新たなる聖地

1703301.jpg

 この間の日曜日のことなんだけど、新規で開館した「吉村昭記念文学館」へ行って来た。

 この施設は荒川区が建設した「ゆいの森あらかわ」という図書館などが一体化した建物の中にあり、日暮里出身の吉村さんの功績や作品の素晴らしさを広く知ってもらうために設置されたもの。最初、吉村さんの生前に話を持って行ったそうだが、「個人のために公的なお金を使ってほしくない」と固辞されたそう。しかし熱心な荒川区に対し、図書館や児童館などとの複合施設なら…ということで、開館が決まったという。こういうのはえてして美談としてこしらえられたりするけれど、絶対そんなことはなく吉村さんらしいエピソードだなぁと思った。

 文学館の入り口には、上の写真の通り吉村さんの著書の表紙がずらーっと並び、生い立ちに沿って貴重な資料を見たりすることができる(入場無料)。わしは何度か書いている通り吉村さんは高校生の頃「ポーツマスの旗」という小説を読んで以来、一番好きな作家ということもあって、2周ぐらいじーっくりと読み込んでしまったわ。

1703302.jpg

 文学館の目玉? の一つが、この「書斎復元コーナー」。ここだけは撮影OKなので、沢山の人が写真に収めていた。奥様である作家の津村節子さんの協力によりそっくりそのまま蔵書なども持って来ているとのことで、一体どんな本を読んでいたのだろうかと興味津々。ここもじーっくり見てしまった。

1703303.jpg

 書斎についてもこうして丁寧な説明があったり、他にも映像化された作品の上映会や出演番組の視聴コーナーなど盛り沢山。まさか、吉村さんのこんなディープなエリアができるとは。ファンとしては本当に嬉しい。図書館エリアには、吉村さんの作品が多分ほとんど全部揃ったコーナーもあるので、通って全集など改めて読破したいところ。

 あと、建物入り口付近にグッズ販売コーナーもあり、吉村さんの「ポストカードセット(300円)」と「ボールペン(200円)」があったので購入。今後は子供たちの課外学習などのコースにも予定されているそうなので、もっともっと若い世代にも吉村作品が読まれるといいなと思う。ちょっと場所的に不便(都電の荒川2丁目駅が一番近い)なのですが、皆さんもぜひ行ってみて下さい。

さらば○○○と言おう

170321.jpg

◎CASE1:さらば【パンチ】と言おう

 思えば、2ヶ月ほどの短い付き合いでした。

 先週頭、いつも打っていたフルパンが全て撤去されました。もしかして、1台くらいは残るかな? とか、1パチに移動したりするかも…? などという甘くて淡い期待は見事に打ち砕かれ、完膚なきまでに「なかったこと」にされてしまっていました(ついでに書くと、おそ松も導入ナシだった)。

 ひどい、ひど過ぎるよ…! 店長に抗議すべきだろうか、などと一瞬思ったものの、まぁ稼動がほぼなし&わしが撤去数日前に8連チャンかましてしまったので(本当に、薄〜〜〜いところをよく引いたもんだ、ビックリした!)、赤字の台など置いておく理由がないのでしょう。…って、わしがダメ押しだったのかよ(おい!)!?

 と、気を取り直して、やっぱいきなりサヨナラのダメージは大きくて、他の店にも打ちに行きましたよ。でもねぇ…回らないんだわこれが。いくら好きでも20回いかない台なんか長く打てるワケもなく。

 この分ではもう今後出て来る甘いタイプのフルパンなど近所には入らないだろうね…。悲しいが、こうなったら大一には『ニュービッグ7』『マジック7』などのリメイクで巻き返してもらいたいものです!?

◎CASE2:さらば【MAC】と言おう

 わしは95年頃に初めてパソコンを買って以来、ほとんどMACしか使ったことがないの。

 ところが、ここ2〜3モデルのノートで呆れたことがあって。電源アダプター、コレがデザインばっかですぐにダメになってしまい、買い替え用のは1万円近くするのにビックリ。MACのストアで一応チェックしてみたら、レビュー欄には同じような目に遭った人達の苦情の書き込みがズラーーッと並んでいて、ああやっぱりコレってダメなんだと思って。

 そういった苦情の声はだいぶ前から届いているハズなのに、数年間はガン無視で同じ物を出し続けている、その放漫さに呆れているのです。しかも新しいノートには必要の無い小さな液晶のトラック? みたいのがくっついているため、消費電力がアホみたいに高いらしく、バッテリーが全然持たないとか。そんなもん買えないよ…。他にも、円盤形のディスクが使えるモデルが廃止されたり、ちょこちょこと改悪があるし。

 何というか、もう使い手のニーズとかからは完全に遥か遠くの理想郷(笑)みたいなところで説法をしている、そんな企業になってしまったのか…。遂に、わしのような人間までもMAC離れを覚悟せねばならない時が来たのか。

 というワケで、次のマシンはWinから選ぼうと思っているのです。全然分からないから不安だけど、考えたらスマホもiPhoneじゃなくてandroidで何のかんのやってるから、けっこう慣れれば大丈夫かもしれないしね。わし一人買わなくなっても屁でもないだろうが、アッポーには少しでも考え直すようになってほしい、マジで。

忘れないもの、変わるもの

1703121.jpg

 一日遅れてしまったけれど、昨日は東日本大震災からちょうど6年。

 都内では、上の写真のような広告が話題となっていて、これは銀座のSONYビルなんだけど、縦長の文字が書いてある中央部分にある赤い線。6年前に東北を襲った津波と同じ高さなんだそう。

 実際に近くに行くと、本当にビックリするほど高い。ぞっとするような思いで見てたら、他の人達もみんな同じように見上げたり写真を撮ったりしていた。

 こんな風に、何らかの形であの災害を忘れないようにする。すごく大事なことだと思った。年月が経ってしまうことは仕方ないけど、毎年ささやかな寄附をして、黙祷を捧げることはずっと続けていきたい。


1703122.jpg

 ちなみにこのSONYビルも、今月一杯で50年の歴史に幕を閉じてしまうという。中では「It's a Sony展」という来場者参加型のイベントをやっていて、老若男女が楽しめるようになっていた。

 他にも、テナントの書店では在庫? と思われるデザインに凝ったフリーペーパーを沢山置いていて、中には1万円ぐらいする貴重なものもあるけれど、無料で持って行っていいものも多数あり、つい紙袋いっぱいもらってしまった。

1703123.jpg

 SONYの歴代家電を模したストラップが当るガチャガチャコーナーも大人気で、挑戦してみたところ…古いポータブルテレビが当った! こういうの、20代前半くらいまで使ってた(笑)から、すごく懐かしい! 他にもSONYビル型やプレステ型のなども欲しかったが、1回500円だし「一人一回まで」との注意書きもあったので断念。

 銀座は松坂屋ももうないし、ここもあとわずかでSONY PARKというエリア(新ビルは5年後くらいに建つらしい)に姿を変える。こういう時、いつも諸行無常を感じてしまうけれど、変わるからこそいいことも沢山あるしね。とにかく、新しいエリアも楽しみにしていよう。

真夜中のトランジスタラジオ

 今から、40年ほど前の話です。

 何がきっかけだったのか記憶にないけれど、中学生の頃から深夜ラジオにハマっていった。中学は私立の女子校に進学し、それまで全く周囲にいなかった「洋楽好き」の友人が沢山出来た影響もあって、「全米TOP40」とかFENの番組とかを聴いたり、「オールナイトニッポン」などにも食指を伸ばしたり。

 当時は2段ベッドの上を使っていて、枕元に赤く小さなトランジスタラジオを忍ばせ、下で寝ている妹を起こさないよう小さな音でこっそりと深夜ラジオを聴くのが楽しみだった。

 その頃よく流れていた「我が良き友よ」っていう曲が割と気に入っていて、歌詞を聴きながら「学ランに下駄、手ぬぐいを腰からぶら下げている」という、当時としてもアナクロな人物は、一体どういう風体なのだろう…? そんなことを考えたりしているうちに、うっつらうっつら、眠りについてしまい。

 翌朝、乾電池が切れて何も聴こえなくなったラジオを見て、ガッカリそして悲しい気持になったものだった。当時は今みたいに100円で気軽に乾電池が買えるわけではないし高いし、落胆の度合いも大きかったのだ。しかし次の日には新しい電池に入替えて、またこっそりとラジオを寝床で聴きつつ「今日はスイッチを切ってから寝るぞ、寝るぞ」と誓うんだけど…。

 今日かまやつひろしの訃報を聞いて、そんな昔のことをふと思い出してしまったので、書いておいた次第。合掌。

2017212の備忘録

170212.jpg

 今日、また誕生日を迎えまして。

 ここ数年、年の数に合わせた語呂合わせでタイトルを考えてたんだけど、どーしても今年の53は「ゴミ」しか思い浮かばず、それではあまりにもマイセルフが不憫過ぎるじゃろ…というワケで、今回からその年齢になった時点で凝ってるモノを備忘録的に書き留めておくことにしました。ぶっちゃけ自分以外ほとんど役に立たないので、ここから先は暇だったり興味がある人だけ読んで下さい(笑)。

 まず、パチンコで最近凝ってるというかときめいているモノといえば…。写真のような「入賞口からチラッと見える配線(コード)をチェックすること」。いや〜、いきなりディープな話題になってしまいましたが、この見え具合が可愛いと思いませんか? もちろん裏を開ければコードがごっちゃり見えるんだけど、それでは大味というか趣がなくて、このチラリがいいのですよ。

 あとは気付くとめっちゃ溜まっている余り玉景品を色々チェックしたり、昨日書いた昔のホールの写真を改めて見直して整理したり、マニアックな方向は相変わらずな今日この頃。

 よく打っている機種は『トキオプレミアム』『F.クィーンDX』『F.パワフルDX』『エキサイトジャック』『フルーツパンチ』『餃子の王将3(3000のやつ)』。1円をよく打ってた去年は収支が全然ダメだったけど、4円に戻してからは甘メインだから数千円単位でも浮くように心がけて、何とか勝ち越している感じ。

 それから、最近好きだったり良く見てるTV番組は…「酒場放浪記」「マニア★まにある」「ROCK TV」「人生が変わる人事の話」「久米書店」「笑う洋楽展」といった、BS系が多いかな。地上波だと「男子ごはん」「相棒」「じゅん散歩」「ぼくらの時代」「はくがぁる」、あとニュースや語学系番組。スポーツはテニスとプロ野球が好き。

 最後にこの一年の抱負的なものは…う〜ん、あ、もう本当にいい年だから体のメンテにもっと気を配ること、ですかね。そして自分にできることを一生懸命頑張る。そんな一年にしたいですね。

明けた、目覚めた2017

 2017年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 司会から進行から演出から何もかもが史上最低クラスと言われる(笑)紅白をチラチラ見つつ、家族ですき焼き囲んでシメうどんを食べてグダグダとしているうちに年が変わって…。でも、とにもかくにも大過なく新たな年を迎えることができて何よりでした。

 まぁ例年通り年始の目標みたいなものは特に決めなくてもいいかな〜? とは思っているものの、ちょっといつもと違うのは…昨年遂に「カジノ法案」が国会で可決され、何やら「パチンコはもう終わりだ」とか「パチンコ依存症をまず何とかしろ」みたいな火の粉が、我らが遊技業界にバンバン飛んで来てしまっている、というところ。

 個人的にはカジノが解禁されるということで、日本独自のパチンコというものの特殊性や面白さが注目されたらいいなと思っていたのですが、やぶ蛇的にダークな部分ばかりがクローズアップされることになってしまい…。どうやら、世間の風当たりは思った以上に大きかったということでしょうか。

 昨年末には業界団体で「遊技機の多様性のさらなる推進と、出玉規制」といったことが話し合われたと報じられており、それって昔の種別が復活するような感覚で期待してもいいのかしらん? とか、羽根モノタイプも存続できる期待が高まるってことよね(※メーカー関係者によれば、羽根は下アタッカータイプなら当面大丈夫とのこと)? など、むしろ「遊び」の部分で期待できるのではと考えているので、あとはそういう流れをいかに業界内外にアピールしていけるかが、悪いイメージ払拭のカギになるんじゃないかと思います。

 そんな状況下ですので、今年は特にメディアの端くれにいる自分の役割として、微力(陳腐)ながらより一層「パチンコのイメージ向上」に尽力することが大事なのかなーとは考えていますね。

 自分に何ができるのか? 何をしなくちゃいけないのか? 考えながら、形にしながら進んでいく…そんな2017年にしていきたいですね。

うわぁ大晦日

 あっちゅう間でした、今年も。

 2016年、一番打った台はやっぱり『トキオプレミアム』でしたかね。今年はよく行く店で、羽根モノや次くらいによく打ってた『パトラッシュJ RED』が1円に移ったこともあって、これまでになく1パチを打ったんだけど、結論は…「1円羽根は勝てない!」。金商品の最低単位が1000円だから、1000発前後だと交換しづらいし、なーんか中途半端に辞められなくなって結局ずるずるなくなってしまう、みたいなことばかりで。

 もちろん負け額は低いんだけど、マイナス2000円3000円だってチリツモでどんどん増えていってしまい、たまに勝っても…。とにかく、もう1円羽根は「趣味」「時間つぶし」の世界だというのが結論ですね…(もちろん沢山台があれば選んで勝ちにいくんだが、1〜2台とかだから釘云々ではなく思い入れの世界になっちゃってるのよね…)。

 それから、今年パチ以外では少し前にも書いたけど学生時代などによく聴いてた洋楽のスター達が、次々亡くなってしまったのが大きなショックでしたね…。自分も年取ってるし当り前なんだけど、それでも「早過ぎるよ!」っていう人達ばかりで本当にもったいない。

 一方仕事では、羽根モノ誕生35年という節目にあたり、『ゼロタイガー』開発者の方などを取材できたのが大きな喜びでした。来年はもっと人脈とか仕事を広げていきたいですね。

 さあ、そろそろ2016年にさようなら。

 そして2017年に、そろそろこんにちは。

 今年もお世話になりました。来年もここはマイペースで更新していきますので、よろしくお願いします。

 良いお年をお迎え下さい。

クリパのパリピ

161225.jpg

 いや〜、あっちゅう間に今年もあと少しですね。

 この年末は、どっちかつーと人付き合いの悪いわしにしてはけっこうな回数の忘年会とかパーリー(笑)に参加して、充実していた方だったと思う。

 もう、ずーっとお会いしてみたかった方を紹介して頂いたり、20年ぶりぐらいに昔の仲間と旧交を深めたり、楽しくエキサイティングな体験も多くてね。

 そして、面白そうなんだけど責任重大!? な仕事の話も持ち上がってきたりして、来年はさらにエキサイトしそうな予感。ここでも近い将来、何かご連絡できるかもしれません…?

 それにしても、やっぱり信頼できる仲間や友人がいるのは良いことだと思う。わしは派手に手広くっていうのが苦手で、「狭く深く」っていう付き合い方をしてる人が多いんだけど、それだけにちょっとした思いやりが身に染みたりするんよね。年寄り臭くなって来たのかもしれないが(笑)。

 さぁ、まだまだ年内やることが沢山! ズザザザズババーン! と勢いよく来年に突入するぞ〜(何の擬音よ)!

わしらの飯田橋体育専門学校

 ちょっと目を離しているうち、大変なことになっていた!

 わし、30年チョイ前ぐらいまで飯田橋体育専門学校(別名:法政大学←おい)っつーところに通っていたんだが、先日同じサークルだった連中と20年ぶりぐらいに忘年会で会い、ついでに学校も見ていくか〜なんて感じで入ってみたら…!!!

161223.jpg

 正門から見えていた55年館だっけ、独特な形の校舎が半分以上なくなっている!! この日はもう暗くて写真はダメだったのだが、とりあえず2013年に正門のところから撮ったやつが上の写真。こっちはこっちで葉っぱが邪魔でよく見えないんだけど(笑)、とにかく中央の大きな校舎が、もうほとんどないのよ。

1612231.jpg

 ここはかろうじて残っていたピロティの掲示板コーナーなんだけど、ああ何とか昔のままのここは間に合った。ネットとかない時代だからわざわざここまで来て休講とか知って、そのままパチンコ屋へ…などということがあったものだわ。

1612232.jpg

 あと、一階のこのエレベーターの雰囲気!! 何とか…何とか、当時の面影があった! この脇にトイレがあって、向かいの階段を下りると貧乏臭い学食があり、中央にある巨大なやかんで汲んだお茶を手に、バネで動かす椅子に座りながらランチセットなどを食べたものだったよ…。

 しっかし、なんでこの歴史的な価値があるであろう校舎まで壊すかなーー!? 昔だったら、反対する学生がバリケード作ったり大騒ぎになっていたであろうが、今じゃとにかくオシャレめいてりゃいいっつー価値観だもんね。

 そんな感じでしばらくウロウロとタイムスリップした後、飯田橋(神楽坂)の方へ歩いて行くと、さらなるショックが待ち受けていた。

 法政側のJR飯田橋改札が、なくなっていた!

 残念ながらもう真っ暗だったので写真は撮ってないのだけれど、どうやら歪曲したホームをまっすぐに直すとかで、入り口が大移動するとのこと。あ〜、夏ぐらいにはあったのに。本当に、諸行無常というかあっけないものだよ。

 この日は、仲間達と本当に懐かしくキュンとするような話で盛り上がってしまったんだけど、ああ、もう法政も全く違う校舎になっちゃうんだなぁ…。もし法政出身の同世代の方がいたら、完全に掲示板とか無くなる前、早めにちょっくら覗いておくことをオススメします。わしも近いうちにもう一回行っておこう。

ちょっとHな呟きッ娘事件

161220.jpg

 突然ですが、わし、今日からTwitterを始めたのですよ。といっても、個人のではなく「パチンコ必勝ガイド」で担当してる「パチンコなんでもチェキラッチョ!」っていうコーナーでアカウントを作ることになって、いわば仕事でやってるんだけど(発表会やイベントの様子をアップするのがメインで、当然ここみたいなクダラないことやアブないことは書けない・笑)。

 んで、上の写真(スクショ)が一番最初に呟いたものなんですが、アカウント自体は数日前に編集部で取ってもらい、さて今日になって西陣のプレス説明会会場から更新するかぁ〜! とばかり、まっさらの自分のところを見たら…

 1 フォロワー

 ってなってるじゃないの!? ちょ、ちょっと、まだプロフも書いてないし誰にもどこにも告知してないのに、一体何? 誰? 編集部がもうフォローしてくれたの?

 と、いぶかしげに数字をタップしてみると、そこにはフォロー相手の

 明菜

 という名前が…。あ、明菜ってまさかあの明菜? いやいや、そんなワケあるまい、とにかく何者なのか確認しないと…。

 そう思い名前をタップしたら、確かこんなプロフが目に飛び込んで来た。

 Hしたい!興味津々の明菜です。

 …これって、業者ってやつ?

 そうよね、アカウント作ったところを手当たり次第フォローするような業者に違いない! そう気付いたものの、どうしていいか分からないので近くにいたガイドの原口隊員(懐かしいでしょ・笑)に対処法を聞いたら、「ブロック」という方法を教えてくれて無事解決。なるほどなるほど。

 そんな感じでフォロー一号は思いもよらぬ相手だったという(笑)苦いTwitterデビューになりましたが、今後何かイベント取材中など随時呟く予定ですので、よかったらのぞいてみてください。@cheki_guideというアカウントです。
プロフィール

神保美佳

Author:神保美佳
「Pachinko MANIAC WORLD」の日記コーナーです。
コメントやトラックバックは受け付けておりませんので、ご了承下さい。
メールは、下のフォームをお使い下さい。

最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク