リアルスポーツ!

0908313.jpg

 2ヶ月くらい前だったか、夕刊紙「内外タイムス」のお葬式という、ギャグかマジか分からないイベントに出掛けた時の模様をここで書いた記憶があるんだけど。

 その時「内外タイムスは死にます。そして新しい夕刊紙として再生し、名前も募集します!」みたいなキャンペーンもやっていたのだけど、まさか本当だったとは…!!

 てことで、「内外タイムス」は今日で終わり、明日から「リアルスポーツ」という夕刊紙になるそうです。写真は今日の一面。いや、選挙に引っ掛けてあるんだろうけど、社長自らがネタになってたりして、ロック(いや、パンクか?)だよね(笑)。

 さらにすごいのは「スポーツ」という名がつく一方、最も増強するのは芸能面というところ。紙面には今後の抱負なども書いてあるんだが、声を出して笑ってしまったのは写真部からのメッセージの一節。「(前略)セクシー女優のバスト、ヒップを大胆に狙い定め、読者に喜んでもらえる写真をガンガン撮っていきたいと思っています(後略)」って、すごい意気込みであります。

 とにもかくにも、ものすごい「やる気」は伝わって来ますしアタシも一応書いていますので、会社帰りのお供にぜひドウゾ! 「リアスポ」、忘れんなよ(←おい、高飛車禁止)!

都市伝説?

0908312.jpg

 そういえば。

 今朝、新聞を買いににコンビへ行く時、そういえば今日確か上の写真の「限定ガンプラ付きカップヌードル」が発売になるのを思い出して、面白いから1個買おうかな、などと思ってて。

 でも、記事を見直したら600円くらいするとも書いてあり、まぁとりあえず品物を見てから決めよう、とコンビニへ。

 そうしたら…それが置いてあったとおぼしき棚が、ガラ~ンともぬけの殻だったんですが。朝の時点で。

 キツネにつままれたような感じがして、雨の中近くの2軒も見てみたんだけど、やっぱりカップヌードルコーナーに空洞が出来ていたのですが。

 なんとなく、店員に聞くのも恥ずかしくてそのまま帰って来たんだけど…コレ、本当に売ってたのかな(笑)? いや、ポップとかもなくてですね。実は都市伝説だったりして?

 なんか、このまま全く実物を見ることもなさそうなんだけど、アタシ、ガンダムを舐め過ぎだったのでしょうか…(笑)? どうしても欲しいものじゃ全然ないけど、全くないと逆に気になるんだよね、困ったもんですね。

友&愛&ガールズ

0908311.jpg

 いやはや、驚きました。てか、みんな驚いたと思うけど、本当に300オーバーするとはね。それに、逆風逆風といってたが本当に海部や笹川、尾身、島村あたりがバンバン落選してるからね、本物だったんだなーと実感した。海部は石橋湛山と片山哲以来の首相経験者落選、って…。両方とも本でしか知らないくらい昔の人じゃん。これもすごいことだね。

 あと今回、事前の段階で一番ビックリというか愕然としたのは、自民の変なネガティブキャンペーン小冊子が投げ込まれてたこと。写真の2種類なんだけど、はじめ自民党の印刷物というのがにわかに信じられなくて、どこかが悪意を持って陥れようとしてるのか? とすら思ってしまった。

 だって、この手の電波臭い印刷物といったら宗教関係かイデオロギー集団みたいなのが出す、と相場が決まってたじゃない? 仮にも、おとといまでは政権政党だったんだぜ? 中を見ると、確かに「そりゃ、民主さん無理じゃない?」と、みんなが密かに危惧してることが色々と書いてはあるけど…。

 これまで、確かに自民にはイメージダウンしたりすることは多かったものの、まぁよくぞこんなものを作ったり配布したりするもんだなぁと、だめ押し的にガッカリしたよ。とりあえず、今日の新聞とこの冊子は歴史的な記念物としてとっておこう(笑)。

 他にも、日刊とかも買って来て読んでたんだけど、スポーツ紙の政治欄はやっぱりひと味違ってて、大見出しに「小沢ガールズ」と造語が使ってあったり、太田和美の記事には必ず「キャバクラ勤務が報じられ、話題となった」「「元キャバ嬢」「週刊誌などでキャバクラに務めていた過去が報じられ…」などといちいちしつこく書いてあって、やっぱりそういう部分が大事なのか~、一般紙とは違うな~とちょっと笑った。どうでもいいじゃんね。

 一方で、聖子や百合子の敗者復活…。本当にガッカリではありますが、百合子の風車は早くも密かに民主方向へ向いているのでは、と思う(笑)。森とか福田系列もしぶとく残ってるしね~。自民は森、民主は小沢がある意味ガンだからね、彼らがしゃしゃり出て来て(あるいは後ろから)引っ掻き回さないことを祈ってるけど…。どうだろうなー。

 そういえば読売に東京地検の鳩兄「故人献金」捜査が動き始めるとかいう記事も載ってたし、傍観者の一人(笑)としてなーんか、まだ落ち着かないというかピンと来ない、というのが現状か。どうなることやら。

ロックンロール総選挙

090829.jpg

 ヘイ、困ったな!

 小選挙区だと変な宗教関係とか得体の知れねー泡沫候補を抜かすと、自・民・共くらいしか残らねーから、選択の幅が狭い狭い。

 比例代表も、ヤな野郎が上位にいたりすると、投票を躊躇しちまうってもんよ。本当に困ったもんだぜ。

 あとよ、家族と話してたんだが「マニフェスト」とかいう横文字は、いつから普通に使われるようになってるんだ? 日本人なら「政権公約」でいいだろ? 分かり辛ぇってーの!

 そんなワケで、ロックな候補者も政党も見当たらず…こうなったら適当に入れるか、白票か、棄権か…悩むところだぜイェイ!

 ちなみにオレは今24時間TVを観るので忙しい。…えっ? 日テレじゃなくて、ちょうどぶつけるようにフジテレビNEXTで「ゲームセンターCX」の24時間生放送をやってるんで、もちろんそっちに決まってるぜ!

 ROCK & ROLL & レミングス! またな!

懐かしMAX EDITION

0908271.jpg

 今日はメチャンコ忙しいので、ちょっとだけ。

 京楽『CRぱちんこ仮面ライダーMAX EDITION』発表会に来場した、CMソング&確変中などのBGMを担当した「RIDER CHIPS」。

0908272.jpg

 皆さんカッコ良かったし歌も最高だったんだけど、やはりアタシの目を釘付けにしたのは…

0908273.jpg

 ヨッちゃんだーーっ!!

 だいぶ恰幅が良くなっていたけど(おい)、まさかまさか、たのきんの一人をパチ関係の取材先で見ることができるとは!

 たまたま近くに来た、元ライター仲間の野郎が「有名な人なんスか?」と、聞いて来たのでギターを指差しながら

「たのきんトリオのヨッちゃんだよ!」と、教えたら

「オェェッ!? グェェオオーー!?」などと変な叫び声を挙げながら驚いていたのが面白かった。

 しかし、彼には充分通じたようだけど友達が22歳の後輩に「たのきん」とか「野村義男」と言っても、全く知らなかったというのが寂しかった。そうか、もう知らないのか…。

0908274.jpg

 それから会場では、いつもの通り機種にちなんだメニューがふるまわれ、特製「ライダーチップスプレート」とノンアルコールカクテル「ダブルライダーキック」を頼んでみた。

 ちなみにプレートの方に数枚乗っていたポテチは、説明書きによると「ライダーチップス」だそうだけど…本当かなぁ~~(笑)? いやまぁ、どうでもいいんですけどね。

カメラ女子とデジカメ王子

0908261.jpg

 …あああ~~っ、ちっこいカメラがないと本当~に不便!

 てなワケで、先日書いた通りカメラクラッシャーと化したアタシ、懲りずに次のデジカメ探しに余念がないのでありまして。

 もう、今となっては「動画がハイビジョン撮影」あたりは最低限の条件になりつつあり、パナソニックかキャノンか…とショップでいじってみたところ、大きさや重さ、使いやすさはやはり後者の圧勝だった。その時見たIXY510というのが2万5000円だったので、値段的にも大きく一歩前進、ポイント使えば2万円足らずだし買うか! と、財布に手をやった直後。

 どうやら、9月頭にすぐIXY930というのが出るらしく、そっちの方が各所でオススメされているのを知り、財布を引っ込めた(笑)。

 930はまずレンズが24ミリ~の超広角で光学5倍ズーム、f値も2.8とまぁまぁ明るい。動画はもちろんハイビジョン撮影可能だし頭脳も良さげなのを積んでいるようだ。ただ、タッチパネルというのが気になってて、以前ニコンのタッチパネルのやつを見た時すごく使い辛かったんだよね。まぁ、裏の写真を見ると手動っつーかリングのようなものも付いているので、切り替えが出来たらいんだけど。

 と、まだショップに並んでいないのでサイトの情報だけで悶々と悩んでいる、情けない有様だったりして。早く手に取って色々見てみたい。オートの時に強制発光が使えるようになっているか(キャノンのは、たいていダメなんだよね…)、ホワイトバランスを調整した時に画面がザラザラにならないか…今持ってる仕事用のやつが、そういうとこダメなんで、ついつい気になっちゃうよ。あと色も、左端のパープル系が珍しいので実際どうなのかもチェキしたいし。

0908262.jpg

 と、そんなアタシの目に留まったのが、今日発売のanan。ちょうど、カメラ特集じゃないの! 古参カメラ女子(笑)としては、当然買ってしまいました。

【実力以上に美人に見える!? 写真写りをよくするレッスン】
【キレイに撮りたい、撮られたい! 女子心を満たす最新カメラ事情】

 …ほう、ほう、役に立つような立たないような(笑)。カメラ紹介のところも、選択基準が女子目線なので、あんまり使えないかな…しかも機種がちょっと古いし。ちなみに、ヨドバシとビックの店員さんが“デジカメ王子”として登場してるのに笑った。なんでも「女子」とか「王子」とか付けるの、そろそろやめないか…?

 でもって、最も赤面したコーナーはここかな。
【人気女子フォトグラファーが激撮 U-23男子の新たな魅力】
この見出し読んだだけで、10歳ぐらい若返った気がするよ(笑)。しかし悲しいかな、出て来るU-23男子とやら(俳優とかモデルとか)は、一人も分かりませんでした。

ライヴとデジャヴ

0908251.jpg

 藤商事の『CR相川七瀬~時空の翼~』プレス発表会と同時開催されるライブへ。

 相川七瀬は、確かサンセイが影か何かで(違ってたらスミマセン。とにかくあの辺の・笑)何曲か使ったりしてなかったっけ? そういう記憶があるんだけど、今回はご本人&楽曲とのタイアップになっている。アタシも実はベスト盤を持ってるくらい、比較的なじみがある存在だったりするんだけど。

 会場は、先日ニューギンが慶次感謝祭を開いたばかりのJCBホールで、午前中のプレス発表会開始前からもう一般ファン(777人が招待されたらしい)が長蛇の列を作っているのにビックリ。そういえばこれもサンセイだけど、TRFの時もライブが同時開催で当日朝6時だかに来てた人がいると聞いて、驚いたことがあった。根強いファンは、本当に熱心で有り難い存在でもあるよね。

 で、ライブでは珍しく(?)プレスの撮影エリアが最前列に用意してあり、大変嬉しく有り難かった。パチ関係だけか分からないけど、ひどいとこではプレス閉め出しがあったり、最後列(どうやって撮れと・苦笑い)に追いやられたりとけっこう散々だったりするんだよね…。撮影禁止なのに公式写真が出なかったりすることもあるし…(泣)。事務所の方針か分からないけど、ほんとにパチでPRしたいのか疑ってしまうこともあり…。

 それはともかくライブはスタートからノリノリで、よくあんなに小柄な細身からパワフルな声が出るものだなぁと、すごさに圧倒されてしまった。終盤、上の写真のようにパチンコの役物と同じ仕掛けが上から下りて来たりして、凝ってるなぁ~と、これにもビックリだった。

0908252.jpg

 さて、プレス発表とライブの間には試打の時間もあって打つことができたんだけど、「基本は100%確変突入で、大当たり時などにミニゲームをクリアすると大当たりが1 回分追加(CHARGE UP)され、最大6連チャンまで何回続くか分からない」「7で当たれば6連チャン(OVER DRIVE)確定」…ちょっとプロセスなどは異なるけど、どこかで見たぞ、どこかで見たぞ…(またかい)。

 さらに「大当たりや確変、時短中右打ち」「大当たり中に選択した楽曲が、確変または時短中にバックで流れる」「15Rで7カウント」…すご過ぎる既視感(笑)! ちょうど、近くにいらした広報の方に“思い当たるフシ”を聞いてみた。「えっと、これって確変6回セットなんですか? それで、途中で小当たり引いたら転落というかマイナスされていくっていう…?」

 結果は、大体そんな感じらしいです(笑)。つまり、及川奈央たんとほぼ同じような仕組みというワケで、こういうタイプが流行っていくのかな? と思った次第。もちろんまだ突っ込んだ情報ではないので、細かいところはちゃんとした(笑)メディアで確認して下さい。

0908253.jpg

 ちなみに大当たり中にもう1回分増えるか決めるミニゲームには5種類があるんだけど、藤商事ファンならこの7セグ揃えゲームを迷わず選べ! 言わずもがな、の「ピュイ!」が聞こえたら…! 脳汁出るよ~(笑)!

 てな感じで実機もライブも堪能したら…やっぱりベストが聴きたくなってしまったので、これから探します。あっ、この台のために作ったらしい新曲(Back to the day)というのも、相川七瀬っぽくてかなり良かったのでオススメです。

回らぬ狸の皮算用

090824.jpg

 ここ数日『ス●モチャン』目当ての諸君が、だいぶ集まっておったようだが…(苦笑い)。

 どうも、突然情報サイトからリンクされておったようで、やれやれだったわい…。うっかり機種名などを書いてしまったので、検索に引っかかってしまったのであろう。ここは情報ブログではないつもりなのだが…。

 しかし、拙者が気に入らないのは「タイ●ショック」のキャラも早く出していたのに、そっちに関しては全くリンクがなかったことじゃ。おのれぇ、エースをバカにするなぁぁーっ!

 それはともかく、諸君、久しぶりにわしが出て来たのには、訳がある。

 先日、仕事関係者と話をしていた時「最近面白い台はありますか?」と聞かれ、「我 藤岡弘、柳生十兵衛見参です」と、即答しようと思ったのだが何となく答え辛くなってしまい、結局うやむやにしてしまったのである。

 …情けなきかな! 思わずその場で割腹しようと思ったほどじゃ。嗚呼、何か面白い台はないものか…。面白さとは、出玉だけではないのであるが、とにもかくにも図柄が回らないのであるから話にならんのだ。

 せっかく、メーカーが盛り込んだ面白さを引き出そうとせず、初日からいたずらに釘を締めて儲けに走るホール関係者よ。欲をかくとどんなことになっていくか、現状を思い知るが良い。

 こういう有様を、南蛮言葉で「マイナスのスパイラル」という。締める、客が来ない、また締める…そうして遊技人口が減っていくのじゃ!

 …な、なんだとぅ、今日負けたから言ってるんじゃないぞっ! 本当に回さねぇなー! …あ、いや、とにかく同じ回らないなら「我 藤岡弘、柳生十兵衛見参」を探し出して打った方がよい。という結論になったのである。

合掌

新機種ツッコミ隊

0908211.jpg

 最近、たまたまスロ関係の発表とかリリースが続いてて、今日も面白…あ、いや、印象的な新機種リリースが来たので、ちょっとだけ載せておきます。

 上のやつは、SNKプレイモアの『球児2 』より。すわ「GOGOランプかよ!?」と思ったら、小さな文字で「テムジンズ(チームの名前)」と添えてあり、実は「GOGOテムジンズランプ」であることが分かります(笑)。

 と、微笑んだのもつかの間、次に来たニューギンの『スモモチャン』リリースにもビックリ。

0908212.jpg

 この、ピンクを多用したピエロっぽい筐体。7の形や3つ重なったBAR…。さらに、「象」にはなっているけど、オレンジの丸っこい動物の絵柄…。どこかで見たぞ、どこかで見たぞ…。

 そして次の説明図を見たとたん、思わずコーラを吹いてしまいました。

0908213.jpg

 ちょっと、まんまやん!

 ていうか、北電子の小冊子とか、こういう感じで手だけで説明してるよね(笑)。ネジネジ…で第3から手を離すと…一応「ペカッ」じゃなくて「ピカッ」になってはいますが。

 あと気になるのは上の部分だけじゃなくて、この、謎のサウンド表現↓。

0908214.jpg

 キュイイーーン! って(笑)。色々とミックスされているようですが、大体どんなシチュエーションかは想像できます。まだゲーム内容とか詳細は分からないけど、おそらく初心者向けのオーソドックスタイプかな? あっても天井RTくらい、とか。

 スロはもう、ジャグタイプかARTバリバリか、ゲーム性が大体二極分化してるね。たまに変態っぽいのもあるけど、ほぼ2つに分かれてるといっていいでしょう。で、ジャグタイプは演出もモロに、みたいな。パチンコの海&海モノと同じ感じかな(笑)。

 で、最後はパチのリリースから。エースの『CRAクイズタイムショック』のカタログを見てたら…。

0908215.jpg

 これ、誰(笑)?

 もちろん懐かしい田宮二郎の実写も出てくるんだけど、アニメの方は本人じゃなくて「頭脳明晰で超大金持ち」なジロー・タミヤという別人になってるのが、妙に不可解というか不思議であります。

 だが、それがいい。こういうキッチュな感じの機種は、しっかりチェキしておきたいところです(笑)。

ぼくらのカクゴ

090819.jpg

 ぎょえぇぇぇーーーーッ!!

 って、今日は一体なんで騒いでいるのかというと、さっき昨日の日記を読み返してたら「1日100円貯めて、11月には6万円くらいになってる」って…!! ひぃぃっ、自分では1000円ずつ貯めるって書いたつもりだったのに(超赤面)!! ということで、慌てて直しておきました。落ちこぼれ文系というのが、バレてしまったわね…(えっ、もうとっく?)。

 つーことで気を取り直して、何やらここ数ヶ月世間様の、いや正確にはマスコミの動きの中心は、押尾事件→のりピー→選挙→新型インフル…という感じになっている様子(業界関係者だけ、美咲関連ニュースも入りますが・笑)。

 ていうか、のりピー関連はもういい加減ワイドショーで長く時間とり過ぎじゃない? とくダネ、ミヤネ屋あたりは本当に好きで毎日毎日何十分もやってるので、録画を見る時早回しするのがお約束であります。むしろ、押尾事件が人が死んでたり大量の薬物が発見されたりしてるらしいのに、スゥゥーーッて感じでフェイドアウトしてるのが怖い。

 で、ここ3日間は毎日1人ずつちょうど新型インフルで死者が出たからか、急激にニュースの量が増えている。恥ずかしながら、今日アタシも慌ててマスクとか出先で使う消毒シートなどを買い足していたりして(笑)。まだけっこう薬局にはあるので、腐るもんじゃなし今のうちに買っといた方がいいかも、と思って。

 で、薬局ではお客のほとんどが箱買いするらしく、5~6枚入ったものではなく写真のようなお得用サイズがどーんと置いてあり、ボチボチ買ってる人もいた。識者の話では、9月に学校が始まってからが流行の本番らしいし、多分それ以降ブワーッと売れ始めるんじゃないかと。

 まぁでも、この感じだと1回はかかりそうだなぁと、ある程度はカクゴしといた方がいいかもね…。免疫がないし、アタシのような仕事でも展示会やら取材やらで、けっこう人ごみ行くからね。パチンコ屋でも、隣に咳こむオヤジとかいたりするし…。あ~あ、何だかまだまだ気が休まりそうもないねぇ…。

お台場ゲチェナ騒動

0908181.jpg

 ギャァァーーッ、ヒィィィーーッ! まずはこれを見てェェッーーー! ドンちゃんがぁぁっ、筐体になってるーーーっ!!

 って、前にもチラッと載せたんだけど、今日はアルゼのパチスロ『銀河英雄伝説』記者発表会があって、その中でチラッとだけ『青ドン~花火の極~』のお披露目もあったのです! 思わず、近くにいたよく知らない人に頼んで写真まで撮ってもらっちゃったわ(すすみません)。

 しかもさぁ、4台並んでたんだが「3連ドン揃いビッグ」「七揃いビッグ」「ゲチェナ&チェコチェ」「上段BAR挟みテンパイ中中七」みたいな、ハナビストが即死しそうな目で止めてあり、飛びついてしまったというワケで…(いい加減にしましょう)。

 青ドンに関しては、まだ少ししか教えてもらえなかったんだけど、「液晶が不要という、旧花火ユーザーの声にも応えたゲーム性を搭載」ってことで、どうやら旧花火モード? のような演出が選べるみたい! 中央にもちゃんと「た~まや~」ランプがあるし(欲を言えば、右側につけてほしいけど…笑)。これは、ぜっっったい見逃せないわね!!

 アルゼとしてはとにかく『緑ドン』が好評だったので、弾みをつけて年末に向けて畳み掛けたい思惑があるようで、9月27日に銀英伝、11月3日に青ドンを導入していくらしい。やべぇ、毎日1000円ずつでも資金を貯めておかないと(ショボいけど、11月までに6万円くらいにはなる!笑)。

0908182.jpg

 いやあの、すっかりドン話ばっかりになっていますが、銀英伝もけっこう面白そうだった。「M.B.S」っていうキャッチが書いてあってなんだと思ったら「マシンガンボーナスシステム」って、短時間にARTがかたまりやすいようなシステムになっているらしい。1000枚、2000枚のチャンスが緑ドンよりも出やすいそうなので、アタシでももしかして勝てるかも? と、情けない夢を見てしまいます(笑)。

 ちなみに銀英伝は平和からパチンコでも出ていて、当時は大一の『Gメン』で電チューでの当たりに15Rを偏らせる…というシステムが出たばっかで、平和も「電チューからの大当たりは15Rのみ!」っていう「艦隊連続撃破システム」をけっこうプッシュしてた記憶が。パチもスロも、やっぱり勢いのある攻撃的なゲーム性やキャッチが考えられているみたいだなーと思った。

 今日は少し打てたんだけど、通常時以外はほとんどのゲームで押し順ナビが出るので、かなりラクだった。ボーナスを揃える時ややリールが小さいので「うっ」と思ったけど、リールの光る位置で見分けられるようになってるので、そっちも簡単だったしね。

 ただ、メインともいえる「1Gで赤7リプレイが揃って、その回数分ARTが上乗せされる」というギャラクシーセブンラッシュの時、3回しか続かなかった気がしたような…(汗)。試打の台って、普通バリリンコ仕様なハズなのに、これって…まさか…(大汗)。と、とりあえず、11月までに恐ろしい引き弱も直しておかなくちゃ!

せんとくんの“真実”?

0908171.jpg

 先週は横浜にも行ったんだけど、思いっきり盛り下がってる開国博Y150のキャラ「たねまる」を発見したので、携帯でパチッとな(デジカメがないから・涙)。

 責任者が尻尾を巻いて逃げやがった(すっかり“憂国の士”気取りでTVに出たりしてるのを見ると、恥知らずな人間がいるもんだなぁと思う)ためか、たねまるの周囲には休日返上とおぼしきハッピを着込んだ公務員風のオジサンたちが、必死で入場券販売の呼び込みをしているのがやや痛々しく。もちろん、見ている間に限ってだけど誰も買ってなかったのはいうまでもない…。

0908172.jpg

 で、ゆるキャラつながりで思い出したんだけど、今月はじめに日本橋三越に行ったら、向かいにこんなアンテナショップを発見! せんとくんだ! 全然知らなかったよ。
 
 とりあえず入ってみたところ、奈良漬けをはじめ仏寺に関するグッズなどが売っていて、もちろんせんとくんグッズコーナーも充実。

 ちょうど、ピンバッジが欲しかったのでチェキしてみたら、色んなポーズで5種類もあった!

0908174.jpg

 えと、もちろん全部買いました。1個350円也。ちなみに拝むようなポーズは解るけど、走ったり寝転んだりしてるのはどういう意図があるのだろう? 一応、仏様がモチーフなんでしょ? なんか、若干侮辱しているような気もするのですが…(汗)。

 グッズは他にもキーホルダー、ストラップ、タオル、Tシャツ、メモ帳なんかがあったかな。

 で、会計をしようとレジのところに並んだら、せんとくんらしきシルエットの置物? を発見。何かしら、と思ってよく見たら…

0908173.jpg

 募金箱のモチーフだったんだけど、な…なんか、このせんとくんって…妙にリアルというか、変じゃない(笑)??

 なんか、最初の頃って確かせんとくんのデザインに反対の声も多かった記憶があるから、もしかしてこれ作った人は反対派で、反骨精神から顔の部分だけリアルな仏様に近くしてしまったのではないだろうか…?

 なんてことを、並びながら考えてたんだけど、まぁ多分違うでしょうね。

オヤツのヒミツ

0908162.jpg

 休み中は、自由が丘の「スイーツフォーレスト」というところにも行ってみた。

 WEBなどでチェキしておいた、香港スイーツの店でフルーツを寒天で包んでボール状にした「九龍」というメニュー(写真手前)を頼む。見た目はすごく可愛くて、ぜひ食べてみたかったもの。

 あと、写真奥は500円もする限定マンゴープリン。きっとマンゴーがたっぷり入ってて濃厚で美味しいんだろうなー! いただきマンモス!

 まずは、九龍。…あれっ、味がしない? そう、寒天部分はほとんど無味で、甘いシロップとフルーツの味を楽しむものらしい。しかし、シロップは安っぽいし寒天のボロボロしてる歯ごたえも、なんか合わない気がする。こんにゃくゼリーみたいな、もっちりした素材で作った方がいいのでは…。

 で、プリンの方なんだけど。何度か香港へ行ってマンゴー系デザートを食べている者としては…正直えっ? これが特製? 500円? という感じ。

 つー感じで、アタシにとっては大変残念ながら両方とも、ガッカリ体験でありました。とはいえスイーツフォーレストには、他にもスフレ専門店やロールケーキの店、アイスクリームなど色んなショップがあるので、興味のある方は行ってみては。

880'S LADY

0908161.jpg

 先週後半は、ちょっとお出かけ。

 ドライブがてら某大手流通チェーンのウワサの激安Gパン(デニム、とかオシャレ用語は使わないっ!)をチェキしに行くと、色みは2種類しかないけどサイズとまた下の組み合わせが豊富でビックリ。

 アタシは61-72(念のために書いておくと、61の方がウエストですから…!)という組み合わせで1枚購入しました。本当に安いわね! しかも、試着してみたけど全然安っぽくないの。えっと多分、そのハズよ…。

 とりあえず、今度どこか取材に行く時にはいて行こう。それらしき姿を見かけたら「それって…例の880円のヤツですか?」と声を掛けてもらえれば、激安話に花が咲くでしょう。ウソだけど(多分、恥ずかしくて逃げるので言うな←笑)。

 にしても、久しぶりにこういう大手スーパーに行ったけど、本当に価格戦争はすごいわね。何でも安くてついつい買いたくなってしまったわ。また改めて、ゆっくり回ろうッと(←“安物買いの銭失い”の典型パターン)。

カメラクラッシャーの憂鬱

0908132.jpg

 今年に入ってから、何とコンパクトデジカメを2台も壊してしまいました…。

 1つ目は写真下の黒いヤツで、元旦に転んでお陀仏。2台目は上のやつで、慶次のイベントの日、帰りがけに予期せずオミヤゲがもらえて何やら慌ててしまい(情けない・笑)、お手玉のようにファンブルさせたあと、思いっきり落として終了…。はぁぁーーーっ、何てこった。

 しかも、両方とも駆動中に落としてしまったためレンズ部分が引っ込まず、修理にはレンズユニットごと交換が必要、さらに自損なので保証期間にもかかわらず、2万円くらいかかってしまうとのこと(号泣)。

 あーあ、どうしよう…。黒い方はけっこういいモノだったので、そっちを2万円で直すか、あるいはまた新しいのを買うか…? 調べたら、今もうハイビジョン動画が撮れるやつもあるんだね。そっちは3万9800円か…(さらに号泣)。

 一応、仕事用のデカいカメラはあるんだが、やっぱちょっと旅行や遊びで出掛ける時に持って行ったり動画を撮ったりする時に、小さいカメラの方が使えるんだよね。

 本当、自分のアホさ加減に呆れ&頭に来るよ…。うううーーん、チクショウどうしようううーーっ!!??

こんな映画もどうかしら

0908131.jpg

 おすすめミュージックの次は、おすすめシネマ、みたいな(笑)。

 けっこう前に「トランスポーター3 アンリミテッド」の試写会に行って来たんで、そろそろ封切りつーこともあり、感想を書いておきます。

 結論から言うと…面白い! オススメ! 約100分があっという間だった。このシリーズはかな~り前に1を観たんだが…ほとんど忘れちゃった(笑)。でも、前作とか知らなくても「アブナい品物の運び屋である主人公が、改造車を駆使してぶっちぎりのアクションを見せつつ、任務を遂行する」ってとこだけ押さえておけば、充分楽しめると思う。

 ストーリーは…主人公の運び屋・フランクが、以前ヤバそうで断ったグループから強制的に仕事を任される。気づくと腕には「車から20メートル以上離れると爆発する腕輪」がくっつけられ、さらに同じ腕輪をされたナゾの女性も同行することに。

 次々ナゾの組織に襲われたり、危機一髪で20メートル離れずに済んだり、はたまた同行の女性とムフフな関係になったり(お約束ですが)しつつ、ラストには列車を巻き込んだ超ド級のカーアクションが! いったい、運びを頼まれた「ブツ」そして女性の正体は何だったのか…? まぁ、こんな感じですか。

 次から次へとアクションが展開する割に、ゴチャゴチャしてないので分かりやすい。反面、例えば組織の背景とか狙いの説明も淡々としているから、ストーリーの重みはあんまりなかったりする、気がした。

 ということで、頭空っぽで楽しめるアクション映画の秀作なので、オススメです。なんか、TVCMもバンバンやってるみたいで、たいていこういうのは話題だけ、って感じなんだが(笑)、面白かったです。

 あと見どころとしては、アタシは興味ないので全然分からなかったけど、敵キャラにK-1の有名選手も出てくるんだとか。そういうのが好きな人は要チェックかも。

 興味のある人は、一応16日(日)に「トランスポーター2」がテレ朝系でやるので、そっちを観てからでも遅くないかも。って、なんかすごい宣伝の人みたいじゃない(笑)!? 全然、回し者じゃないですよ(笑)。

鋼鉄の女豹

0908124.jpg

 せーそく様の話を書いたついでというのもアレだけど、今オススメのアルバム。

 最初「ROCK CITY」でせーそく様大プッシュということで「DEATH TO ALL BUT METAL」のPVが紹介されてて、80'Sメタルの匂いプンプンのそれを見たアタシ、すぐさまチェキしてしまったのであります。ていうか、80'Sの分かりやすい? メタル好きなら、絶対気に入ると思う。

 PVも、「セクシーなのに堅物で厳しい女教師が、生徒を叱っている教室にSTEEL PANTHERが歌いながら乱入。その後だんだん教師がノッて来て最後は一緒に脱ぎながら踊り狂う」…という、もう本当に80年代のPVそのまま。せーそく様も絶賛していました(笑)。

 もちろん、曲もヴァン・ヘイレンやモトリー・クルー、ラット、ガンズ、あと何だろう…とにかく、色んな雰囲気がミックスされてて、気軽に聴けるのがいい。あっそうだ、アルバムの「PARTY ALL DAY」は、ボンジョビそのもの(笑)だったりもします。

 せーそく様によれば、彼らは元々メタルのコピーバンドだったそうで、演奏はメチャ上手いとお墨付きらしい。あと面白いのはトークで、インタビューを見たら…とにかく明るい下品(笑)という感じで、アルバムの曲にも全部「EXPLICIT」マーク(不適切な言葉の注意書き)が入ってたりします(笑)。

 まぁ、「こんな色物、俺は認めんっ!」というおカタイ人はちょっとアレかもしれないけど、PVはオモロいし(『FAT GIRL』のもいい)今のところ捨て曲なしの超オススメです。

 そういえば4日に初来日ライブがあったらしいけど、チケットは瞬殺だったそう。けっこう、人気あるんだね。あとは10月の「LOUD PARK」にも出るらしい。TVでやらないかしら。チェキしておこう。

 そうそうTVといえば、たまたま少し前にMTVのサイトを見てたら「STEEL PANTHERと合コンしたい女性募集!」みたいなコーナーがあって、多分20~30人くらいがメンバーを囲んで懇親会? でもするのかしら? ネタ&ダメもとで妹(メタル好き)と申し込んでみようかな…と、ニヤニヤしながら詳細を見たら…

募集人数 2組4名様」って! おい、ガチかよ!!

 もちろん、応募しなかったのは、いうまでもありません(笑)。ていうか、その合コンどうなったのかしら? 番組とかでそのうちやるのか、こっちもチェキしておこう。

サマーソニッ娘!

0908121.jpg

 気づけば、もう10周年のサマーソニック。

 個人としては2003年に行ったことがあるものの、3年前からはサミーのイベント関係取材で1~2時間ほど入場していて、今年も9日に行って参りやした。

0908122.jpg

 取材したのは、おなじみの「SONIC VEGAS」。ここではパチンコ・パチスロだけじゃなくてルーレットなどのミニカジノ、女流プロと打てる麻雀、そしてオリジナルカクテルのBARなどが楽しめる。無料で参加できる巨大パチスロもあって、揃うとiPodなども当たったりするらしい。

 とりあえず、同行した必勝ガイドの川上寝ゲロ先生に写真を頼んだら、上のように気を利かせて看板を入れてくれたものの、アタシ自身がちっちゃくなってしまいました…。もっと手前で撮ればよかったわね…。

 取材自体は1時間ほどで終わり、終了までまだ少し時間が。自由にしていいというのでブラブラと「マキシマム・ザ・ホルモン」のエリアの近くで音だけ聞いたり(中はすごいことに…)、出店を覗いたりしてたら…!!

0908123.jpg

 おおっ! 何やら素通りできない怪しいエリアを発見! どうやらSME関係のコーナーみたいで、サンプルCDを配布していたので速攻でもらう。

 ちなみに、伊藤政則様の「ROCK CITY」という番組を観てるんだけど、せーそく様によればAC/DCはや~っと来年の春に来日するらしい。この車は宣伝カーなのかしら? んんーーっ、なんか気合いが入って参りました(笑)! 今からヘッドバングの準備をしなければ(おい…)!

 その後は小腹がヘッタので、適当な店でチキン&ポテト500円を買い、つまみながら休憩。そうしたら、ポテトは全然味がしなくてウゲゲだった一方、チキンがカレー味ですごく美味しくてビックリ! いや~、予想外の「当たり」だったわ。

 そんなこんなであっという間に取材時間は終了。帰りはもちろん幕張駅前のアウトレットをチェキしてから帰る。そっちは残念ながら、戦利品はなかったんだけどね。

もののぷたちの夏

090812.jpg

 昨日、慶次の記事を書いてて思い出したんだけど、こないだアキバでこんなチラシをもらって大ウケしてたアタシ。ぜひネタにしようと、大事に持って帰りました(笑)。

 配ってた女の子も「メイド服の上にピンクの甲冑をつけ、帯刀している」という奇妙な出で立ちで、色々なことを考えるものだなぁと感心した。

 下に書いてある文章を読むと、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を影で操り天下を我がものとした幻の武将「萌田のぷ長(もだ のぷなが)」に仕える武装メイドたちがいるらしい。何度も書くが、よく考えるね~!

 ところが、このお店のことを何気なく友達に話したところ…「今戦国ブームなのは女子だから、男向けのお店は流行らないのでは?」と、鋭い指摘が。

 なるほど、確かにメイドカフェって男性が主に行くところだろうから、どうなのかしらね…? って、真剣に心配することじゃないかもしれないけど。何となく、気になっているのです。
 

JCBにて、傾いて候

0908113.jpg

 8月7日は「ハナの日」。ということで、業界関連ではパイオニアが記念日に登録してたりするんだけど、もう一社、ニューギンも「花の慶次」に引っ掛け去年から「ファン感謝祭」を開催していて、そちらの取材にも行った。

 今年は会場の規模もデカくなっていて、JCBホールなので本格的なコンサートみたい。もちろん、ゲストには角田信朗が来て「よっしゃあ漢唄」で盛大にスタート。

0908114.jpg

 と、思ったら、バックダンサーまでいる! どうやらPVにも出て来るヒトたちみたいで、すげーカッコよかった。

「よっしゃあ漢唄」などの関連曲は、すでに100万ダウンロードを超えているというのにもビックリだけど(そのうち1人はアタシ・笑)、「漢花」「傾奇者恋歌」などを含めたサウンドトラックも、26日に発売されるらしい! 実機のサウンドや動画もタップリで3000円とか。う~~ん、ほ、欲しい…。商売上手め(笑)!

0908115.jpg

 今回招待されたのは448(よっしゃあ)名で、何と応募が何万の単位であったとか! ものすごい倍率だったんだね! 平日なのに…と思ったものの、顔ぶれを見たら年配のご夫婦や学生さんあたり(あとは『歴女』とか)が多くて、かなり幅広いのにも驚いた。

 で、面白かったのは後半の抽選会で、数字のルーレットで当選者が発表される時、偶然「448番」が当たったの! すごい、一番最後じゃない? と、どんな人なのか興味津々だったんだけど…なんと、不在で権利が消滅してしまった! もったいない!

0908116.jpg

 会場内には色んなアトラクションも用意されてて、終了後に多数が参加。ざっと書くと、慶次斬のプレミアム鑑賞コーナー、全セリフギャラリー、漫画本立ち読みコーナー、記念撮影スポット、ニューギンギャラリー、UFOキャッチャー(くじをつかんで対応した商品がもらえる)、そして特製プリクラ!

 写真はプリクラの列で、大人気だったみたい。もちろんプレスは参加できないので、一体どんなものだったんだろう…と、妄想するばかり(おい)。うらやま~。

 それにしても去年とかも書いたと思うけど、こういうファン向けイベントは本当にいいことだよね。だいぶホールでやられてる人も多いと思いますが(アタシも…笑)、こうした場を設けることで、お金云々じゃない愛着も生まれると思うし。

 ある意味、これも立派な“還元”の一つだし、業界全体でどんどんやって欲しいと思います、はい。

続「王子」の検証

0908112.jpg

 何やら、先週の「週刊女性」そして今朝の「日刊スポーツ」で、ドカンドカンと出た結婚報道なんだけど。

 今日の夕方になって、YAHOO(オリコン)やらサンスポやらのサイトで「事務所は結婚否定」みたいなニュースが流れてて、一体どうなっているのやら…。

 しかも、今日の夕刊フジでは上みたいに日刊スポーツとほぼ同じようなことを報道してるのに、サンスポは否定報道という、さらに何が何やら…の状態だったりして(笑)。

 まぁ、サスガにアタシは立ち入ったことも書けないのですが、おめでたい話なので盛大にキチンと発表すればいいのでは? と思いますが…? 本当、どうなのでしょうかね?

 ちなみに今日は午後のワイドショー系を色々録画しておいて見たらけっこう報道してて、中でも「ミヤネ屋」が一番面白かった。2人の顔写真を切り抜いて、コラージュを作ってたのにビックリしたけど。ていうか、やり過ぎでは…(汗)?

「王子」の検証

090811.jpg

 いやはや、今朝は地震にも驚きましたが、友達からの「日刊スポーツ見て!!」というメールにもビックリ。

 何だ何だと思って急いで買って来たら…! とうとう1面で出てしまったとは! てことで、アタシもずーっと関連記事はチェキしていましたが、ここでも載せることにしました。

 美咲関連の記事は、これまで「女性セブン(多分一番最初?)」「週刊ポスト」「週刊女性(写真の右側は吊り広告より)」などで出てるんだけど、社長の方について週刊誌関連で一致してる“奇妙な部分”がずーっと気になってて。それは…

「業界で“パチンコ王子”と呼ばれている…」とか、
「業界人の間では“銀玉王子”の異名をとる…」みたいな表記があったこと。

 仕事仲間の友達とも首を傾げていたんだけど、知ってる限り、業界関係者でそんな呼称を使ってる人はいません(笑)。アタシの知ってる範囲では「Eジュニア」とか「E社長」がほとんどだね。

 日刊には全く「王子」のことは書いてなかったんで、そっちがまぁ正しいというか何というか。まぁ多分、マスコミ的には「パチンコ王子」みたいな方が分かりやすいんだろうけど。

 それにしても、今朝のワイドショーは本当ならこのニュースもかなり報道されたんだろうけど、地震、台風、のりピーばかりで今のところ全然やらないのが残念。日刊なら朝日系なので、そっちもチェキしておきますか。あ、いや、もちろん仕事しながらね(汗)。

ドン、ドン、行こう!?

0908096.jpg

 アルゼより、暑中見舞いを頂く(有り難うございました)。

 ハガキの裏を見たら…! こんな写真が! 銀英伝は、近々発表会があるハズなんでいいんだけど…その、右側の超気になるマシンは…!?

 ていうか、この筐体、何(笑)???? ウワサのドンちゃんボディって、これなのか!

 お願い! 今度の青ドンはもっともっと元祖「花火」に近づいてますように!! 極端に言えば、液晶はもういらないですから(おい)! とりあえず、今から資金を貯める(おいってば)!

台場詣での、そのワケは…

0908093.jpg

 さて、8月5日エレックからサミーへ移動する間に、ガンダムを観て行くことにしたアタシ。

 しかし、思いつきだったから場所がイマイチハッキリ分からなくて不安だったんだけど…ゆりかもめの「台場」駅を降りると、誰でもがハッキリ分かるような看板があって、思わず笑った。多分、あまりにも尋ねる人が多いからかもしれないね(ちなみに左側の立て看板は、以前はフジテレビの逆は「グランパシフィックメリディアン」というホテルの名称が書いてあった記憶が)。

 そしてその後も、人の流れにただただついて行けば会場に到着。ガンダム、すげぇ、本当に名所なんだね(笑)。

0908094.jpg

 うぉぉぉーーっ、デケぇーーっ!!

 ほとんどの人が「うわっ」とか「大っきいね!」などと驚嘆の声を挙げているくらい、本当にデカイ。周囲には、沢山のお店のテントがあって、休日とかはかなりにぎわいそう。

 で、アタシ、実はある「目的」がなければガンダム詣でには来なかったかもしれなくて。それは…これです!

0908095.jpg

 そう、けっこうニュースにもなったんで知ってる方も多いと思いますが、先日ガンダムの肩に「TOKYO 2016」のマークが付けられたのを、ぜひとも観ておきたかったのです!

 何やら、このマークの除幕式の際一緒に記念写真が(至近距離で)撮れる権利を、東京都の招致委員会がチャリティオークションにかけ、 260万円で競り落とされたとか。本当~に熱心な人もいるものだなぁーと、ニュースを読んで驚いた。

 まぁ、泣いても笑っても10月2日にはオリンピック開催か否かが分かるからね。どっちに転んでもいい記念にはなると思いますが。ちなみに、ガンダムは確か今月中で撤去されるハズ。観たい方は、お早めにドウゾ。

波に乗“れ”まくり

0908091.jpg

 8月5日は、午前中~昼過ぎまで秋葉原でタイヨーエレック、夕方4時からお台場の方でサミーのプレス発表会。エレックが終了し、さてかなり時間があるぞ、と…(汗)。

 とりあえず、配布された食事券でお昼(親子丼。うまうま!)を食べ、時間の使い方を考える。…そうだ! お台場ならあそこを見るのはどうだろうか。そう、今ホットな名所といえば…ガンダムよっ! てなワケでガンダム詣での話は別で書くとして、夕方からサミーの発表会へ。

 エウレカといえば昨年暮れくらいに西陣がパチンコで出してて、サミーもスロのCMを始めたと思ったら…全然音沙汰がない。一体どうしたのかしら? と思ってたら、出玉の部分がなかなか保通協の適合試験を通らず(聞いたら、14回くらい持ち込み直したらしい)、やっと発表の運びになったとのこと。

 それだけに、スタッフの思い入れもかなりあるようで、発表会でも「獣王、アラジンA、北斗の拳のいいところを徹底的に盛り込み、4号機を彷彿させるできばえとなった」みたいに、意気込みや情熱が伝わってくるようなコメントがあった。

 後半、上の写真みたいなデッカいニルヴァーシュのフィギュアが登場したり、シャッターが開いたかと思ったら奥の方に試打会場が出現して、少しだけど試打できたり(撮影は禁止だったのでやや残念)、嬉しいサプライズもあって。

 ちなみにエウレカのアニメなんだけど…西陣の頃ちょうどCSで再放送が始まって、これ幸いと観始めたんだけど…途中で挫折してしまったアタシ(泣)。友達によれば「12話くらいから一気に面白くなるので、それまで辛抱して観ないとダメ」ってことだったんだが…。けっこう長いんだよね…。チャングムも観ないといけないし…って、言い訳ばっかで情けねーな!

 でも、実機はバリリンコ仕様で演出もけっこう観られたんだけど、かなり感動のシーンがあって、ついつい手を止めて見てしまった。…やっぱ、面白そうなのでアニメ再チャレンジしようかしら…。

0908092.jpg

 ところで、会場をキョロキョロしてるともう、あちこちそこいら中に「波二乗レ。」というキャッチコピーが使われまくっていて、確か西陣の方ではこれほどプッシュはしてなかった記憶があるので、ちょっと違和感というか変な感じだった。もしかして、西陣の様子を見て敢えてやっているのかもしれないけど…?

 しかし、試打した感じではじゃんじゃんバリバリボーナスもARTも入りまくったのですが、けっこう最近の5号機って…お金使っちゃうんだよね…(泣)。ガン●ム、緑●ン、絶●衝激…ヘタしたら3万、5万使っちゃうんじゃない? そうでもない? まぁ引き悪なアタシが言っても説得力ないし、おとなしくジャグとか打っとけばいいんだけど…。

 やっぱ、ホールが売り上げを上げるには仕方ないのかな…? 一発があった方が見せ玉もできるしね。とはいえ、最初のエヴァみたいに1万円でけっこう遊べる台って、少なくなって来てる気がする…。オーイズミの羽根スロ台とか、設置自体…だし…。そろそろまた、4号機の途中みたいにお金なくてついて行けなくなりそうです(涙)。

あのコは“本気モード”

0908061.jpg

 5日は、エレックの『CR BLOOD+』とサミーの『パチスロ交響詩篇エウレカセブン』発表会はしご。サミーグループだけに、2社同日に行うことにしたようだ。

 で、まずエレックの方なんだけど、またまた全く見たことも聴いたこともないアニメの台だった(汗)。受付でもらったのは、パンフやリリース、説明DVDの他に「GOKURI」というジュースのブラッドオレンジ味。ブラッド、というのが何かの引っかけになっているのだろうか? と思ってたら、剣に血(ブラッド)を流し込んで戦う、みたいなアニメだったので納得。

 で、会場には声優さんが来たりして盛り上がる中、今回「どこもやったことのないキャンペーンを行います」との発表が…。こういうフレコミでは、最近だと奥村の「モグロを探せ」なんかがあったけど、今度はどんな内容かしら? と、思っていたら…

0908062.jpg

 アニメのダイジェスト版DVD(1時間もあるらしい)10万枚をファンに無料配布する、というもの(※8月20日より)。…おおっ、こういうのはアタシにとっても助かるよ! 確かサミー系では銀座が以前パチスロ「スクール・ウォーズ」でプレス向けにダイジェストDVDを配布してくれて大助かりだったことがあったりして、気の利いた企画マンがいるのではないかな、などと思う。

 しかも、配布するのは全国のホールで、「導入するしないにかかわらず、DVDを置いてくれるホールならどこでもOK」というのが、また太っ腹で驚く。おそらく「損して得とれ」じゃないけど、長期的にも営業の一環になる、ってことなんだろうね(あとは欲張りホール関係者が、こうした善意をオークションなどに出さないことを祈るばかりですが…)。

 終了後は、セーラー服姿のコンパニオンが深紅のバラを配ったりしていたんだけど、一角では彼女らの撮影会も行われていた。アタシも一応撮っておこうと近づくと、妙な雰囲気に気づく。

0908063.jpg

 …なんか、コンパニオンさんにしては…ポーズのつけ方が“本格的”なのよね(笑)。

 目と唇を半開きにして「…ほら、撮って! 撮っていいのよっ!」みたいな、挑発的な感じだし。もしかして、アキバ(会場が秋葉原だった)で有名なコスプレーヤーとか、そういう人なのだろうか? 名前と素性くらい、聞いておけば面白かったかな?

 何枚か撮らせてもらったものの、結局スペースがなくて紙媒体で使えなかったので、ここで3枚も大出血サービスしておきます。BLOODだけに、ね…。(5日の日記つづく)

ボイン、おしり、台湾

0908051.jpg

 もう、書きたいことが毎日毎日溜まりまくっていて、ドンドン書いて行かないと大変なことになりそうっす…。そんなワケで飛ばしていっくよーーっ!

 で、おとといだったかな、平和×オリンピアの『CR及川奈央のフルーツスキャンダル』もチェキして来たんだけど。ウワサには色々と聞いていたものの、もう「“天国”と書かれたボイン型ランプ」「でっかいバナナ型役物」などを見ただけで、こう、なんていうか“色物ハンター”の血が騒ぐ感じ、と言ったらいいだろうか(笑)。

 加えてスペックも大変ヘンテコと聞いているし、ねちこく試打しなくては!

 この、バナナは通常は上を向いていて、チャンス時や昇格演出などで倒れて延びるという、凝った仕掛けになっています。昇格演出では、ボタンを押すたびに白っぽい光線のようなものが図柄を攻撃します。

0908052.jpg

 もちろん、オジサマが期待するような演出もタップリで、こう、なんていうのかしら「直情的」とでも表した方がよいのか、簡単にいえば「ボインとおしりがいっぱい」という、昭和的なノリを感じる演出になっています。しばらくパチンコから離れていたお父さんも、これを打って元気になってほしい…そんな、作り手側の心遣いが感じられます。…多分(おい)。

 あと、昭和といえば大当たり中の曲も「ダンシング・シスター」「マテリアル・ガール」「ホット・スタッフ」そして「フィジカル」という、こちらもオジサマが大好きだった70~80年代のセクシー系洋楽がセレクト可能。全部聴いたところ、オリビアだけは本人が歌ってる感じがしたけど…全部そっくりさんなのかな? って、アタシももろオジサマと同年代☆ってことなんだけどネ(←笑)!

 さて、ここからが本番。本番、っていっても、変なこと考えないでよ! と、すっかりエロ昭和モードになってしまっていますが(いい加減に…)、2枚目の写真で、液晶手前に7セグで「3」と表示されている部分。これは、「あと3連チャン残ってるよ」という表示で、右打ちにして消化すると、15R大当たりが3連チャン分取れるのです!

 この機種が変わってるのは「1~7まで、揃った数字の分だけ連チャンする」という仕組みで、はじめは「小当たりが入ってるんでしょ?」などと思ってたんだけど、ショールームで打った限りでは…本当に「3なら3連チャン」「5なら5連チャン」って感じで、ちゃんと大当たりが揃うんだよね…! 関係者向けのバリリンコ仕様だっただけなのか、それとも、恐ろしいスペックなのか…(まぁ、後者なら即営業停止だけど)?

 う~ん、画面と7セグ(またはそれに相当するランプなど)が2つの別抽選になってて、確変で当たると回数が上乗せされるのか…?? そんなこと、できないか…。うむむ、仕組みが全然分からない…(汗)。

 それで思い出したのが、「揃った数字と同じ回数連チャンする」というパチンコが、かつて台湾に存在していたこと。80年代後半から台湾に出現したパチンコ屋が、日本の中古台をそういう仕様に改造して営業に使っていた、というものなんだけど。

 台湾式パチンコは90年代には大ブームになって、必勝ガイドなんかでも特集ページを組んだりしたことがあった。メーカーも台湾マーケットに注目するようになって、SANKYOは台湾に「三今(サンジン・共という文字が使えないため一部変更した)」という法人まで作ってました。

0908053.jpg

 これが、その当時のカタログです。

 オリジナルの「フィーバー西遊記」という台で、ドラムの絵柄が揃うと、中央上の7セグが回転して止まった数字だけ連チャンする、という仕組みになっていたようです。

 台湾にはパチンコに関する決まり事や検査機関もなかったので、こういう仕組みもアリだったみたいだけど、さすがにその後規制とか色々あって、結局今はもうほほんどホールもないらしいと聞いていますが…どうなのかな?

0908054.jpg

 ちなみに日本では雑誌だけじゃなくTVも台湾パチンコをよく取り上げてた記憶が…。上の写真は97年の番組なんだけど、台枠は多分SANKYOのものだし、店構えもまるきり日本風なのにビックリ! 毎日、シャッターが上がるのが待ちきれずに何十人もがはいつくばるように店内へ入って、台の争奪戦が起こっている…など、本当に熱狂してる様子が放映されてました。

 まぁただ、さっき書いたように決まり事がないゆえ、大当たり確率もどれだけのものになっていることやら…(汗)。射倖性の代償はデカいはず。

 そう考えれば、奈央たんの台は規則に則っているから、案外簡単な仕組みなのかもしれないけどね…。うむむーっ、どうなってるのっ!?

サンバDEビックリーナ!

 のりピー! ここを見てたら、早く連絡入れてあげてぇ~っ!

 と、まぁ絶対見てるワケないんだけど思わず書かずにいられない、マンモス心配なのりピー行方不明事件。

 こんな風にもう本当に、色々と慌ただしいニュースがある中、アタシも毎日笑ったり怒ったりしながら取材やら記事作成やらしているのでありまして。

 で、先週くらいからまたまた新機種ラッシュが続いているんだけど、西陣からも「CRAサンバDEソヨリーナ」という機種が発表されるとのこと。機種名の響きからいって、以前「サンバムーチョ」という台があったので、そのリメイクかしら? あと、どうやら「ソヨリーナ」っていうのは「そよたん」が関係しているらしい…程度の事前認識で、今日内覧会へ行って来たところ…。

 その役物を一瞥したアタシは、思わず声を失った!

0908045.jpg

 はぁぁぁーーーっ、こ、こ、こ、これはっ…!!

 はぁーっ、はぁーっ、ぐ…むぉぉっ…。

 呼吸困難なまま、地べたに座り込んでしまうアタシ。

「だ、大丈夫ですか!?」近くの人が、アタシを抱え上げようとした時。

 しゃぁぁっ…と、股間から暖かい液体が床を濡らすのが分かった。


 …って、おい、ちょっと! ウソですよ! 座り込んだりおもらししたりっていうのは、あくまでもギャグですので(←いい加減にしろっつーの)!

 いや、とにかく、つまりはそれくらい驚いたってことでして。だって…!

0908046.jpg

 もう、何ていうかすっかり「おジョーズランド」が復活してたのだから! ぎぇぇーっ、本当に迂闊だった! 西陣さん、すみません(土下座)! と、意味もなく謝ってしまうくらいの衝撃!

 この「おジョーズランド」は、1990年にヒットした羽根モノで、左右比対称の役物が珍しかった。アタッカー型の羽根に玉が拾われると、上下に動いてるサメの頭に運ばれて回転体へ。Vのくぼみに入れば大当たり、という内容(玉が回転体手前に落ちちゃうこともあった)。

 ソヨリーナの方は役物に玉が入るとサメ部分か下の2方向に振り分けられて(上4、下6の割合)、回転体のVに入れば下のハート形ルーレットが回り、デカハート停止で大当たり…という流れなので、かなり今風になっています。でも、基本的な仕組み部分がおジョーズランドになってるのは、本当に嬉しいよね。

 また、さらにマニアックなことを書くと、ソヨリーナの雰囲気が…

0908047.jpg

 この「バニーギャルズ」っていう羽根モノにも似てる。ソフィアが狙って作ったのかは定かでないけど、レトロなマニアとしては想像にいとまがないのであります(笑)。バニーギャルズは1989年に登場した機種で、ラインダンスをしてるバニーガールの足の動きで玉に変化をつけたり、仕組みがよく考えられていたんだけど、時々玉が役物(足)に引っかかっちゃうの。

 すかさず、店員を呼んで大当たりにしてもらう…っていうのが、まぁ美味しい台でしたね。逆に考えると店にとってはマイナス→撤去が早かったということなんだけど…。

 ところでさぁ、冷静に考えると…おジョーズランドもバニーギャルズも、もう20年くらい前の機種ってことかい!? はぁーっ、はぁーっ、い、息が…く、苦しい…っ!

アタシ、本物の記者です!

 前回(7月30日分)の続きです(やっとかよ…)。

 豊丸のプレス発表が終了したのが、午後2時半前。京楽でゲストのステージ2回目が開始するのは3時なので、余裕で間に合う計算だ。タクシーで赤プリに向かいながら、しかし、フト心配なことが頭をよぎった。

 今日のゲストは主役の韓流スター&主題歌の歌手とのこと。以前、冬ソナ発表会でパクさんが来た時も、どこからか入り込んだ相当数の「関係者以外とおぼしきオバさま」の集団が「ヨンハァァーーーッ!」などと絶叫したり大変な状況になっていたけど…。まさか、今日もすごいことになっていやしないだろうな…。

 いや、さすがにそんな状況は京楽も見越して、ちゃんと仕切ってるわよね…。

 ざわめく気持ちをぬぐいきれず、会場に到着。巨大会場内では、実機の音はもちろん「天国の階段」テーマソングなどが大音量でかかって、すごい異空間と化している。とりあえず、前方ステージに向かうと…前方は予想以上のオバさま軍団でビッッッシリだった!

 ひぃぃっ、いったい、どういう関係者なのかしら? と、恐る恐る彼女たちの下げているカードを見ると…「VIP」「GUEST」そして…「PRESS」って!! ええーーっ、ちょ、ちょっと待って。前者はまぁ、ホール関係者の親族とかかもしれないけど、プレスって…見たことない人ばっかりじゃないの!?

 あ、いえ、よく考えたら韓国系メディアとか女性誌とかかもしれないわよね。それに、前方には丸テーブルがあって、ぎっしりと定員オーバー気味にオバさまが座っているけれど、テーブルの間からならしゃがんで撮影できそうだわ。と、一緒に取材する女性記者の友人とともに、鋭い視線の中(ちょっとでも前に行こうとすると…感じるんですよ・笑)しゃがんで撮影のスタンバイをするアタシ。

 ところがしばらくしたら、代理店関係者がやって来て「テーブルの間は人が通りますので、空けて下さい!」とのこと。まぁ、2回目のステージはプレスエリアがないので、邪魔にならないよう後ろへ下がり、通路を空けておいた。

 しかし。通路を空けておいたのに妙にしつこいチェックが入り、加えてステージが始まろうかという時に、アタシたちがいたのと同じ前方の通路で業界プレスの男性カメラマンがしゃがんだのに、その人には一切何も注意しないじゃないの!? なんか、変じゃない?

 …はっ、ま、まさか、アタシたち「にせ記者」と思われてるんじゃあ…!! そうよ、潜り込んだ韓流オバさまと思われてるにちがいないわっ!!

 友人と気づいた時には遅く、ステージが始まってしまった! さらに、ステージは来場者に見せるためのもののはずなのに、代理店のはからいで(笑)通路を何度も何度も3人くらいのコンパニオンが歩き回るという不可解な“演出”があり、視界も撮影も邪魔されまくり。前方の男カメラマンは、悠々と撮影してるのに…。何、これ?

 もちろん、プレス向けステージに来られなかったのも悪いと言えば悪いので我慢していたけど…。いや、正確には男カメラマンとの対応の違いがなければ、こんなことも書かなかったけど…。もしかして、仕切りの代理店が代わったのかしら? なんか、京楽にしては…?? という、引っかかり感だけが残った発表会だった。

 ちなみに、これが「確変モード」中↓

0908041.jpg

「通常モード」に戻ると…↓

0908042.jpg

 こういう感じです(笑)。これが、よくある普通の発表会の風景です。

 不思議だったのは、席がほぼ占領されて、ステージが見たい本物のホール関係者とかが文句言ったりしなかったのかな? ってこと。このステージって、いわばホール関係者向けのサービスってことでしょ? と、思ったんだが…「男だからあんまり興味ないのかもよ?」と、友達に言われてちょっと納得。まぁ、ナゾはナゾだけど。

いや~、それにしても、もっと図々しく行くべきだったのだろうか…? アタシ、本物の記者です! って…。

“pabo”の真相

090801.jpg

 7月30日は、港区界隈で発表会のはしご。というか、豊丸と京楽のプレス発表会が完全にカブってしまったものの、京楽はゲストのステージが複数回あるので、最初にリリースが来た豊丸(六本木)→京楽(赤坂)の順で移動することに。

 豊丸は『CR大駒駒倶楽部@スザンヌ』と、遊技機のリユースシステム「まるゆう」の発表を行うということで、ゲストにはスザンヌも来るという。それもあってか、TVカメラの数もけっこう多くてビックリ。確か、美沙子の時あたりはTVはほとんどいなかったけど…今回たまたま声をかけたのだろうか?

 発表会では、久しぶりに社長の姿も拝見できた。事前にブログで「話すことが沢山あって、考え中」みたいなことを書かれていたので楽しみにしていたところ、けっこうブログとかぶってること(スザンヌの地元の九州で好評、みたいなことなど)もあった一方、珍しく次機種『餃子の王将』の具体名なんかも公表したりしていて、ビックリした。

 ちなみに会場は、前後に短くて横に長いというちょっと“変形版”だったんだが、それだけにTVカメラクルーが通常の発表会よりもかなり近いところにいて、彼らはぶっちゃけゲストだけ撮りに来たのだろうが、社長が話している時無駄話をしてて本当にうるさくて、それにも驚いた。すげー失礼だよね。さすが、TV関係者であります(笑)。

 気になってた「まるゆう」は、ニューギンの「ecoパチ」と同じく部品のリユースによってシリーズ機を安価で発売するというもの。一見打ち手に直接関係ないようだけど、ホールの負担が減る→出玉(還元)につながる…と期待できるならば、あながち無関係でもないので、どんどん広がるといいと思う。

 で、スザンヌが登場。アタシは詳しくないけどけっこう「おバカタレント」で有名で「pabo(おばかさん、という意味らしい)」というグループで歌を歌っているらしく、天然ぶりを期待していたんだが…。トークショーでは「撮影は1年半くらい前だったので、画面を見ると懐かしい。チアガールの格好ができて、嬉しかった。色々な私や、新しいゲーム性を楽しんでほしい」みたいな、けっこう普通のことをしゃべって、すぐに引っ込んでしまった。

 それに比べTVのカコミ取材時間はかなり長くて、会場がそんなに広くなかったので後ろの方でも声が良く聞こえて、

「(タイプの男性の話をしてる時)パチンコを打つ男性はどうですか?」
「(すごく嫌そうに)…ちょっと…(周囲が大笑い)。あ、いえ、そんなにのめり込んだりしなくて、ほどほどに楽しんでくれればいいです」

「将棋は好きですか? これ(歩を指差し)、何て読むか分かります?」
「ほ!!(指を立てながら。またまた周囲が大笑い)」

 などと、徐々にボケぶりがあらわになって行き、けっこう面白かった。終わりの方は将棋と麻雀を間違えるなどグダグダで、メーカーさんに怒られちゃう! てな感じで逃げるように終了していた(笑)。
 
 そんなこんなで豊丸が終了し、さっそうとタクシーを拾ったアタシは京楽の会場へ向かった。どんな“事件”が待っているかなど、知るよしもなく…。(つづく)
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク