがに見てるのもアホらしいので、産業館に入ろうとしたら…

10051512.jpg

 うわぁ! いきなりもう2時間待ち!

 おいおい、何なんだこの局地的な人の集まりは!? 他のエリアはガラッガラだというのに…。とりあえず、時間がもったいないので他のすぐ入れそうなところを探す。

 で、この日は「宇宙の家館」「上海企業総合館」「オーロラ館」「中国鉄道館」「フランス館」「イギリス館」「イタリア館」「中国館」という順番で回ったので、パビリオンについては1つずつ書いていきます。

10051513.jpg

 少なくとも午前中のこのエリア(Dゾーン)は特定パビリオン以外本当にガラガラで、中には「開いてないんじゃない?」って思うようなパビリオンも。

 ディズニーランドみたいにゴミを掃いたりするオジサンもあちこちにいるものの、ゴミも全くないので途方に暮れたように歩いてるのが気の毒だったり。

 ベンチも写真の通り座り放題。しかし…

10051514.jpg

 こういう、アンニュイな場所にあるオミヤゲ屋に入るときは、気をつけて!

 入るや否や、何人かの売り子が密着して来て、死ぬ気で売ろうとしてくるの! ちょっと何か見たり手に取ると、ものすごく懸命に説明して来るし。いやあの、中国語解らないのですけど…。

 仕方なく? ジュースとハイバオたんの模様が入ったスナック菓子を買ったら、お金を払ってる最中似たようなお菓子を持って来て「ピーナッツ!?」とか何とか勧めて来るし。いやあの、もうお金払ってるんだけど…。

 お客が少ないから快適に買えるかと思いきや、本当に大変だった。

10051515.jpg

 一方、空いててよかったのはレストラン。こんな感じのフードコートも沢山あって、まぁやっぱり中華系が多いんだけど、色々な国の料理が手軽に楽しめるようになっている。

 ってことで、長くなっちゃってるので食べたものや設備などのレポは、また続きで。

 ★5月10日の歩数…2万4375歩

上海旅行2日目(2010/5/9)

1005141.jpg

 昨日、今日は生憎の天気。特に今日は、朝からかなり雨が降っている。万博的には空いている可能性が高いと思うけど、無理しないで豫園や外灘などの観光やショッピングをすることにした。

 朝ご飯はバイキングになっていて、お粥などの中華系からパンなどの洋食系、ご飯やみそ汁などの和食系まで色々と揃っている。少しずつチェックした結果、洋食系がいちばんマトモだった…。

 とりあえず、万博の入場券を買わないと落ち着かないので、郵便局や銀行に売っているらしい1日券を購入してから豫園に行くことに。地下鉄2号線で南京東路へ行って駅近くの郵便局でチケットを買い、すぐ10号線に乗り換えて豫園へ…と、頭の中で考えていたのだけれど…。

 南京東路近くの郵便局が分からない! 仕方なく赤い腕章を着けたボランティアと思しきオジサンに尋ねたんだけど、英語が全然分からないみたいだ。

 するとオジサンは青年の万博ボランティアが控えているインフォメーションへ連れて行ってくれたので、そこで英語でチケット買いたいから郵便局を探している、みたいなことを言ったものの…また通じなくてダメ。

 遂に、TVで見たような電話が登場して日本語の通じるガイドに代わってもらうことになった、その直後。

「私、日本語解りますよ。何ですか?」

 と、偶然通りかかった40代くらいの女性が声を掛けてくれたの! で、万博チケットを買いたいが郵便局の場所が分からない、など中国語で伝えてもらって、ようやく解決した。

 その女性はすごく親切で、とりあえず一緒に近くまで行ってくれるという。お言葉に甘えて郵便局へ着いたら、またそこでも窓口で色々聞いてくれたんだけど…な、なんとチケットは売り切れ!

 すると、さらに近くの銀行までまたまた案内してくれて!

 何度もお礼を言いつつ、少し話をしたら、女性は5年間東京に住んでいて上海に戻ったばかりで、その間あまりに急激な変化を遂げていて驚いたそうだ。

 そして、女性の妹さんと姪御さんは日本でよくTVに出ている焼き小龍包屋をやっているとのことで、アタシも番組で見たことがあるのでビックリしてしまった。すごい偶然というか…。

 やっと、次に着いた交通銀行でチケットが売っていることを確認。

「本当に、有り難うございました! 日本に戻ったら、焼き小龍包食べに行きますね!」などとお礼を告げて、やーーーーーっとチケットを買うことができた。

1005142.jpg

 銀行の周囲はこんな感じで、多分外灘近くのようだったけど疲れてしまったので地下鉄駅へ戻ることに。

 10号線で豫園駅へ行って、少し歩くと有名な観光名所へ着いた。

1005143.jpg

 ここでも、ハイバオたんがお出迎えしてくれます(笑)。

 気づくともうお昼だったので、有名な「南翔饅頭店」に並んで、小龍包を食べることにした。人気があるだけに、すごい列で約30分ほど待っていると、やっと番が来た。

1005144.jpg

 そうしたら…何と、小龍包は売り切れで「カニ味小龍包」しかないとのこと。ガーン。仕方なく、そっちにしてやっとお昼にありつく。

 ちなみに普通の小龍包は16個で12元(=約162円)、カニ味は16個で20元(=約270円)。まぁ安いけどね、できればプレーンが食べたかった…。

1005145.jpg

 その後お店などを見て回り、可愛い看板のマック(マイダンラオ)があったので、おやつに「バナナパイ」を食べてみた。感想は…暖かいバナナ。以上です(笑)。

1005146.jpg

 豫園を出てから、すぐ裏にある「上海灘商場」という手芸用品などの問屋がたーーくさん入ったデパートのようなところへ行く。

 ここにはボタン、ビーズ、レースやリボン、金具などがたんまり売ってて、しかも全部言い値で値切りもできるので、電卓を使ってかなり安く色々買うことができた。

 2階にはカバン屋さんが沢山あり、試しに買うつもりもないバッグの値段をオジサンに聞いて、半額くらいなら買う…と提示したら「お話しにならない」というそぶりをされたので、笑いながら違う店へ。

 そうしたら、少ししてそのオジサンが飛んで来て「さっきの値段でいいよ!」みたいな感じで一生懸命売ろうとして来たのにビックリ。

 申し訳ないけど、固辞しつつ買い物の「コツ」を学んだアタシであった(おい)。

1005147.jpg

 これは、吹き抜けの2階から1階を見たところ。ものすごく雑多で色んなものがあって、見て歩くだけでも面白かった。

 そして問屋といえば、服がメチャクチャ安いデパートが並んでいる「七浦路」(チープールー)というエリアにも行きたかったので、10号線で「天潼路」駅へ。

1005148.jpg

 七浦路にはこんな感じの怪しげなデパートがいくつかあって、中に何百という小売店がひしめいている。服には値段がなくて、全部電卓で交渉して値切って買うようになっていて、地元の女性が死ぬほど詰めかけていた。

 とりあえず、安い靴下とかを値切って買ったりキョロキョロして、いい加減疲れたので地下鉄で移動しようとしたら…!

1005149.jpg

 な、な、何と夕方6時くらいなのに入り口が全部閉鎖されてる!! 今日は日曜日だからなのだろうか、それにしても、こんなことってアリ!?

 下調べは色々して来たつもりだったけど、こういうローカルな情報までは、さすがに見つからなかったな~。失敗した!

 仕方なく、南京東路駅までまたまたテクテク歩いていく。本当に、今日は朝から予想外の出来事ばかり。親切な方との出会いもあったけど、疲れもハンパじゃない。

 結局、超有名観光スポットの外灘に行くことなく、適当にパンなどを買ってホテルに戻ってグッタリ。

 あ~、今日までは明日からの万博の“前座”のハズだったのに…こんなに歩き回ってしまって大丈夫だろうか…(汗)?

 ★5月9日の歩数…1万8390歩

上海旅行1日目(2010/5/8)

 上海万博に、いつ行くか。

 行くことは決めていたものの、何しろ7000万人も来場を見込んでいるらしいので、できるだけ空いている時期に行きたい。さらになるべく安く…となるとやはりGW明けあたりが、気候もいいし狙い目かな~。

 それから、「上海万博」と銘打っているツアーは軒並み高いので、フリーのツアーにして入場券は現地で買うことに決定。

 羽田から上海までは約3時間と近いし、時差も1時間しかないのでかなり楽。なハズ。

1005131.jpg

 まずは機内食。っていうか、こんな短いフライトで出るんだー! と、ちょっとビックリした。水平飛行に入ってから、すぐに運んで来たのは、ご飯&焼き魚、煮物、ローストビーフ、サラダ、おそば、プリン。やっぱ、軽食感覚なのか量は少なめ。味は…(以下略)。

1005132.jpg

 これは機内にあった、中国客向けの日本紹介雑誌。表紙にガンダムと愛ちゃんがいます。あと富士山。そっか、彼らが中国にとって、今の日本のアイコンなのか~。

 ガンダムはトップページでけっこうな特集が組まれてた。中国語なので全然読めないけど。

1005133.jpg

 フライトはあっという間で、到着するやハイバオたんがお出迎え。この後、イラストやらフィギュアやら、至る所で見ることに…。

1005134.jpg

 ホテルは中山公園というエリアにあり、すぐに着いたので一休みしてから地下鉄駅直結のショッピングセンタービル「龍之夢」へ。

 ここはもう、何があるのか分からないくらいデカイんだけど、地下にある「カルフール」というフランスのスーパーが、安いし何でもあって便利だった。

1005135.jpg

 早速買い食い。「リリアンケーキショップ」というところでマカオ風エッグタルト、1個3.5元(=約47円)。カスタードの香りがよくてトロットロ。美味しい!

1005136.jpg

 上海は地下鉄が異常に発達しているので(今年に入ってから急激に増えたらしい)、まずはPASMOみたいなプリペイドのICカード(ジャオトンカー)を購入すれば便利、便利。模様も万博バージョンです。

 地下鉄2号線で、一番にぎわっているという「人民広場」駅へ。

1005137.jpg

 出るとすぐに、100年くらい歴史があるという「第一百貨店」の古~い建物が見える。

 ここからホコ天になっている南京東路方面へブラブラ歩くことに。

1005138.jpg

 途中で、また買い食い。

 ネットで色々な人が絶賛していた「沈大成」というお店のテイクアウトコーナーで、餅菓子を2個。草餅(青団)と小豆&胡麻餡の入った双釀団というやつ。

 店内にむき出しで餅類が山盛りにおいてあり、女性が注文に応じて1個ずつビニールに入れてくれる。かなりでかくて食べ応えバッチリなのに、2元(=約27円)と、めちゃ安い。

 あんこも日本人好みで甘さ控えめだし餅部分も柔らかくて、本当に美味しかった! これは納得のオススメ品ですね。

 ちなみに通りにはベンチも至る所に沢山あるので、みんなそういうところで休みながら買い食いを楽しんでいる様子。

 さて、しばらく歩いていると…いたーーっ!!

1005139.jpg

 ニセモノ万博グッズ売りのオジサン発見!

 しかも、この人はどこで売っているかというと…

10051310.jpg

 中国館を模した、正規のグッズ販売コーナーの真ん前(右側の、矢印のところ)!

 つーか、けっこう売れてるんだよね、これが(笑)。そうか、グッズ買う人ならこっちの安い方を選ぶだろう…みたいな狙いなのかな。

 万博中だからかあっちこっちに警官もいるんだけどねー。この堂々ぶりはすごいっす!

10051311.jpg

 南京東路沿いには、ビル内に大きな公式グッズショップもあったんだけど、品揃えが悪くて全然ダメだった。わざわざここ行くなら、万博会場内のオミヤゲ屋の方が空いてるし、品揃えも桁違いによかったので念のため。

 ピンバッジが欲しかったけど、こっちのショップではガラスケースに入ってるのをいちいち出してもらわないといけないし、何より会計方法が面倒! やめた方がベターでしょうね。

10051312.jpg

 後は、最近TVで取り上げられてた“中国のユニクロ”こと「メーターズボンウェ」をのぞいたり。なるほど、安かろう悪かろうじゃなくてデザインもいいし、色々アニメなんかとタイアップしてたり、人気があるのが分かる感じ。

 もしかして、ここも日本に来るのかしら? チャイナ風なやつなら受けるかも…?

10051313.jpg

 あ、もちろんユニクロもあっちこっちにあった。1軒だけ見たけど、多分値段はそんなに変わらないような感じ。確か近々、上海に超大型店もできるんだよね。

 まぁ日本人としてはそろそろ「おなかいっぱい」な気もしますが。

 さて、あたりも薄暗くなって来たし疲れて眠いので引き返すか…などと思っていると…何やら、人だかりを発見。

 何事かと近づいてみると…こ、こ、この人は!!

10051314.jpg

 マイケル!! 一体、いきなりナゼ(笑)!? 何かのキャンペーンみたいだったけど、中国語が読めないのでよく分からなかった…。

 てことで、最後にマイケルの動画で初日のレポートは終わり。もちろん、音が出ますので注意して下さい。

[高画質で再生]

南京東路のマイケル [ネットショップ]

上海帰りのお疲れ娘

100512.jpg

 ただいまぁぁーーーっ!

 今日まで、上海&万博に行って来ました! 4日間で、約8万歩以上歩いた(グッタリ)!

 万博に行ったのは実質2日なんだけど、お天気に恵まれたせいか16~18万人ぐらい来てて、けっこうあちこち並びました。

 中国館は何とか見られたものの、日本館、日本産業館はそれぞれ3時間待ちの列が出来ていたので断念し、不人気パビリオンを徹底取材(笑)して来ました。

 しかしね、行く前TVで見ていた色々な騒動は、けっこうバイアスかかってて誇張されたものじゃあないか…と思っていたのですが…実際行ってみると

「決して誇張されたものではなかった!」

 ということが分かりましたよ、いやはや。割込みは当り前だしゴミはポイ捨て、押し合いや怒号はしょっ中。日本に戻ってまず「なんて静かで綺麗な国なんだろう」って、実感したもん(笑)。

 あ、あと! 岡本真夜の曲は全く流れていなかった…のですが、帰りがけ思わぬ場所で聴くことが出来て感動。少しだけ動画も撮れたので、その辺も追々。

 てことで、これからボチボチ動画なども交えてクダラないレポを書いて行きます。

 ちなみに、行ったパビリオンは…「宇宙の家館」「上海企業総合館」「オーロラ館」「中国鉄道館」「フランス館」「イギリス館」「イタリア館」「中国館」「パキスタン館」「北朝鮮館」「イラン館」「レバノン館」「インド館」の13館。不人気館中心なので、けっこう回れた方だと思います。

 それでは、とりあえずまた。

パチンコパビリオンの夢

 …うぬぬぬーーーっ! うぉぉーーーっ! やめてやめて、うわぁぁぁーー!

 と、昨日からの株式相場を見てて悶絶したのは、アタシだけではないハズ。

 恐るべき垂直フォーリング。これって、底あるのかな…なんか、スペインとかもヤバそうだし。ピッグス様、もう勘弁して。って、超借金国の人間が言ってみる(ドクロ)。

 ところで、最近上海万博がプチブームのアタシ。昨日も編集女子とご飯を食べながらパビリオンの話とかしてたんだけど、2005年の愛知万博でパチンコパビリオンがあったということを知らなかったようなので、もしかしてもう抹殺された歴史なのかしら? と思い、例によって当時の写真をゴソゴソ探してみたので少しだけ。

1005071.jpg

 愛知万博のパチンコパビリオンは「P-FOREST」と名付けられ、期間限定(6月23日~7月10日)で公開されていた。

 中に入ると、まず正村ゲージあたりからパチンコの歴史をたどるコーナーがあり、「玉」にこだわった遊びが体験できるコーナーやら、写真のような特製の変わり種パチンコ(フィットネスパチンコ、骨伝導パチンコなど)体験、リサイクルなどエコ活動紹介コーナーなどなど、けっこう盛りだくさん。

1005072.jpg

 これは出展されてた中のほんの一部ですが、左が高尾が作った万博バージョン(画面では、アニメが流れているだけ。もちろん展示のみ)、左がエレックが展示したリサイクル部品の紹介台(シンデレラボーイが使われてた)。

 確か、万博会場の手すりとか椅子とかは、全部パチンコの廃棄台をリサイクルして作ってあったはず。

1005073.jpg

 一番大きなゾーンには、大木を模した実機体験コーナーがあり、10社前後の台が打てたと思う。ていうか、ホールに設置されてる台なのに、子供も打っていいのかしら…と思った記憶があるンだけど(ドンマイ)。

1005074.jpg

 アタシが一番楽しみ&良かったのは、廃棄台の部品で作った楽器を使ったコンサート。笛、太鼓、マラカスみたいなのなど、全部盤面や風車などの部品で作ってあるの。

 見た目はちょっとアレなんだけど、プロのミュージシャンが演奏していることもあって、ちゃんとした演奏になってるんだよね。驚いたし、本当に行ってよかったな~と思った。

 あと、担当の方がすごく親切で熱心に説明して下さったし、特製ピンバッジももらえて大喜びだったのも、嬉しい思い出。このブログサービスを使う前、本館では当時のことをタップリ書いたので、覚えている方もいるかも、ですが。

 パチンコ関係って、どうしても悪いことばっか大きく報道されたりするけど、こういう文化的な出来事も色々あるんでね、また紹介して行きます。

何だったんだ…

100505.jpg

 さっき、公式サイトで今日の万博入場者数を見てみたら…!

 おい、8万切ってるやんか(笑)! まぁ17時30分現在の数値みたいなんで、もう少し増えるかもしれないけどさ…中国では平日とはいえ、すでに初日の半分以下とは。厳しいね。

 まぁ、これから行く方にとっては限定5万人の中国館が見られる期待度が、グッと高まったというのがいいけどね。

 しっかし、あの騒ぎは何だったんだろ…。

 いや、愛知万博も同じようなパターンだったかな。9月以降にまたドッと増えるんだよね確か。アタシは9月に行ってドエリャー目に遭ったから、よく覚えてるよ。

 これからWカップもあるし暑くなるし、どうなることやら。

日中お笑い合戦

1005041.jpg

「あれは公約じゃありません、私個人が言ってたことなんですっ!」

 いやはや、今日は本当にビックリ。沖縄乗り込んでってどんな言い訳するのかと思ってたら…。もはや想像の斜め遥か上を、さらにカーブして行っちゃってるって感じだ。早く辞職して、入院した方がいいと思いますよ、マジ。

 それはともかく、1日にとうとう上海万博が始まって。

 アタシも役に立ちそうな地図を探してたら、撤退するはずの谷歌マップがまだ見られるのにちょっと驚いた。けど、最大にしても建物の形状が全く分からなくて(鳥瞰図だと、もっと分からない)「使えねーな」などと思ってたら。

 それとは全く別の、上の写真の立体マップがすっごく使える! 上海の中心部分が全て3Dっぽく表示されてて、位置関係などがめちゃ役に立ちそう。

 たださすがに、最近開通した地下鉄の駅などはまだ乗ってないんだけどね、もし上海の細かい地図が見たい人がいたら、オススメです。

 さて情報集めのために、TVのニュースやワイドショーも色々と見てるんだけど、何度もあの予約券奪い合いのところばーーっかり映して、高飛車なコメンテーターが何か話して失笑…みたいなことだらけ。もっと、役に立つ取材してよ~!

 確か、マスコミ関係者の間でも中国館の取材予約に殺到して怒鳴り合いがあったハズなんだけど(どこかが、チラッとだけやってた)、そっちはいつの間にか「なかったこと」になってるしね(笑)。

 あと、色々見てるとけっこう局ごとの特徴みたいのがあるのに気づく。

 例えば、フジだと美奈子やアヤパンが違う番組でそれぞれレポートしてたんだが、2人とも道ばたのお店やパビリオンで、勝手にカーテンとか遮ってある絨毯とかを手で開けちゃって、「まだ準備ができていませーん、アハハ!」などと能天気に笑ってたり。いやあの、それって失礼では…。やっぱ、CXのノリは違いますね(笑)。

 あまり見ないけどテレ朝の場合だと、何でもポリティカルな方向へ持って行きたがるようで、多分見た限り「日本館では日の丸を揚げていません」みたいなこと言ってたの、ここの番組だけだったと思う。

 そんな中、一番笑ったのは、たけしのニュースバラエティ番組だった。

 1日の開幕関連ニュースなどを伝えている中で、たけしの頭上からドリフの金ダライみたいに何かが落っこちて来た。それを映すと…

1005042.jpg

 ワハハハ! これって、両脇は以前北京の遊園地で問題になったニセどら&キティだよね? もしかして、中央のハイバオたんも、心なしかスリムにしてガンビーっぽくしてるのかな?

 こんなの、小道具さん? が一生懸命作ったんだろうね~。瞬間芸的な笑いだけど、ヘタなお笑い見るよりよっぽど面白かった。

イカす!? 歩行者天国

1005031.jpg

 こないだの銀ブラ話続き。

 銀座のホコ天も久しぶりだったけど、キョロキョロしてると色んなモノがあって面白いね。中でも、人だかりがすごかった一つがこのネコっぺたち。

 さて、何匹いるでしょう? などとクイズにしたくなるほど親子で固まってスヤスヤ。それを、ニコニコしながら見る人々。

 ところが、誰かが思わず触ろうとすると…「注射してないから、ダメ!」という、飼い主らしきオジサンの厳しい声が飛び、慌てて手を引っ込める…ということが繰り返されているのが、ちと不思議だったり。

 注射? 犬なら分かるけど(てか、違法だし)ネコなのに危ないの? などと思いつつも、写真は撮れたので早々に退散。

1005032.jpg

 風景で面白かったのは、このビル。一見するとお店がやってるように見えるけど、全部絵です。

 まだ工事中、ってことなのかな? 小さくてわかりづらいかもだけど、ちょうどタイミング的に西洋人ばかりが通りかかっているシーンだったので(マジ、偶然撮れてビックリ・笑)、外国のシャレた街並みにも見えるのにご満悦であります。

 さて、銀座を抜けて東京駅に行き、食べたくて食べたくて仕方のなかったモノにありつくことに。

1005033.jpg

 アタシが私設応援団長を務める(うそ)「みはし」のクリームあんみつ。ああ~、食べたかったよーーーっ! 530円の、プチ贅沢。

 まるで欠食児童のように(おい)、一口ずつジワ~~ンと味わいながら頂きます。

 食べ終えて一息つき、フト見ると外にはかなりの列が出来ているので、さすがに居心地が悪くて会計しようとしたら(※上野と違って、後会計デス)…

 さ、財布がないっ!!

 何度探しても、財布がないの(泣)! 電車は国鉄も私鉄もICカードだから、財布忘れたの全然気づかなかった!

 …どうしよう。

 …どうしようぅぅぅーーーっ!

 背中にイヤ~な汗がジットリ。器も片付けられてしまい、さらに居心地が悪くなってるし。

 とりあえず、事情を話してお金取りにいく? それとも携帯はあるから近くの友達に来てもらう? など色々考えたんだけど、会計を見ると、そこに一筋の光が…!

 「ICカードも使えます」

 そうだ、ここは国鉄が関係してる地下街だったんだ!

 もう、シレーッとして会計に行き「カードでお願いします」とか言って、何食わぬ顔で出ましたよぉぉーーっ!

 あああーーっ、肝冷やした! 久々に大ピンチだった。国鉄嫌いだけど、ICカードにだけはちょっとだけ感謝したよ(笑)。

 これからは財布の確認を忘れないようにしなくちゃ。あと、万一のためにどこかに少しお金入れておこうかなぁ? などと考えているのであります。

第?新東京市にて

1005011.jpg

 今日と明日、西陣が日比谷公園で行われている「ラジオパーク」にて、恒例の「遊べるキャンペーン」ブースを出展するというので、取材へ行った。

 ていうか、早いもので今回で5年目なんだね! かなり太っ腹なイベントということもあってか、問い合わせもかなりあるらしい。アタシも、いつも参加したい衝動にかられるけど…サスガに大混雑の中、取材に行ったのにやる勇気はない…(笑)。

1005012.jpg

 とはいえ、付近でウェットティッシュを大量に配ってたので、これならバチもあたるめぇ…と、1個もらってみたら、何やらキャッチフレーズみたいなモノを発見。

“人生の1割ぐらいは、遊んでいい。”

 う~ん、カッコいいですね。多分もっと遊んでるけど…(おい)。

 で、終了後はいつものごとく他のブースもチラ見しながら帰ろうとすると…

1005013.jpg

 うわっ、何だっけ、このキャラ見たことある! …そうだ、アイスクリームだ!

 見ると、メイトーのブースでホームランバーの色んな味のサンプルを配布するらしい。…もちろん、並びましたよ。だってけっこう暑かったんだもん…。

1005014.jpg

 てことで、3分くらい並んでもらったレモンクリームソーダ? 味。今や、ホームランバーにもこんなバージョンがあるようです! そういえば、スーパーでホームランバーのプリンも見たことあるわ。多角経営…?

 ちなみに、もし当りが出た場合は豪華賞品ももらえるらしいのですが…サスガにそこまでは無理でした(笑)。

1005015.jpg

 今日は風が強かったけど本当にいい天気。この向こうにある人だかりは、ラジオの公開録音のギャラリーのようですが、聞こえて来た声は…加山雄三! こっちも何気にパチンコ関係だった、みたいな。

 さてパチンコ関係といえば、その後ちょっくらホコ天まで出て銀ブラしていると…

1005016.jpg

 ユニクロのメンズの方に、何やら見たことあるようなモノを発見。

 もちろん近づいてみたら…

1005017.jpg

 しょ、初号機だぁっ!!

 どうやらコラボTシャツが発売になったみたいで、手前に何種類もが山積み。早速チェキしてみたところ、どれもけっこういいデザインで、Sサイズもあったし買おうか迷ってしまった。

 店の前では、写真撮ってる男女が入り乱れてて、けっこうすごかった! いやあの、アタシもその一人ですけど(赤面)。

1005018.jpg

 特に欲しかったのは、紫色のやつ。てか、分かり辛いと思うけど初号機のボディ? が浮き出てるような感じで、色合いも渋くてよかった。

 まぁやっぱ売れ筋だからか、2枚で割引とかにはなってなかったみたいで1枚1500円。迷いに迷って、緊縮財政中なのであきらめた。

 他には新しく出来たばっかの「フォーエバー21」などをチェキ。

1005019.jpg

 つーか、悪いけどアタシ、松坂屋がこんなに混んでるの見るの初めてかも…。客層も今や若いコ中心だし! 本当に驚いたよ。

 H&Mもそうだけど、こんなにファストファッション系がもてはやされてるのは日本だけみたいで、海外住んでる人なんかはこういう現象にビックリらしいけど…。

10050110.jpg

 一回りして見ると、なんというかマドンナっぽい(今風だとガガっぽい?)服が多くて、ちょっと欲しいものはなかったなー。

 中には思わず笑ってしまうようなものもチラホラあり…このスケスケレオタードやらコルセットみたいな服…誰が買うの? みたいな。

 ネタ的な意味で“掘り出し物”も多数あるようです、はい。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク